石川県でよく飲まれるお茶の茎を使った棒ほうじ茶。「加賀棒ほうじ茶」としてペットボトルにもなり、一躍メジャーなお茶になりました。その加賀棒ほうじ茶を水出しにして楽しむ茶葉「水出し 一番焙煎 加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)」が誕生しました。

中田英寿さんが語る「水出し 一番焙煎 加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)」の狙い。

「水出し 一番焙煎 加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)」は、〈ポッカサッポロフード&ビバレッジ〉(以下、ポッカサッポロ)監修のもと、中田英寿さんがプロデューサーを務める〈にほんもの/NIHONMONO〉(以下、にほんもの)、そして石川県にある〈油谷製茶〉の3者によって開発されました。

発売日の9月8日には、石川と東京をオンラインで繋ぎ、石川県の谷本正憲知事を交えてお披露目会が開かれました。

「水出し 一番焙煎 加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)」は、香りが豊かで味わい深い加賀棒ほうじ茶を水出しで淹れるのに適した茶葉です。15グラムの茶葉に対して、750ミリリットルの水を注いで、冷蔵庫で8時間ほどおくと香り高い加賀棒ほうじ茶が楽しめるというものです。

お茶は温かいもの、お湯を沸かして淹れるものというイメージが強い一方で、食事に合わせるのは季節を問わず冷たい飲み物が主流。 そんな生活のワンシーンを想像し、食事中以外にも、いろいろなシチュエーションで手軽に楽しめるお茶を作りたい。そんな想いからお湯を沸騰させる手間を省き、低い温度でもしっかりと抽出できる”水出し“にこだわった茎茶が開発されました。

中田英寿さん。

中田さんが開発において目指したのは、香りが華やかで、甘みはすっと消えていくような、いつ飲んでもおいしいお茶。「ただおいしいだけでなく、また飲みたいと手が伸びるような後味に仕上げることがすごく難しかったです」と30の試作品を試飲するなど、開発に並々ならぬこだわりがあった様子。「(試飲を重ねる中で)細かいオーダーにも対応いただき、抽出時間も含めて、たくさんのパターンを試して、これだ、と思う非常にいいものができたと思います」と中田さん。

左上から時計回りに、中田英寿さん、石川県の谷本正憲知事、油谷製茶の油谷祐仙さん、ポッカサッポロの三枝裕昭さん。

中田さんの熱意に応えた茶葉を作ったのは、石川県で大正7年からお茶の魅力を伝えてきた〈油谷製茶〉の油谷祐仙さん。「水出しに特化した商品は新たなチャレンジでしたが、試行錯誤を繰り返した結果、究極の加賀棒ほうじ茶をつくることができました」とコロナ禍で直接顔を合わせられる機会が少ない中で、努力が実った喜びを語りました。

〈ポッカサッポロ〉の三枝裕昭さんは「中田さんの考える“にほん”の“ほんもの“を伝える〈にほんもの〉プロジェクトと弊社のその土地の良いものを広める『TOCHIとCRAFT』の思いが一致したことによって開発に至りました。『加賀棒ほうじ茶』の魅力が全国、そして世界にも広がるように尽力をしていきたい」とコメント。

石川県の谷本知事は「石川県の特色である食材の豊富さを全国にアピールできる素晴らしい機会」と加賀棒ほうじ茶の新たな楽しみ方と茶葉の誕生を歓迎している様子でした。

茶葉に水を注ぎ時間を置くだけでおいしくなる、どんなシーンにも合うお茶。

「水出し 一番焙煎 加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)」は香りが魅力のひとつ。封を開けた瞬間、茶葉に水を注いただとき、もちろんお茶をグラスに注いだときにもほうじ茶の香ばしい香りをふわっと感じます。飲んでみると後味がかすかに甘く、さっぱり。中田さんがこだわったというキレが感じられます。

冷たく淹れたお茶は、たっぷり飲むのにもぴったり。和食だけでなく、洋食や中華にも合わせて欲しいとのこと。時間は少しかかるものの、急須に茶葉と沸かしたお湯を入れるよりも、一度にたくさん入れられて、何杯も楽しめるのも魅力です。

「クラフトベース加賀棒ほうじ茶」と「クラフトベース熊本玉露入りお茶」も新登場。

「クラフトベース熊本玉露入りお茶500mlPETボトル」と「クラフトベース加賀棒ほうじ茶500mlPETボトル」各300円。

「水出し 一番焙煎 加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)」を監修した〈ポッカサッポロ〉は、もともと『TOCHIとCRAFT』というシリーズで加賀棒ほうじ茶のペットボトルを販売してきました。『TOCHIとCRAFT』は素材、生産者、製法と文化という4つのポイントを大切にして飲み物を作っているブランドです。

その『TOCHIとCRAFT』から、4倍に薄めて飲む希釈飲料タイプの「クラフトベース加賀棒ほうじ茶500mlPETボトル」「クラフトベース熊本玉露入りお茶500mlPETボトル」が9月13日(月)から発売されます。

「クラフトベース」は、お湯や牛乳、アルコールまで、好きな飲み物と合わせると本格的なアレンジメニューを簡単に楽しめるというもの。「クラフトベース加賀棒ほうじ茶」は、原料の茶葉に、国産茎茶100%と、こだわりの碾茶(てんちゃ)の茎茶を一部使用。こちらも〈油谷製茶〉による金沢の伝統的な手法で焙煎加工して、上質な香ばしさとコクを引き出しています。

「クラフトベース熊本玉露入りお茶」は、熊本県菊池市などで生産をされている、品質の良い熊本県産玉露を使っています。玉露が持つ香りが楽しめるように、煎茶とのバランスと、茶葉の火入れにこだわり、玉露の青々しい香りを引き出しています。

「クラフトベース加賀棒ほうじ茶」は倍量の豆乳と合わせて、ほうじ茶ソイラテにしてみましたが、カフェで飲んだような本格的な味わいに。「クラフトベース熊本玉露入りお茶」は水を3倍量入れてみました。すっきりとした緑茶の味わいが楽しめます。もちろん、お酒と合わせてもOK。

家にいる時間が増えて、いろいろな飲み物を自宅で楽しむ機会が増えました。この機会に産地や作っている人、作り方、それに伴った文化などにも少し関心を持ちながら、味わいやシチュエーションもバラエティ豊かにお茶を楽しんでみてはいかがでしょうか?

「水出し 一番焙煎 加賀棒ほうじ茶(にほんものエディション)」概要

内容量:45グラム

希望小売価格:1,080円