「ミシュランガイド東京2020」で一ツ星を獲得した代々木上原のレストラン〈sio(シオ)〉が、表参道に新店舗〈Hotel’s〉を 2021 年 10 月 1 日にオープン。 “架空のホテルのレストラン”がコンセプトのレストランでは、モーニング・ランチ・ディナーといつ訪れても異なるスペシャリテが楽しめます。飲食界の新たなスタンダードとなる〈Hotel’s〉で、それぞれの時間帯に提供されるスぺシャリテを試食レポートします。

異なるスペシャリテで『朝・昼・夜の全力3部営業』!!ありそうでなかったレストランの誕生。

ホテルはどの時間帯でも食事を楽しめるのが魅力。〈Hotel’s〉は、そんなホテルのレストランのように、モーニング・ランチ・ディナーと訪れるタイミングで異なるスペシャリテが楽しめるレストランです。
店内のBGMは大沢伸一氏(MONDO GROSSO)が選曲。時間帯で異なる音楽が流れます。
ホテルレストランのような心地よい音楽とインテリアの中で、どんなご馳走が食べられるのでしょうか?

美しい姿勢のまま、胃を圧迫せずに料理を楽しめるが〈マルニ木工〉の家具。
インディゴブルーのタイルを起用したインテリアやスタッフのユニフォームに統一感があってオシャレ。
Hotel’sのメンバーが工場に足を運んで選んだ〈マルニ木工〉の家具。
戸棚の中には、、陶芸家の鈴木麻起子氏が手掛ける〈La Maison de Vent(ラ メゾン デ ヴォン)〉がズラリと並ぶ。
個室の家具も座り心地がよさそう。

最初の一皿目は「おしぼり」!?鳥羽シェフのこだわりが詰まったおもてなし。

〈Hotel’s〉の最初の一皿は、なんと「おしぼり」。おしぼりに使用されているタオルは〈IKEUCHI ORGANIC〉を使用。とふかふかとしたソフトな優しい肌触りで、拭いたあとの手がツルツルになります。そしてカトラリーにもこだわっており、握ると吸いつくような手触りが心地よくて驚きます。
そして、お料理を乗せている美しい陶器は、陶芸家の鈴木麻起子氏が手掛ける〈La Maison de Vent(ラ メゾン デ ヴォン)〉のもの。お店のイメージに合うターコイズブルーを中心とした食器を特注で揃えています。

まずは、全時間帯共通メニューの「ホテルズサラダ」。20種の食材を使用しており、ひと口ひと口違う味わいが楽しめます。
「あ、イチジクだ!」、「あっ!キウイも入ってる!」など、まるで宝探しのように夢中で掬い上げ、気が付くとペロッと食べ終わってしまいました。

ソースの甘みと酸味が絶妙な「スフレオムレツ」。
「アボカドのスモーブロー」は、クラフトコーラと一緒に味わう。
柔らかいアボカドとヨーグルトのソースがマッチした「アボカドのスモーブロー」。
sioのメニューでも大人気の「スフレオムレツ」。わざわざ食べに来たくなる一皿。
野菜をはじめ、フルーツやナッツ、スーパーフードなど20種類の食材が味わええるサラダ。
サラダは朝・昼・晩共通のメニュー。
「ホテルズサラダ」はテイクアウトもできる。

【朝のメニュー】
・モーニングショートコース 4,000円
にんじんのポタージュ / ホテルズサラダ ハーフ / スフレオムレツ / アボカドのスモーブロー
・サラダとスモーブローのセット 3,000円
にんじんのポタージュ / ホテルズサラダ ハーフ / アボカドのスモーブロー
・シンプルなサラダセット 2,500円
にんじんのポタージュ / ホテルズサラダ / バゲット
※ホテルズサラダにローストチキンを足すと+ 800円(サラダハーフの場合は+ 500円)

粗切りのパテと自家製のマヨネーズをふわふわのバンズサンドした贅沢な「ホテルズハンバーガー」。

ランチのスぺシャリテは、「ハンバーガー」。
鳥羽シェフといえば、異色な職歴で知られていますが、ハンバーガーショップでも修行されていたことがあり、ハンバーガー作りの達人でもあるというから驚き!

そんな鳥羽シェフがスぺシャリテとして考案したのが、粗切りした牛肉のパテをふわふわのバンズでサンドしたシンプルな「ハンバーガー」。お肉がゴロゴロしたパテに自家製のマヨネーズがおいしさの秘訣!
添え付けのポテトには、「ホップ塩」をまぶしています。サクサクッとした食感とちょっぴりビターな味わいがあとを引きます。

マスタードシードやミルキーなチーズがハンバーガーを更にスペシャルな味わいにしてくれる。

【昼のメニュー】
・ランチショートコース 7,000円
にんじんのポタージュ / ホテルズサラダ ハーフ / スフレオムレツ / パスタ / 薪火焼きステーキ
・ハンバーガーセット 4,000円
にんじんのポタージュ / ホテルズサラダ ハーフ / ホテルズハンバーガー
・シンプルなサラダセット 2,500円
にんじんのポタージュ / ホテルズサラダ / バゲット

【Lunch Option】
・薪火焼きステーキのお肉変更
・黒毛和牛サーロイン + 7,000円
・北海道 いけだ牛フィレ + 9,000円

薪で焼いた肉料理が味わえる「ディナー」。

「ディナースペシャリテ」は薪火で焼いたお肉料理がメインのコースが楽しめます。
窯から覗く揺れる火を眺め、パチパチと薪が爆ぜる音を聞いていると、本物のホテルのレストランで過ごしているようなラグジュアリーな気分に。

取材時は「ラムチョップ」が提供されました。

【夜のメニュー】
ディナーコース(9品)13,000円。
1.アボカドのスモーブロー
2.牡蠣とサワークリーム ライムのグラニテ
3.鳩と雑穀米
4.ムール貝とカボチャのラビオリ
5.鰆と蕪のピュレ
6.薪火焼きステーキ
7.ホテルズサラダ
8.神戸牛のスライダー
9.デザート

薪で焼かれたラム肉は、表面がパリパリ! ジューシーで柔らかなお肉と脂身の甘みがたまりません!
またまた、こちらもハンバーガー!? いいえ、こちらはディナータイムで提供されているミニサイズの「スライダー」。じっくりソテーされた玉ねぎと粗切りのパテをサンドしています。
こっくりとした玉ねぎの甘さとジューシーな肉汁があいまって、ハンバーガーとはひと味違った旨みが味わえます。
自家製プリンも絶対食べたい!
「ワールドブリューワーズカップ(WORLD BREWERS CUP)」でアジア人初の世界チャンピオンとなった粕谷哲監修のコーヒーも。

モーニング時間でも「朝ディナー」が楽しめるメニューをゼロから開発。感動するおいしさを提供したい。

コロナ禍に伴う緊急事態宣言により、飲食業界は夜の営業を自粛せざるをえなくなるなど、その苦境を乗り切るために、チームであらゆる工夫をしてきた〈sio〉。「シェフズレストラン」から「チームズレストラン」へと転換し、試行錯誤しながらホテルレストランのようなサービスを提供するなど、新たな取り組みに注力していくそう。
新しいことにチャレンジし続ける〈sio〉の今後の展開も楽しみ!

ユニフォームのコンセプトは“カジュアルさと上質さ”の両立。鳥の紋章がポイント。
「架空のホテルのレストラン」でありながらも、オーセンティックで堂々としたイメージのロゴがリアリティーを生み出す。

ラウンジのような心地よさの中で、モーニング・ランチ・ディナーそれぞれの「スぺシャリテ」が味わえる〈Hotel’s〉で、“食欲の秋”を満たしてみては?

〈Hotel’s〉
東京都港区北青山 3-4-3 ののあおやま 2F
03-6804-5699
8:00〜22:00
無休
予約サイト