「大銀座」がコロナ禍でランチの街へと変貌していった2021年。そんな今、ホテルの世界でトレンドとなりつつあるのが長時間ステイだ。今回は、〈マンダリン オリエンタル 東京〉から登場したプラン「広東料理セレブレーション&ステイ」をご紹介します。

日本橋から眺める圧倒的景観。美食に酔いしれる28時間。

地上38階から大都会を見渡すパノラミックな眺望と、全室50㎡以上という東京でも指折りの広さを誇る客室で、2005年の開業から高い評価を受ける〈マンダリン オリエンタル 東京〉。シンプルにステイするなら開業15周年を記念した「ありがとう15年」プランがお得だが、今回はミシュラン一ツ星に輝く広東料理〈センス〉のディナーを味わう「広東料理セレブレーション&ステイ」を。

実は会員サイト「Fans of M.O.」で会員登録(無料)をすれば、予約の際に12時IN、翌16時OUTを選ぶことが可能。28時間の滞在の中で、デイタイムは話題のスイーツをチェックし、夜は思い切りオシャレをしてスターシェフが待つ〈センス〉へ。美食体験が最高の旅にしてくれる。

1.ミシュラン一ツ星に輝く名店、広東料理〈センス〉の美食体験。

圧倒的空間で味わう、鈴木豪・中間利幸両料理長の洗練の広東料理。写真下・コースより、沖縄産東星ハタの葱生姜蒸し、乾燥茸と広東ドライフルーツの佛跳牆(ファッティウチョン)。動物性食材不使用の滋味深いスープは、店のシグネチャーだ。

2.大開口窓と竹材のフローリング。日本橋から望む東京の大パノラマ。

36階の「マンダリン グランド」60㎡。しだれ桜を刺繍したベッドボードや駿河の職人による竹ひごのランプシェード、ルームウエアの浴衣など日本らしさをモダンに表現。現在はコロナ対策のためフットスローを置かずシンプルなベッドメイクに。下・客室に置かれたホテル特製の「日本橋ガイド」。これを片手に、名だたる老舗や歴史的建築が連なる街の散策を。

3.予約のできない人気スイーツ「KUMO」を優雅に客室で。

購入後はお部屋でゆっくり楽しめるのも宿泊の醍醐味。素敵!

スイーツからデリまでそろう1階〈グルメショップ〉は滞在時に通いたい宝箱。「KUMO」1,944円は朝9時半から整理券が配られるほど人気。泊まっていれば整理券ゲットも一番乗り?

4.足元まで何も遮るものがない大開口の窓から夜景を堪能。

額縁のように景色を切り取る大きな窓からは、東京の摩天楼や富士山まで見渡せる。薄暮の頃、窓辺のソファで首都高のきらめきを眺めていると、ふと時間が経つのを忘れてしまう。

5.朝日に包まれる客室の窓辺で神々しいオムレツを。

朝食は客室または38階のレストラン〈ケシキ〉で。鮮やかなオレンジ色のオムレツは、30種類以上のハーブを食べて平飼いで育った〈中村農場〉のハーブ卵を使用。ふんわり&美味。

「広東料理セレブレーション&ステイ」プランデータ

IN/12:00 OUT/16:00(最大28時間)
※「Fans of M.O.」新規登録(無料)の特典を利用。
特典:朝食、広東料理〈センス〉でのコースディナー、ウェルカムドリンクor食後酒、特製XO醬のお土産付き。
期間:通年。
料金:1泊1室73,370円〜。
※公式サイトから予約を。

〈マンダリン オリエンタル 東京〉

東京都中央区日本橋室町2-1-1
03-3270-8800
全179室

(Hanako1201号掲載/photo : MEGUMI, illustration : Shoko Kawai text & edit : Yoko Fujimori)