「大銀座」がコロナ禍でランチの街へと変貌していった2021年。そんな今、ホテルの世界でトレンドとなりつつあるのが長時間ステイだ。ほぼ2日の滞在時間を1泊分の予算で満喫できるうれしさで、しかも客室は清潔に保たれた、気兼ねなく過ごせるプライベート空間。まだまだ遠出しにくい時期だから、憧れのホテルで“旅”をしませんか?今こそ手が届く非日常へ、ドレスや靴をたくさん持って出かけよう!

東京駅丸の内駅舎に位置する〈東京ステーションホテル〉。駅舎の中という稀有な環境を堪能するなら、朝食のみのシンプルな「Me Time 30」プランを。英国ゆかりの新作アフタヌーンティーや、バーで考案された「微アルハイボール」も滞在中の楽しみに。

また、バーテンダーが作る“本物の”ハイボールを缶に詰め、客室で飲める「シーリングドリンク」も誕生。駅舎の美しいドームレリーフや、南北のドームを繋ぐ約80mの長〜い廊下(写真下)など歴史的建築を鑑賞し、駅のざわめきを感じながら眠りに就く…。ここでしか体験し得ない30時間だ。

1.歴史的建築を活かした、ヨーロピアンクラシックのエレガントな佇まい。

ホテル内にはドームのレリーフを間近で観られる宿泊者専用スペースも!

「パレスサイドスーペリアツイン」40㎡。高い天井にシャンデリアが映えるシックな内装が美しい。下・バーテンダー作の“本物の一杯”を客室で。シーリングドリンク(左から)ハイボール、テキーラサンライズ各1,500円。

2.あのスーツケース型ケーキも!旅へと誘うアフタヌーンティー。

英国発ラグジュアリーラゲッジブランドとの初のコラボが実現。イギリスゆかりのスイーツやセイボリーで彩られ、気分は英国!「グローブ・トロッター アフタヌーンティー」1名7,300円。(要予約。開催日など詳細は確認を)

3.駅舎内のシックな伝説的バーでニューノーマルなハイボールを。

バー&カフェ〈カメリア〉で誕生したアルコール度数0.3〜0.5%の「微アルハイボール」1,500円はぜひ体験を。写真は考案者のバーテンダー・和栗富士也さん。11:30〜19:30LO

「Me Time 30」

IN10:00 OUT16:00(最大30時間)
特典:ゲストラウンジ〈アトリウム〉での朝食、温泉施設「バス&リラクシング」利用券。
期間:2022年3月31日(木)まで(年末年始は除外)。
料金:1泊1室2名85,134円、1室1名73,560円。
※公式サイトから予約を。

〈東京ステーションホテル〉

東京都千代田区丸の内1-9-1
03-5220-1111
全150室

(Hanako1201号掲載/photo : MEGUMI, Kayoko Aoki (THE PENINSULA TOKYO) illustration : Shoko Kawai text & edit : Yoko Fujimori)