人気一ツ星レストラン〈sio〉の鳥羽周作シェフとスシローが強力タッグで共同開発する『新ガチうまPROJECT』。今回はテイクアウトメニューを限定で発売。〈スシロー〉と気鋭のシェフとのコラボで誕生した「すき焼き海鮮しゃり弁」をレポートします。

〈スシロー〉社長・堀江氏と鳥羽周作シェフとの交流から始まった「新ガチうまPROJECT」!

〈スシロー八重洲地下街店〉。

テイクアウト事業にも力を入れて取り組んでいる〈スシロー〉と、『ミシュランガイド東京2020』で一ツ星を獲得した代々木上原のレストラン〈sio(シオ)〉の鳥羽シェフが共同開発した『新ガチうまPROJECT』とは、「冷めてもおいしい」新ジャンルのテイクアウト商品を開発するプロジェクトです。

鳥羽周作シェフが目印。

回転寿司店とは思えない独創的な新商品を次々に生んでいる〈スシロー〉と、新進気鋭の鳥羽シェフのコラボメニューは期待大! テイクアウト専用売り場は、“鳥羽シェフ祭り”状態です(笑)。

牛肉と海鮮、まったく違った食材を合わせたお弁当。

ほどよい甘みが特徴の〈スシロー〉オリジナルのシャリに、鳥羽シェフ監修の甘じょっぱい「すき焼き」と「海鮮」が贅沢に散りばめてあります。

「はっはっは、めっちゃおいしそうでしょう?」と、鳥羽シェフの声が聞こえてきたような気がする(笑)。

自信ありげな鳥羽シェフの笑顔が、おいしさを物語っているお弁当をオープン! 具材もギッシリ入っていて、色のバランスも香りも良く食欲をそそられます。

数の子やいくらなどの高級食材もふんだんに!そしてシャリにも秘密が!?

駅弁でもそうですが、できればお弁当は温めて食べたいところ。
しかし、「すき焼き海鮮しゃり弁」は、冷めたくてもおいしく味わえるように作られているので、温める必要がありません。

甘辛くて柔らかい牛肉がたまらない!

具は甘辛く煮込まれた牛肉に、数の子、イクラ、サーモン、エビ、ホタテ、きゅうり、玉子焼きの他に、シャリの真ん中の層に、甘酸っぱい「なます」や「煮しいたけ」が忍ばされており、食べる場所によって、いろんな味が楽しめて、一口一口がとても楽しいお弁当でした。クリスマスなどのホームパーティーで出しても好評間違いなしです!

ネットで予約してロッカーで受け取る!お持ち帰りも便利に。

「自動土産ロッカー」は、事前にネットや店内・電話・FAXで注文されたお持ち帰りのおすしを、待たずに受け取りができるロッカーです。「自動土産ロッカー」を使えば、レジで待たずにおすしをお持ち帰りでき、都合の良い時間に受け取りが可能。今後はロッカーを活用する人も増えるはず。

12月15日(水)〜2022年1月3日(月)の期間は、甘じょっぱいすき焼きに、数の子、蟹、うに、あわび、いくらの海鮮三昧の贅沢な「すき焼き海鮮おせちらし」(1,890円)も登場。 まずは「すき焼き海鮮しゃり弁」をチェック!

すき焼き海鮮しゃり弁(1,100円)
全国のスシロー、スシローTo Go(テイクアウト専門店)、京樽・スシローで販売。
店頭、電話、またはネット注文可。
 ※スシローTo Go(テイクアウト専門店)、京樽・スシローは予約不可。
公式サイト
※期間限定商品のため、なくなり次第終了。
※税込価格に容器代が含まれます。