いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。今回は、〈うめぞのCAFE&GALLERY〉を訪れました。

お団子やわらび餅、あんみつなどなど、バラエティー豊かな和スイーツがいただける〈うめぞのCAFE&GALLERY〉。和スイーツ好きからするとオアシスのようなお店で、特別意識していたわけではないにも関わらず、「こういうのが食べたかったの!」といった理想的なメニューに出会える一軒です。

日常に自然と溶け込んだ民家のような外観。暖簾が良い味出してます。ナチュラルテイストの落ち着く店内。一人でもゆるりと過ごせる居心地の良さ。

「お箸で食べるホットケーキ?!」口福をもたらす和スイーツに心が弾みました。

「抹茶のホットケーキ(ドリンクセット」1,380円

こしあんと黒糖バターを乗せた「抹茶のホットケーキ」は、いただく際、お箸を使用するというなんとも粋な演出が別添えされたコクのある自家製シロップをかけると、ホットケーキに凝縮された抹茶の旨味がより強調され、味わいがさらにアップ!グリーンティーなどが選べるセットドリンクは、さらにプラス¥50円で「お抹茶」に変更可能となっているため、特に抹茶がお好きの方にはおすすめしたい組み合わせ。お箸で食べるホットケーキなんて今まで考えもしなかったことだけど、"こういうのがあればな"と自分でも知らぬうちに思い描いていた最適解を提示されたような気がします。

「みたらし団子(単品)」460円

系列店である「梅園(うめぞの}」のみたらし団子をこちらでも。団子の絶妙な柔らか具合と伸びやかな香ばしい甘さは、毎日でも食べたいと思える美味しさ。食べたことがないという方も、一口食べればきっとファンになるはず。

「栗の渋皮煮とわらび餅入り特製あんみつ 黒みつ添え(単品)」950円

もちっとした白玉や口溶け豊かな2種のわらび餅が添えられた、噛み締めるほどに口の中が楽しくなる一杯。もちろん、その楽しさというのは食感だけではなくて、栗の渋皮煮、餡子、そして黒みつが織りなす和の味わいにもワクワクさせられました。それぞれの食材がベストを尽くしている感がすごい…!

和のエッセンスを見事に生かしたメニューの数々にすっかり骨抜きモード。それぞれに「梅園」ならではの個性を宿しながらも、日常の延長線上にあるような安心感。ホットケーキやお団子などはテイクアウトが可能となっているため、お求めの方はスタッフさんまで。

〈うめぞのCAFE&GALLERY〉

京都府京都市中京区不動町180
12:30〜18:00(L.O. 17:30)無休

過去の連載はこちら


カフェノハナシ in KYOTO 一覧