〈グランドニッコー東京 台場〉の2階にある〈The Lobby Cafe〉では、ホテルから見えるお台場のシンボル“レインボーブリッジ”にインスピレーションを受けた「色」をテーマにした季節のアフタヌーンティーを提供。赤いバラをイメージした華やかな「レッド」と情熱的な美しさを持つ「ローズ」をテーマに赤を基調としたスイーツやセイボリーの「レッドローズアフタヌーンティーセット」をレポートします。

東京のウォーターフロントに位置する〈グランドニッコー東京 台場〉。

〈グランドニッコー東京 台場〉は、ゆりかもめ台場駅直結 、周辺にはお台場を代表とする観光施設や商業施設が集結する人気の観光スポットにあります。ロビーフロアの隣りには、優雅でエレガントなティータイムが過ごせる〈The Lobby Cafe〉があり、“隠れ家的カフェ”としてお台場を訪れる人たちに利用されています。

今回は〈The Lobby Cafe〉で2022年の元旦から提供される、「レッドローズアフタヌーンティーセット」をご紹介します。

まずはドリンク選びから。
季節のおすすめティーは、ひまわりや矢車菊、紅花をブレンドしたロンネフェルト社の「サンシャインレディー」。赤、黄、青の花びらがブレンドされており、淹れるとほんのりと赤く、スッキリとした味わいが楽しめます。

“サンシャインレディ”(輝く女性)という名がとても素敵。年の初めにピッタリすぎて嬉しくなり、思わず笑みがこぼれます。

新年は真っ赤なスイーツの「レッドローズ アフタヌーンティーセット」でお祝い!

お台場のシンボル“レインボーブリッジ”をテーマにした今回の季節のアフタヌーンティーは「レッド」がテーマ。スタンドにも赤いリボンが巻かれ、新年らしさを演出。

レッドとローズがテーマのアフタヌーンティー。
ヌン活始めにおすすめしたい。
ヴァローナのチョコレートを使用した華やかなムース。

上段は、フランスのヴァローナ社の“インスピレーションレーズ“というチョコーレを使ったムースに酸味のあるフランボワーズのジュレと、相性の良いバナナのクリームをあわせた「インスピレーションフレーズのムース ローズ風味」。

「インスピレーションフレーズのムース ローズ風味」をカットした断面。フランボワーズのジュレとバナナのクリームと底に敷かれたビスキュイとの絶妙なバランスが堪らない一皿です。

甘酸っぱさと可愛さいっぱいのスイーツ。

中段は「ベリーのモンブラン」や、赤スグリの酸味とメレンゲの優しい甘さのコントラストが楽しい「グロゼイユのケークいちごのメレンゲ」、いちごと白ワインのジュレをあわせた「いちごのコンポート」といった4種のさまざまなスイーツをが味わえます。

「いちごのコンポート」。
「ベリーのモンブラン」。

「グロゼイユのケーク いちごのメレンゲ」、「フランボワーズのタルト」など、いちごだけでなく、フランボワーズ風味のスイーツなど、いろんな味覚が楽しめます。

新年らしく贅沢な食材を使った「セイボリー」。

下段は「セイボリー」。蟹やミニシュリンプなど赤にこだわった素材を使用。お口直しにもぴったりな本格派のメニューがならびます。

濃厚なオマールの風味とトマトの酸味が絶妙な「オマールとトマトのスープ」は、「蟹とパプリカのトルティージャ」と一緒に口にすると、まるでフランス料理を味わっているような気分に。
赤いバンズがカワイイ「ミニシュリンプバーガー」。
「ドライフルーツーのスコーン マスカルポーネクリーム」。

アフタヌーンティーといえば「スコーン」。毎回いろいろな工夫がされている〈The Lobby Cafe〉のスコーンですが、今回はドライフルーツーがゴロゴロ入ったスコーン。マスカルポーネクリームをディップして味わいました。

〈グランドニッコー東京 台場〉「レッドローズ アフタヌーンティーセット」は、2022年のアフターヌーンティー活動=“ヌン活”始めにピッタリ。推しのカラーがレッドの人にもおすすめです。

〈グランドニッコー東京 台場〉「レッドローズ アフタヌーンティーセット」
東京都港区台場2-6-1
03-5500-4550(受付時間 10:00〜18:00)
2022年1月1日(土・祝)〜2月28日(月)
アフタヌーンティー:13:00〜17:00
1名 5,000円(税サ入)
公式サイト
※最新の営業時間は公式サイトをご確認ください。