いつものお手入れにプラスすればまるで肌が生まれ変わるかのような即効性のあるアイテムが人気。自宅でエステ並みのケアを叶えよう。

1.〈パナソニック〉のマスク型イオン美顔器 イオンブースト EH-SM50「いつものお手入れの効果が 大幅にパワーアップ!」

スキンケアコスメの浸透を助ける。充電式。「シートマスクの上から使うと、驚きの保湿効果。勝負日前にぜひ」(小田さん)。サイズ:W63×D20㎝(シリコンマスク)290g(マスク、コントローラー、パッドユニット)38,500円※編集部調べ(パナソニック理美容・健康商品ご相談窓口)

2.〈EBiS〉のトルマリンミスト「いつでもどこでも保湿可能。マスク荒れの救世主!」

毎秒約16万回の高速音波振動とトルマリンボールが、化粧水などをナノクラスター化して噴射。充電式。「心地よい細かなミストをメイクの上から浴びれば、マスクのせいで乾いていた肌がもっちり」(古屋さん)。サイズ:W5×H13.5×D2.4cm 125g 17,600円(エビス化粧品 0120-44-0903)

3.〈ドクターアリーヴォ〉のZeus Ⅱ「まるでエステティシャンのようなタッピングの感覚がクセになる」

タッピングにEMS、中・高周波など美肌&小顔のための機能が充実。サブスクリプション利用も可。「人間の指にポンポンされているような刺激と、じんわり温め効果が最高。即肌が明るくなる」(風間さん)。サイズ:W5.5×H18.9×D5.8cm 151g 220,000円(ARTISTIC&CO. 0120-656-959)

Navigator

美容ライター・轟木あずさ(とどろき・あずさ)/美容誌やWebで執筆。ダイエットやエステ、クリニックなどで体当たり取材を数多くこなす。美容家電のお試し企画も多く、効くマシンには一家言あり。

美容ジャーナリスト・小田ユイコ(おだ・ゆいこ)/ゆらぎ肌の効果的なスキンケア&インナーケアに詳しい。元アシスタントたちとのにぎやか座談会形式YouTube『小田会ビューティCHANNEL』には美のヒントが満載。

美容プロデューサー・エディター・古屋美枝(ふるや・みえ)/女性誌、Webなどで活躍。美しいものとおいしいものが大好き。大相撲ファンとしても知られる。牡蠣の情報を提供するサイト「KAKIGIRL」を主宰。

美容ジャーナリスト・鵜飼香子(うかい・きょうこ)/女性誌、美容誌の編集を経て独立。旺盛な好奇心で膨大な数のコスメを試して確立した、独自の美容法が人気。食用コオロギでビジネスを準備中。

美容ライター・風間裕美子(かざま・ゆみこ)/女性誌や美容誌に記事を執筆。最新美容ギアが出るとついポチッてしまう。現在はApple Watch&iPhoneで睡眠、食、運動を管理する生活にハマっている。

(Hanako1203号掲載/photo : MEGUMI text : Yumiko Kazama)