「気持ちをクリアにしたいときに神社へ行く」と語る、神社検定1級を持つモデルのMARIKOさんと、占星術の第一人者であり、京都出身で神社を幼い頃から身近に感じてきた鏡リュウジさんに2022年注目の社寺を聞いた。12月25日(土)発売Hanako1204号「幸せをよぶ、神社とお寺。」よりお届けします。

鏡リュウジさんのお気に入りの社寺
1.〈総本山 鞍馬寺(そうほんざん くらまでら)〉/京都

叡山電鉄鞍馬駅から徒歩で30分。密教や古神道の山岳修行の地として知られる鞍馬山の中腹にある。金堂前にある石床「金剛床」には、宇宙のエネルギーが集まるともいわれている。「奥の院参道の神秘的な雰囲気も好きです」(鏡さん)。

〈総本山 鞍馬寺(そうほんざん くらまでら)〉
京都府京都市左京区鞍馬本町1074
075-741-2003
9:00〜16:15

2.〈大将軍八神社(だいしょうぐんはちじんじゃ)〉/京都

後ろには北斗七星と北極星も!

御祭神は吉凶を司る8柱の神様。方除けの御利益でも有名。「平安時代に盛んだった陰陽道の大元として、京都ができる以前からあるといわれている神社。星座の刺繍が施された御朱印帳もすごくカッコいい」(鏡さん)。

〈大将軍八神社(だいしょうぐんはちじんじゃ)〉
京都府京都市上京区一条通御前西入ル西町48
075-461-0694
授与所9:00〜17:00

MARIKOさんのお気に入りの社寺
1.〈東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)〉/東京

幸福をもたらす鈴蘭モチーフの「縁結び鈴蘭守り」

伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建。日本で最初の神前結婚式を行った神社。「“結び”の御利益をもたらしてくださる神様も祀られていることから、様々な良縁を授けてくれるといわれています」(MARIKOさん)。

〈東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)〉
東京都千代田区富士見2-4-1
03-3262-3566
6:00〜21:00(授与所8:00〜19:00)

2.〈神田明神(かんだみょうじん)〉/東京

徳川家康が関ヶ原の戦いに臨む際、戦勝祈願をしたところ、勝利を収め天下統一を果たしたことから勝負事に縁起がいいとされる。「商売、スポーツ、勝負運の向上に『勝守』もおすすめです」(MARIKOさん)。

〈神田明神(かんだみょうじん)〉
東京都千代田区外神田2-16-2
03-3254-0753
9:00〜16:00(授与所〜17:00)

2021年を振り返って…

MARIKO(以下、M):引き続きコロナ下にあり、振り回されたり思い通りにならなかったりしたことが多かったと思います。

鏡リュウジ(以下、鏡):みなさん、すごくストレスが溜まっていると思うんです。そういう意味では、神社の清浄性ってすごく貴重。僕も先日、久しぶりに明治神宮を訪れたんですが、とても気持ちがクリアになって。

M:わかります。私も体調を崩して、体をいたわろうと思いました。自分でもどうにもならないときって、より御利益を求めたり、願掛けで神社を訪れますものね。

:多くの宗教は、貧、病、争、そして死という人間の苦しみに向き合うことで始まっていますから。

M:確かに。そう考えると、私たちが今、神社を求めるのは原点回帰なのかもしれないですね。一度リセットして自分の身を清める、という意味でも。

Profile

鏡リュウジ(かがみ・りゅうじ)/心理占星術研究家・翻訳家。1968年生まれ、京都出身。占星術の第一人者として知られる。最新著作『鏡リュウジの実践タロット・テクニックケルト十字法大辞典』(朝日新聞出版)が発売中。

MARIKO(マリコ)/モデル。ファッションや美容など幅広い方面で活躍。神社検定1級を持つ神社好きの一面があり、Hanako.tokyoで「MARIKOの神社 de デトックス!」を連載中。インスタグラム(@marikozaemon)も人気。

※この対談は2021年11月4日に行いました。

(Hanako1204号掲載/photo : Shu Yamamoto hair : Yukiko Hongo illustration : Mariko Matsumoto text : Yoshie Chokki)