プロの目利きで厳選した「その日一番おいしい」希少な和牛メスウシを提供する〈焼肉 たまき家〉。60年以上食肉卸として歩んできたお肉の達人が惚れ込み、メニューの大々的にリニューアルまでに至った、巷で噂の「田村牛」を試食レポートします!

東京・虎ノ門に店を構える〈焼肉 たまき屋〉は、「より品質の高いお肉をより安く提供すること」を追求したお店。そのため開業当初から、店で提供する和牛は「メスウシ」のみ。
メスウシはオスに比べ脂の溶ける融点が低く、ベタつかないサラッとした脂が特徴。国内の牛肉流通の約2割しか出回らない貴重なお肉ですが、極上の焼肉を体験してほしいという想いでこだわり続けてきたんだそう。

そして開業から4周年を迎える今年、さらに品質を進化させるべく、全てのメニューを黒毛和牛の最高峰「田村牛」に刷新(ホルモン・タンを除く)。今回はその中からヒレとサーロインを試食させていただきました。

"黒毛和牛の最高峰"と呼ばれる「田村牛」とは?

田村牛とは、兵庫県の田村畜産で但馬牛及び但馬系統牛のメスウシを肥育した最高品質の黒毛和牛。
澄んだ湧き水の溢れる豊かな自然環境のもと、徹底した管理と自然由来の独自配合飼料により30カ月ほどの期間を経て飼育されています。
そのため、全国でも年間1,000頭ほどしか出回らないんだとか。

そんな希少なお肉ですが、肉牛会のオリンピックとも言われる『全国中核和牛生産者枝肉共励会』でも最優秀賞を含む多数の賞を受賞するなど、知る人ぞ知る最高峰のお肉。
体温でも溶けてしまうくらいの柔らかな肉質と低い融点が特徴です。
コク深い赤みの中に繊細なサシが折り合った肉質を「日本一美しい」と店主が惚れ込み、今回満を持してメニュー変更に至ったのだそう。

極上の焼肉体験をいざ。

今回は、旨味を最もダイレクトに堪能できるヒレ肉と、脂の甘みを感じられるサーロインを試食。
ヒレ肉は全面に焼き目をつけ、じっくりと旨味を閉じ込めわさび醤油でいただきます。旨味の密度がとても濃く、繊維のきめ細かなお肉は噛んだ瞬間にすっとほぐれていきます。さらっとした脂は全くしつこさがなく、一切れでものすごい満足感…!

サーロインは10秒ほどずつ炙る程度に焼いたミディアムレアでいただきます。シンプルにまずはお塩で一口。やはり脂が甘く、スッと口の中で溶けてゆく一瞬の出来事。続いてタレでもう一口。口当たりあっさり、これまた一瞬、歯のいらない柔らかさです。儚さの余韻に、香りと舌に残る脂の甘みを楽しみます。

ランチももちろん田村牛。

「田村牛 特上5種盛り合わせランチ」150g4,400円。
「田村牛 カルビ・ロースランチ」120g3,000円。
「田村牛 大判サーロインランチ」120g4,500円。

ランチメニューのお肉も田村牛。スープやご飯、サラダがついたお得なセットです。最高級の和牛の味を気軽に試してみたいという方におすすめ。

新しくなった田村牛が食べられるのは、5月1日から。「外食の楽しさ」を改めて感じる極上焼肉体験を味わいに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

〈焼肉 たまき家〉
東京都千代田区霞ケ関3-2-6 東京倶楽部ビルディング1F
03-6550-8299
日休
11:30〜15:00(土祝12:00〜)、17:30〜23:00(土祝〜22:00)
公式サイト