バレリーナ金子仁美さんが、ベールに包まれたバレリーナの生活と、日常でできる簡単ストレッチやトレーニングをご紹介します。第25回は、ボールを使ったお腹周りのトレーニングをレクチャーします。

みなさんこんにちは、金子仁美です。最近は暖かかったり、雨が降って肌寒いと変わりやすいお天気ですが、みなさまお元気でしょうか?今回は、ボールを使ったお腹周りのトレーニングを紹介します。ボールとヨガマット(ヨガマットがなければ柔らかいマットの上などで可)を準備して、トライしてみてくださいね。

トレーニングを紹介する前に重要ポイントを1つお伝えします!ボールの空気は7割くらいにして、少し空気が抜けた状態にしておきます。こうすることで、ボールが挟みやすくなると同時に、脚で挟む力も必要となるのでトレーニングの効果がアップします。

まずは腹筋のトレーニング!

1.仰向けに寝て、ボールを膝に挟みスタンバイします。手は頭の下で組んで肘が上がらないようにしましょう。

2.息を吐きながらお腹と太ももが90度の直角になるまで、ボールを自分のほうに引き寄せます。このとき、90度で止めることを意識してください。

3.90度まで引き寄せたら、鼻で息を吸いながらかかとを下ろしましょう。「ボールを引き寄せる・かかとを下ろす」をセットで20回、これを3セット行うことを目指しましょう。

次に側筋のトレーニング!

1.腹筋のトレーニングと同様に仰向けに寝て、ボールを膝に挟みます。胸から上を少し起き上がらせ、手の平は上向きでスタンバイしましょう。このときの姿勢がポイントで、首を曲げず、肩から耳までの空間がつぶれないように、常に一定のスペースを保つイメージです。また、手の平が下向きになると、この姿勢が崩れてしまうので要注意です!

2.1の姿勢を保ったまま、息を吐きながら身体を地面と平行のままに右に倒し、指先を自分のくるぶしにタッチしましょう。腹筋だけで体を倒すように!目線は指先に向けてOKです。

3.くるぶしにタッチしたら、鼻で息を吸いながら1の姿勢に戻ります。左も同じく「くるぶしにタッチ・1の姿勢に戻る」を行います。左右で1セットを10回行ったら10秒休む、これを3セット行いましょう。側筋を鍛えることできれいなくびれにつながります。

恒例のおまけの1枚です。トレーニングの相棒であるボールと。ちなみに撮影時のヨガマットは、〈ダイソー〉にて500円でゲットしました。

【日常のひとコマ】舞台稽古の真っ最中!

いかがでしたか?今年度最初のブログ、楽しんでいただけたらうれしいです。この記事がアップされる頃には、私は〈東京文化会館〉で、バレエ団初演となるジョン・クランコ振付『ロミオとジュリエット』の舞台稽古の真っ最中!

バレエ団の公式YouTubeチャンネルもチェックして観ていただけたらうれしいです。そして、今回の公演は〈上野の森バレエホリデイ2022〉の一環として上演しますので、バレエ関連の様々なイベントがあります。無料〜ワンコインで予約なしでも楽しめるものがたくさんありますので、よければ気軽に遊びにきてくださいね。

以上、金子仁美でした!また来月お会いしましょう。

過去の連載はこちら


バレリーナ金子仁美のきれいなカラダのつくり方。一覧