神戸と聞くと血が騒ぐのはパン好きの証?喜びと共に使命感をメラメラさせながら上陸しましたよ、パンの街・神戸。今回は〈PANORMO〉の展示会で行ってきたので、合間に並ばずしておいしいパンが買えるというのも大切なセレクションポイント。2泊3日の仕事の合間に駆け足で巡ってきたとっておきのパン屋さん5軒をお送りします。順を追って臨場感たっぷりにお届けするので、お付き合いくだいませ!

1.ここだけの組み合わせを求めて…〈Pane Ho Maretta〉

〈Pane Ho Marietta〉
ブルーが鮮やかな店内。
どれもこれも初めての出会い!

朝6時の新幹線に乗り、神戸に着いたその足でまず向かったのは〈Pane Ho Maretta〉。やはりパン屋さんは朝に限る!ぎっしりと色とりどりのパンが並ぶ光景は、圧倒されるほどエネルギーに満ち溢れています。こちらでしかお目にかかれなさそうなお惣菜パンやスイーツパンがたくさんあり、ここからここまで全部くださいとうっかり言ってしまいそう(夢!)。とはいえまだ1店目。店員さんに相談しながらどうにか絞り込みました。

注:こちら朝4時起きの全力笑顔です。
「チキングリル×ねぎレモン×ゴルゴンゾーラのドッグ」
具だくさん!

おいしいよ、やはり焼きたては。カリッとエッジがたった表面を軽やかに抜けると、中のバゲットの生地はもちっとしながら小麦の香ばしい香りをぷんぷんと跳ねさせます。このパン生地だけでもおいしいのに、そこにけしからん仕掛けがたくさんあるのだからさぁ大変!ぱかっと2つに分けられた真ん中には、ジューシーに焼かれ焦げ目をつけられたチキンがどーんと鎮座しております。このジューシーさは罪。ぷりっぷりと柔らかな肉質からほとばしる肉汁がグリルチキンからじゅるりと流れ出れば、とろとろのベシャメルソースが真っ先に受け止めて離しません。
チキンと添えられたねぎレモンは言わずもがな相性抜群だし、ベシャメルソースとゴルゴンゾーラだって乳製品同士で合わないわけがないし、それぞれにパンはもちろん合う。一見するとねぎダレとゴルゴンゾーラの関係性はすごく遠そうなのに、パンやチキン、ベシャメルソースが仲介するとこんなにグッと距離が縮まるのだから不思議です。何事も、誰と組むかがどれほど命運を左右する大切なことなのかわかります(どうした)。
ねぎレモンチキンだと和のサンドなのに、ゴルゴンゾーラが入ることによって別世界へ連れて行ってくれるんだよなぁ。別世界ってどこ?なんて野暮な質問は受け付けませんのであしからず(笑)。

「ジャンボン クリュ フィグ ブール」

ジャンボンブールといえば、ハムとバターのシンプルなバゲットサンドイッチ。こちらは小ぶりなバゲットに、生ハム、そこに普通のバターではなくいちじくバターがインしております。しっかりとしたハードなバゲット生地をぎゅんと歯で噛みちぎる度、すかさず絡みつく生ハムの旨味といちじくバターの甘み。赤ワインで煮込まれたいちじくはプチプチと軽快に弾けふくよかな甘みを届けます。生ハムはというと体温で溶ける薄さで、舌の上でしゅわっと塩気と脂が滲み出てきてうっとり。これがいちじくバターの果実味と一緒になると、グッと夜のムードを漂わせます。あとはワインバーで出てくるチーズの盛り合わせの画を頭で合成させれば、休憩時間も夜のワイン片手のリラックスタイムへと早変わり。それがいいかどうかは個人の判断にお任せします(※仕事の合間)。

「ダマンドバナナ」
良き巻き具合。
中からフレッシュバナナが。

パンオショコラみたいな見た目の中から、トップバッターで現れるのはチョコレート。トップで待っているフレッシュバナナを目指して突き進むぞ!と思ったら先に出てきたのはカスタードクリーム。みんな大好きなチョコレートバナナに加えてカスタードクリームまで出てくるなんて、ここはアミューズメントパークか何かなの(大袈裟)?全体をぐるりと包み焼かれたアーモンドクリームはメロンパンのようにサクリ。端の部分はさっくりを通り越してザクザクです。
食べ進めていくと、内側のクリームの隙間から輪切りの追いバナナがひょっこり。中盤になってまだハッピーなサプライズも残しているなんて、やっぱりアミューズパークか何かなの(2回目)?

2.港町に漂う焼菓子の香りに誘われて…〈GROOVY BAKERS〉

「キャロットケーキ」
にんじんとナッツがごろごろ。
大きいにんじんが特徴。

ふんわふんわ。キャロットケーキのイメージからして土台のケーキはどっしりとしているかと思いきやエアリー。トップをたんまりと覆うクリームチーズで作られたフロスティングクリームも同じくふわふわで、ここまで軽やかなキャロットケーキはめずらしいような。にんじんが線切り状で大ぶりで入っているのも新鮮です。とはいえキャロットケーキの醍醐味のスパイスやナッツはたっぷり。胡桃にレーズン、シナモン、グローブ、ナツメグなどしっかり存在しているのに、生地の柔らかなふわふわさは損なわないのだからえらいぞ(何様)!

「ビクトリアスポンジケーキ ラムレーズン&カシューナッツ」

こちらは翌日の朝食に。一口食べてビックリ。とっても軽いです。細やかな空気をたくさん含んだふわっとした生地に、トップに塗された砂糖がしゅんと溶けて仲間に加わります。そこにサンドされたバタークリームが滑らかにふにゃんと溶けると刺激的なラムの香りが露わに。危うくそれにグラつきそうになると、クリームに混ぜられたカシューナッツのコリコリ食感がリズミカルに鼓舞してきて、異なる食感・風味で最後まで楽しませてくれました。ありがとう、今日も頑張ってくるよ!

3.サクッと食べもしっかりランチも…〈コムシノワ〉

シェアサイクルを走らせて向かったのは〈コムシノワ〉さん。三宮エリアに位置しランチなどが出来るイートインスペースもあるパン屋さん。ショーケースにはサンドイッチから焼き菓子、生ケーキまで並び懐の深さを感じます。

「シチリア風明太子ディップのピッコロ」
謎にドヤ顔。

こちらでは「シチリア風明太子ディップのピッコロ」をイートイン。明太フランス?いえいえ、そんな一言では片付けられる子じゃありません。明太子フランスといったらなプチプチとした明太子の粒や風味を軸に、酢漬けのケッパーのシャキッとした食感や酸味なども見え隠れして、ついついその姿を追いかけたくなってしまいます。ケッパーがシチリア風を表しているのでしょうか?それともこの追いかけたくなる気持ちこそがそれなのでしょうか(どういうこと?)。
ガリっとエッジが効いたクラストは、膨らんだりくびれたりと緩急のついたシェイプによって、クラムにフワッと感がある部分とぎゅっと締まった部分と両方のコントラストが際立っています。普通の明太子フランスよりもずっと爽やかに感じるこの子。あ、この爽やかさこそシチリア風なのかも?

「クロワッサン サク」
カリカリさが隠せません。
こう見えてバター爆弾!

むむ(平慈英さん風に)!?なんだかこのクロワッサン、一味違う!一つ一つの層が厚めですごくクリスピーに焼かれておりカリッカリ。同時にすごくジューシーでもあるんです。バターの香り立ちが凄くて口の中はバターでじゅるじゅる(※褒めてます)。ジューシーなのは内側部分かと思ったら、なんと外のバリンバリンにクリスピーなところだけ齧ってみても滲み出るバターの脂質とコク。要はこの子、こんなにカリカリな姿をしてるけどバター爆弾なんです。カロリーなんて言葉は金輪際、忘れてください。身のためです(怖)。
そして、カソナードというサトウキビ糖が底に塗られているのも特徴の一つ。上は甘さがなくバターの味が強いのに、底の方から甘さが昇ってきて、全体を支配するバターの風味と一緒になればお菓子のような充足感に満たされます。見た目はハンサムな正統派なのに、いい意味で裏切りのあるクロワッサン。

4.パンブランチもいただけるかわいいケーキ屋さん…〈CAKE STAND〉

オフホワイトの素敵な一軒家が目印。
次はこちらの店内でゆったりパンブランチをいただきたい。

あっという間に最終日の朝です。〈CAKE STAND〉さんは北野坂にあるので異人館巡りとセットで立ち寄るのもおすすめ。外観も内装もとってもかわいくて、異人館巡りのムードのまま夢を見させてくれます。

「ガリシア産栗豚ソーセージのクロワッサン」
細かな巻きとソーセージの肉肉しさがいい!

買ってすぐにガブリ。パリパリと歯切れの良いクロワッサン生地です。こんもりと盛り上がり膨らんだルックスからもいかに空気を孕んでいるか伝わってきます。
見るからに立派な太いソーセージは“プリンッ”“ばりんっ”と食欲を刺激する音をたて皮が弾けると、目視で確認できるほどまとまった脂がじゅわっと吹き出し、一瞬の隙に口内は想像以上の肉肉しさと旨みと塩味に包まれます。洋菓子屋さんでこんなにワイルドな味わいに出会えるなんて予想していなかったよ。端正な顔したクロワッサンと一緒になることによっておめかしされているけど、これはきっと男子も大喜びなやつです。

「クロワッサン」
均一に空気が巻き込まれた美しい断面。

持って帰り、翌朝に東京で。なんて爽快なクロワッサンなのでしょう。サクサク、シャリシャリと崩れる音が軽やかに響き、この美しいルックスを私の手によって壊している背徳感も加わって、胸がいっぱいです。バターの香りも味わいも感じられるのに、べたつきが全くありません。翌日なのにこんなにも油っぽさがないなんて。この子から思い浮かぶ映像は、颯爽と走り抜けていく自転車。春の風のようなクロワッサンです。

5.小径の先にあるパンの館…〈サマーシュ〉

小道を通って入口へ。
気合いで撮ったセルフタイマー写真。
扉を開けると広々と並んだパン達が出迎えてくれます。

〈CAKE STAND〉から歩ける距離にある〈サマーシュ〉。神戸のパンといったら一度は行きたかったお店なのです。こちらも店構えが素敵でお庭にあるテラス席もとてもいい雰囲気。

「つぶあんぱん」
見よ、ぎっしりの餡子を!

持ち上げるとどっしり重い。ブリオッシュの生地はほわほわです。あんぱんではなかなか出会えないようなふくよかな膨らみが口に優しく触れてきます。
そこに喝をいれるように(!?)主張するのは豆まめしいあんこ。たい焼きのつぶあんみたいに粒がたった小豆感、豆らしいざらっとした質感も露わで、ぎゅうぎゅうに詰まっています。ふくよかさな柔らかさとのギャップにハッとするあんぱんです。

「米粉ミニブレッド(塩バター)」
頼りになる組み合わせ。

カリカリの外側と内側のふかふかさ。その輪郭はくっきりしています。米粉だからかむぎゅっと目の詰まった生地なのにふかふかで、まるで高級ベッドの心地。甘さがほぼない生地なので、あんこ添えは大正解。塩バターのしょっぱさとあんこにきめ細やかな生地は合わないわけがありません。小さいサイズ感なので、ベストパートナーを探すべく色々試すのが楽しい。

今回は効率よくたくさん巡りたい欲張りさんにおくる、駆け足アドレスをお届けしました。今度は、じっくり味わうゆったり神戸編といいかも?乞うご期待!?

過去の連載はこちら


花井悠希の「朝パン日誌」一覧