ハナコラボ パートナー同士の交流をさらに深めるべく、2022年からスタートした定期オンラインイベント「ハナコラボオンラインオフ会」。第3回は、初の書籍を発売したハナコラボ パートナーの児島麻理子さんがクロストークに参加!当日の模様をレポートします。

まずは、グラス片手に乾杯!

お決まりの自己紹介からスタート。
土屋は会議室からお届け!

今回も大勢のハナコラボ パートナーが集結。ハナコラボ パートナーは自宅やオフィスからオンラインで参加し、ハナコラボ プロデューサー兼ディレクター・土屋志織は、マガジンハウスの会議室からお届けしました。

児島麻理子さんのクロストーク!

児島麻理子さん。
書籍『おうちでつくれる かんたんスパイスカクテル』1,500円+税。

Hanako.tokyoにて連載『児島麻理子のTOKYO、会いに行きたいバーテンダー』を担当する、ライター、PRコンサルタントの児島さん。今年4月に自身初となる書籍『おうちでつくれる かんたんスパイスカクテル』(パイインターナショナル)を出版しました。「昨今のスパイスカレーブームで、スパイスを手に入れたはいいけど、カレー以外の使い道がわからない…そんな方にぜひ読んでいただきたいのがこちら。いつもの家飲みを楽しくできるアレンジレシピを紹介しています。お酒も家にあるものばかりなので、1冊あると便利ですし、プレゼントにしてもおすすめ。これをきっかけに、洋酒やレシピ開発を担当してくれたバーテンダーさんに興味をもってもらえたらうれしいです」(児島さん)。
今回は、特別に書籍でも紹介しているラムチャイのレシピを教えてもらいました。

ラムチャイ。
お酒にしたい人は最後にラムを注ぐだけ。

「ラムチャイ」作り方
1.鍋にセイロンティーの茶葉(アールグレイでも可)と浸るくらいの水、カルダモン1粒、クローブ2粒、シナモン1本を割って入れる。ジンジャーパウダー少々を振り、中火で沸騰させたら火を止め、フタをして2分ほど蒸らす。
2.牛乳適量とはちみつ(メープルシロップでも可)少々を注ぎ、中火で沸騰直前まで温めたら火を止める。
3.濾しながら耐熱グラスに注ぎ、ラム30mlを加える。仕上げにシナモンスティックを飾って。

「カルダモンは香りがさやに包まれているので、包丁で切り込みを入れるのがポイント。茶葉を用意するのが面倒な人は、『午後の紅茶』のミルクティーでも代用できますよ」(児島さん)。児島さんの説明を聞きながら、早速実践するハナコラボ パートナーも。「本格的なチャイが家で飲めるなんて驚き!」(ハナコラボ パートナー)。

ラムチャイで使った材料はプレゼント

〈バカルディ ジャパン〉の「バカルディ ゴールド」200ml オープン価格。
〈ヤスマ〉のスパイス・ハーブ「マスコット」。左から「セイロンシナモン(スティック)」648円、「カルダモン(ホール)」540円、「ジンジャー」356円、「クローブ(ホール)」410円。

今回は、ラムチャイで使えるラム酒とスパイスのプレゼント。児島さんと縁深い〈バカルディ〉からは、「バカルディ ゴールド」を。2〜3年、オーク樽で熟成したバカルディ・ラム原酒をブレンドしたゴールドラム。コーラ割りやホットカクテル、ストレート、オンザロックのほか、製菓材としてもおすすめです。
厳選したスパイス・ハーブを取り揃える「マスコット」は、児島さんも大小判のブランド。ビリヤニやコンポート、紅茶の香り付けにいい「セイロンシナモン」、清涼感のある上品な香りが特徴的な「カルダモン」、あらゆる料理の隠し味はもちろん、臭み消しにも使える「ジンジャー」、エキゾチックで刺激的な香味のスパイス「クローブ」の4種類をチョイス。

さらに、〈STEAM BREAD〉の人気食パンも!

「スチームブレッド」1.5斤 900円。

スチーム生食パン専門店として話題沸騰の〈STEAM BREAD〉からは、1番人気の「スチームブレッド」をプレゼント。日本初のスチーム製法で蒸し上げることで、いままでにないしっとりとした、もちもちの食感を提案。国産小麦、北海道産生クリーム、国産練乳、純粋はちみつなど素材にもこだわっているため、お子さんのいるハナコラボ パートナーも「うれしい!」と大喜び。そのままはもちろん、電子レンジで20〜30秒ほど温めるとよりもっちりするとか。

第3回「ハナコラボオンラインオフ会」も、無事終了

ハナコラボポーズ!

グループ分けできるZoomの機能「ブレイクアウトルーム」でトークする時間も盛り上がり、あっという間の1時間半。締めは指をL字にしたハナコラボポーズで記念撮影!続きはまた次回…。オンラインオフ会は今後も月1で開催予定ですので、お楽しみに。