日々国内外を旅している前田紀至子が楽しく美しく、時にはマニアックに旅を満喫するコツをナビゲート。今回は、岩手県のオールシーズンリゾートである安比に位置する〈ANAインターコンチネンタル安比高原リゾート〉にて珠玉のエクスペリエンスを堪能しました。

大自然に囲まれた究極のラグジュアリーステイはご褒美女子旅にもぴったり

岩手県の盛岡駅からバスで約1時間。広大な自然に囲まれた安比高原に足を踏み入れると今年2月に開業したばかりの〈ANAインターコンチネンタル安比高原リゾート〉が姿を現す。

ホテルに到着すると、麗しいアート作品がお出迎え。深い森を彷彿させる、ほの暗い廊下を通って別世界へと誘われます。八幡平の頂上付近であらゆる自然条件が一致したときだけに「開眼」する、幻の絶景「ドラゴンアイ」をモチーフにした作品は息をのむ美しさ。

気持ちの良い自然光が降り注ぐクラブラウンジにエスコートされると、ウェルカムドリンクと共にパーソナルチェックインを。クラブラウンジの奥の壁にも津軽峠の樹齢400年のブナ林に立つマザーツリーによるオブジェが飾られていて、特別なステイへの予感に心躍ります。

洗練とホスピタリティに満ち溢れた客室は、68㎡強の「プレミアムツイン」が女子旅にもぴったり。
高原リゾートらしい「楽しさ」と「癒し」が散りばめられていて、気のおけない友達とリラックスして過ごせる空間は、日々慌ただしく生きる緊張した心に余白が生まれること請け合い。

アメニティはなんと〈バイレード〉のもの。ふわふわのバスローブもすぐに腕を通したくなる気持ちよさ。

館内には岩風呂と檜風呂を擁した温泉大浴場「岩」「檜」があるものの、客室内の檜風呂も楽しみたいところ。絶景を眺めながらの入浴は格別。

ランチのアラカルトメニューはどれも魅力的ながら、いわて牛のカツサンドは必食。いわて牛の甘みや柔らかさを生かしたスペシャルな一品。

ディナー、ランチ、朝食ブッフェは、郷土料理と西洋料理を融合した斬新なローカル クイジーン ダイニング〈白露/SHIRATSUYU〉で。“Farm to Table”をコンセプトにしたすみずみまで美意識が行き渡るダイニングでは、ゆるやかな時の流れを感じながら至福の食事を。

クラブラウンジではご朝食からアフタヌーンティー、イブニングカクテルまで、一日を通して軽食やドリンクが提供される。

クラブラウンジのサービスはテラスでいただくことも可能。穏やかな光を浴びながら、屋外でアフタヌーンティーをいただくと特別な気分に。連泊時にはアフタヌーンティーの内容がまったく同じにならないようにしていただけるという配慮も嬉しい。

カクテルタイムには、地産の食材を活かしたフィンガーフードが登場。シャンパンやワイン、カクテルにノンアルコールカクテルまでドリンクもバラエティ豊か!

ディナーでは陸奥の特選食材や三陸の魚介類などを使ったクリエイティブなメニューに舌鼓を。メインディッシュは、三陸の鮑や帆立、前沢牛など、その日その時期によってもっともおいしくいただける食材が厳選されるのも魅力。それぞれの食材に合わせた複数の調理法を提案していただけるので食欲と好奇心が止まらない!

この日は春の食材に合わせて、和洋折衷で食事を満喫。

食後は隠れ家のようなオーセンティックバー〈畚/MOCCO〉で軽く1杯。マニア垂涎の貴重なジャパニーズウィスキーも豊富に取り揃えられているので、お気に入りの1杯を見つけ出して。

翌朝は安比高原の魅力を生かしたフレッシュな食材での朝食を。ブッフェスタイルなので、気になるメニューを少しずついただきたいところ。

オーダー後に調理に取り掛かるエッグベネディクトやフレンチトーストも絶品。出来立てのおいしさに、思わず目が覚めます。

アクティビティには豆腐作り体験も!プロの技を間近で観察しながら、大豆が豆腐になる工程を体験でき、さらにそれを食べることができるというプライスレスな体験。

温度や混ぜ方など、ちょっとしたコツを分かりやすく教えてもらえるので、童心にかえって真剣に挑戦!

完成したものをオリーブオイル&トリュフ塩や柚塩などと食べ比べしたら湯葉やお豆腐三昧のランチもいただける盛りだくさんな内容なので、チェックイン時に予約をするのがおすすめです。

いかがでしたか?1泊2日では足りないと感じるくらいに心身を満たしてくれる素晴らしい施設。日々を頑張る自分へのご褒美を兼ねてリフレッシュ旅に訪れてみてはいかが?

覚えておきたいチェックポイント3つ

1:バスは「盛岡駅」より2022年7月までは運行日限定、2022年8月1日(月)〜10月30日(日)の期間は毎日運行
2:標高が高い場所にあるので、日差しは強め。サングラスを持っていくのがベター
3:温度調節に薄手のカーディガン、〈ANAクラウンプラザリゾート安比高原〉などの施設内散策用にフラットシューズを持っていくと便利かも

過去の連載はこちら


前田紀至子のBEAUTYトラベル一覧