Hanako本誌連載「ハナコラボ JOURNAL」をお届け。ハナコラボのメンバーは、「新しくてたのしいこと」に敏感です。最新スポットの体験レポートやメンバーのインスタピックアップなど、毎日の活動をご紹介しています。今回は、おいしいお酒と料理を用意して乾杯! 外で過ごしやすい、さわやかな季節にぴったりなテラスパーティをリポートします。景色を眺めながらグラス片手に会話も弾むテラスパーティを楽しむ3つのポイントとは?

1. 少し早めにスタートして、美しい夕暮れを満喫。

今回体験したのは、ハナコラボパートナーの細川芙美さん、山城さくらさん。ハナコラボプロデューサー兼ディレクターの土屋志織も合流。
空を背景にぱしゃり。

テラスパーティと一緒に用意したスパークリングワイン「CANTABILE TWILIGHT SPUMANTE」(カンタービレ トワイライト スプマンテ)“トワイライト”という名に合わせ、夕暮れからスタート。幻想的な色味は写真映えも。

2. 家にテラスがない場合は借りること。

ナゲットのソースはアラビアータとジェノベーゼでイタリア風。
シーザーサラダは、ペンネを足せば豪華な一品料理に。
甘夏のパンナコッタは、さっぱりとした後味。

今回は「東京スカイツリー」が見えるテラスで開催。料理は細川さんが担当。「どんな料理にも合うのがこのワインの魅力なので、あえて気取らないメニューに。甘夏のパンナコッタは、果実感のあるロゼと相性抜群です」(細川さん)。

3. 前菜からデザートまで合わせられる万能ワインを用意すること。

左からロゼ、ブリュット。華やかなデザインはパーティにぴったり。
「後味すっきりで飲みやすい!」と山城さん。
終始、大盛り上がりでお酒が進見ました。

そこでおすすめしたいのが、おしゃれで気軽に楽しめるスパークリングワイン「カンタービレ トワイライト スプマンテ」だ。「さっぱりとした 口当たりで飲みやすい!」と二人もお気に入り。「ずっと楽しめるスパークリングワインは初めて。毎週末は『カンタービレ トワイライト スプマンテ』で乾杯がお決まりになりそう」(山城さん)。ほろ酔いの二人の夜は、まだまだ続きそう。

体験したハナコラボメンバー

細川芙美(左) ほそかわ・ふみ/フードデザイナー。ロケ弁ブランドやレシピ提供、メニューのプロデュースを手がける。

山城さくら(右)やましろ・さくら/製作会社のディレクターとして働く傍ら、フリーライターとしても数々の媒体で活躍。

「CANTABILE TWILIGHT SPUMANTE」

自由でリラックスした時間を気軽に楽しむためのスパークリングワイン。 種類はフルーティで軽やかな酸味のある「ブリュット」と、程よいボリューム感のある「ロゼ」。各750ml オープン価格。2本セットで100名様に当たるフォロー&RTキャンペーンを現在実施中。「夕暮れからリラックス」で Twitterを検索してみて。

(Hanako1209号掲載/photo : Miyu Yasyda text : Moe Tokai)