昨年12月に世界初の取り組みで話題になった加熱式たばことクラフトジンによるコラボレーション。たばこステックの味わいを引き立てるクラフトジンは、自分好みのスタイルに彩どることで”あなただけ”の味わいをカスタマイズできるものに進化しました。新たなマリアージュの体験をレポートします。

“あなただけ”のクラフトジンが誕生!

近年新たなトレンドとして定着したクラフトジン。ジュニパーベリーの他には香り付けが自由であることから、各地域や生産者、それぞれの個性を味わうのがジンの楽しみ方です。そうしたなか、仕上げのボタニカルを自分で加えて完成させるという特別なクラフトジンがお披露目になりました。
発表したのは、加熱式たばこ用デバイスの「プルーム・エックス」と北海道の〈紅櫻蒸溜所〉。今回お披露目となった紅櫻蒸溜所のこだわりが詰まったオリジナルクラフトジンは、「プルーム・エックス」のコンセプトであるTRULY UNIQUE(その手に個性を)を表現し、たばこスティックの味わいを引き立てるためのものです。この両者のコラボレーションは、実は昨年よりスタートしていました。話は雪の北海道に巻き戻ります。

プルーム・エックスと〈紅櫻蒸溜所〉のコラボレーションとは?

加熱式たばこの味わいに合わせたクラフトジンが誕生される!?そんな話題を聞いて、北海道の紅櫻蒸溜所に訪れたのは、昨年12月のこと。
「桜山」と呼ばれる山林の一角にあり、桜や紅葉の名所として知られる紅櫻公園にある札幌初の紅櫻蒸溜所は、自由な世界、自由な発想、自由な価値観がコンセプト。美しさと機能性、そして個性を追求するプルーム・エックスと志を同じくする個性的な蒸溜所です。アンティークの時計や絵画が飾られ、蒸溜所に置かれるボタニカルまでもアートのように見える蒸溜所でつくられるジンは、味わいも独創的。日高昆布など北海道の旨味をいかした定番商品「#0101」などが人気です。

初回のコラボレーションは、ベイパーの香りとジンの味わいを口の中で合わせて楽しむというもの。シトラス香やベリー香のあるたばこスティックに合わせ、「#0101」をベースにしたそれぞれを引き立てるオリジナルジンを合わせます。雪が積もる霜寒のなかでの、たばこベイパーの香りと温かみや甘さがあるシナモン、アールグレイ茶葉が香り付けされたジンの味わいは、記憶に残る体験でした。史上初といえる加熱式たばことクラフトジンのコラボレーションの景品が抽選やポイント交換で当たるキャンペーンが「Ploom X CLUB」会員を対象に行われ、話題となりました。

今回は自由にアレンジできる”わたしだけ”の体験

“個性を追求する”という紅櫻蒸溜所とプルーム・エックスの共通の想いが辿り着いたのは、”あなただけ”のオリジナルジンを作るという答えです。今回のコラボレーションは、それぞれのたばこスティックの味わいを引き立たせるジンに、厳選したユニークなボタニカルを自由に漬け込むことで、好奇心のままに見た目や香り、味わいをカスタマイズできるものになりました。

「クラフトジンと加熱式たばこを合わせることで味覚と嗅覚にアプローチしましたが、今回ボタニカルを手に取ってボトルにいれることで、触覚や視覚への楽しみも広がると思いました。氷をいれたグラスは聴覚も刺激しますし、五感で味わえるコラボレーションになりました」(〈紅櫻蒸溜所〉取締役社長・林 英邦さん)。
視覚と語るように色や素材で魅了するのが今回のコラボレーションのポイントです。美しい青紫色に染まっているのは、たばこ葉の深い味わいがある「メビウス・リッチ」に合わせて作られたスモーキーなオリジナルジン「#0715 Smoky Rich Base」。天然の青色がでるバタフライピーや、スパイシーな唐辛子やアクセントを加えてくれる八角などが添えられています。もう一つ、「メビウス・メンソール・コールド」に合わせられたのはペパーミントやレモングラスなどを加え、やわらかな冷涼感を強めたオリジナルジン「#0616 Mint Cold Base」。ボタニカルはアプリコット、オレンジなどの柑橘系や銀粉です。

「#0715はウッドチップで香り付けされていて、ジンとしては珍しいくらいのスモーキーさです。また、液体を青くしたり、#0616 では雪が舞うような銀粉をいれたり、今回は遊びを加えました。色や味わいは漬け込む時間で変わってくるので、時間の流れも感じていただけるジンだと思います」(〈紅櫻蒸溜所〉蒸溜技師・風間 大輔さん)。
ボタニカルを手に取って香りをかいだり、割ってみたりするのは新鮮な体験。ジンのボトルに加えるたびに香りが変わっていくのがわかります。1日程度漬け込んだら、自分だけのジンが完成です。

マリアージュの味わいは?

シガーとお酒はもともと相性がよいものですが、さまざまなボタニカルが香るクラフトジンと、プルーム・エックスの味わい深いたばこスティックを合わせると、おいしさが複合的に高まります。
「ジンとたばこの香りの高め合いを1+1=2、というものにはしたくなかったんです。3や4でもなく、想像しなかったところに飛ばしていきたいと思ったんですよね」(林 英邦さん)。
さっそく、すでに個性があるベースのクラフトジンにボタニカルを漬け込んでいきます。スモーキーな「#0715」への私のアレンジは、辛味をしっかり、唐辛子とピンクペッパーは多めに、カルダモンは鞘を開いてさらに香りを豊かに、八角は抑えめの一片にした、辛味にアクセントを加えたもの。たばこ葉の深い味わいがある「メビウス・リッチ」と合わせると、心地よい刺激と豊かなスモーク感が混ざり合う大人っぽい味わいになりました。

ミントやレモングラスの爽やかさがある「#0616」には、食感もなめらかに変えてくれる氷砂糖を丸1つ、アプリコットとオレンジ、レモングラスをすべていれることで、柑橘感と甘さを感じる味わいに。メンソールが強い「メビウス・メンソール・コールド」と合わせると、目の覚めるような爽やかさで、初夏のテラスに気持ちよさを運んでくれます。
自分らしさの表現を五感で感じさせてくれるコラボレーションは、店舗やプレゼントキャンペーンでどうぞご体験を。

今回のコラボレーションジン…「#0715 Smoky Rich Base」「#0616 Mint Cold Base」

ベースに使われたのは、紅櫻蒸溜所のクラフトジン「9148」シリーズのもの。たばこ葉の深みのあるリッチな味わいが特徴の「メビウス・リッチ」には、ウッドチップの香り付けを施したスモーキーさに、ココナッツ、ナツメグ、ジュニパーベリーを加えたまろやかな味わいの「#0715 Smoky Rich Base」を。選べるボタニカルは、唐辛子、ピンクペッパー、カルダモン、八角と天然の青い色がでるバタフライピー。キレのある氷冷メンソールが爽快な「メビウス・メンソール・コールド」には、ペパーミント、ジュニパーベリー、レモングラス、カカオニブで香り付けされた爽やかな「#0616 Mint Cold Base」。選べるボタニカルには、ドライアプリコットやドライオレンジ、氷砂糖、レモングラス、シナモンと銀粉。

「プルーム・エックス」について

「プルーム・エックス」は、たばこの愉しみを追求した次世代型の加熱式たばこ用デバイス。「TRULY UNIQUE(その手に、個性を)」をコンセプトに掲げ、デザインや味わいを追求。ボタンレスのスマートなNastro(イタリア語でリボンの意)デザインが施されたデバイスは、化粧ポーチにいれても違和感がないような可愛らしいフォルム。加熱温度や空気の流れまで計算された加熱技術「HEATFLOW」や、約5分間吸える回数が無制限など、革新的な技術が搭載されている。たばこステックは今回登場の「メビウス・リッチ」「メビウス・メンソール・コールド」を含め、15種類。

オリジナルジンが味わえる場所はここ

〈Ploom Shop〉札幌店、仙台店、銀座店、東京駅グランルーフ店、渋谷店、名古屋店、なんば店、天神店
入店は20歳以上になります。
店舗情報はホームページをご覧ください。

クラフトジンキットのプレゼントキャンペーンも

「プルーム・エックス」の会員向けウェブサービス「Ploom X CLUB」では、ジンとボタニカルにたばこスティックがセットになったクラフトジンキットが当たるキャンペーンを実施中。ボタニカルを自由に漬け込み、自分好みにカスタマイズして5感で楽しむ香りと味わいのマリアージュが体験できます。

応募期間 2022年8月4日まで
応募URLはこちら
 ミッシュラン店での経験を持つTyler Burgesによる2つのジンに合わせた料理もオフィシャルサイトで公開予定です。