港区に2店舗を構える焼肉店〈YAKINIKU 529.〉がオンラインサイトで販売する「秒で旨い、おうち焼肉セット(極)」。焼肉が冷凍で届き、レンジで数十秒温めるだけでお店で食べるのと同じようにおいしい焼肉が味わえるというものです。高級牛肉と電子レンジ調理という、今までにない組み合わせに浮かぶ興味と疑問!〈YAKINIKU 529. 大門店〉で、お店で焼く焼肉と「秒で旨い、おうち焼肉セット(極)」を食べ比べてみました。

A5ランク黒毛和牛の焼肉が、冷凍で届き、レンジでチン!?

〈YAKINIKU 529.〉で扱うお肉は、全てA5ランク黒毛和牛。数ある産地のなかから、北は北海道・十勝和牛、南は沖縄・石垣牛と、さらに厳選した牛肉を揃えています。「大切に育てられ、評価も高い高級牛肉が自宅で電子レンジ調理によっておいしい焼肉になるって本当ですか?」という疑問を胸に〈YAKINIKU 529. 大門店〉にお邪魔しました。

美しい肉が5種類のった盛り合わせがテーブルに。肉の色と艶、さしの入り具合、盛り付けも美しくて、ため息が漏れてしまいそう。

対する「秒で旨い、おうち焼肉セット(極)」。ボックスに7種類の調理済み焼肉と2種類の薬味入り。賞味期限まで1カ月以上となるよう配慮されています。

まずは目の前でタンを焼いてもらいました。〈YAKINIKU 529. 大門店〉では、焼き方が心配ならスタッフさんにお願いすると焼き具合を見てくれるので安心。焼肉に行ったら最初はタンという人も多いですが、〈YAKINIKU 529.〉が扱う黒毛和牛のタンは希少で、スタッフさんも一押しの部位です。

「極上花咲タン」。真空状態で冷凍されています。
開封せずにそのまま電子レンジ500ワットで50秒加熱します。
レンジの設定は部位によって異なります。パッケージの説明通りに電子レンジを設定すれば失敗なし。
AI味覚センサーが科学的に判定した薬味が2種類入ります。写真はレモンとニラです。

一方の「秒で旨い、おうち焼肉セット(極)」。「極上花咲タン」を袋のまま電子レンジの中に。ラベルにあるように500ワット、50秒にセットして、レンジ調理スタート。冷凍する前に焼いてあるので加熱は短時間でよく、あとは袋を開けてお皿に取り出すだけです。

2つ並べると、どちらがレンジ調理したものか、さすがにわかります。左の厚みがある方が「秒で旨い、おうち焼肉セット(極)」のタンです。まずは目の前で焼いた方にレモンを絞っていただいたところ、香ばしさ、歯応え、旨み、すべて間違いなしです。

そして「秒で旨い、おうち焼肉セット(極)」のタンはというと、さらに食べ応えのある厚みながら柔らか。事前に味付けされているためか、ほぼ均一に味が染みているように感じられました。冷凍やレンジ調理で気になる匂いや加熱のムラなど全くなく、思わずニヤリとしてしまう味わいです。

厳選食材と熟練の技がおいしく仕上げ、最新フードテックで味を損なわない。

なぜ一度冷凍して、レンジ調理した焼肉が、目の前で焼いた肉に負けないレベルのクオリティが保てるのでしょうか? その秘密は大きく3つ。

1つ目は、料理人のこだわり。レシピを監修しているのはミシュラン三ツ星店出身の総料理長。そして肉の味を大きく左右するという高度なカット技術を持つ職人による、美しく無駄を最小限にしたカット。さらに自宅では叶わないポイント、プロが肉を焼いているということです。

2つ目は食材へのこだわり。厳選した最高品質のA5ランク黒毛和牛は一頭買いすることで、価格をリーズナブルに。合成保存料や合成調味料は使わず、スパイスはオーガニックに限り、薬味も鎌倉湘南野菜を使用するというこだわりぶり。

そして3つ目は最新のフードテックを駆使していること。AI味覚センサーを使って、肉の部位とタレ、そして薬味をマッチング判定。プロが肉を焼き上げると、すかさず特殊冷凍技術で冷凍し、さらに真空パックにして配送。食品の組織が壊れにくい冷凍技術を採用しているから旨みが流出しにくいそう。同じ冷凍技術を使って生の肉を冷凍した後解凍しても、ドリップも出ず、色の変化もないのだとか。

これらの結果、AI味覚センサーで焼きたてと特殊冷凍のカルビを比べても、ほぼ遜色ないことが実証されたのだそうです。

「極上カルビ」。脂のおいしさに声を失いました。
「極上ロース」にはニラの薬味を添えて。薬味は自然解凍でOKです。

他にもカルビ、ロース、ハラミ、ミスジをそれぞれ食べ比べました。焼きたては一部にカリッと感があるのに対し、レンジ調理の方は全体に肉汁やタレが行き渡っている分、味と柔らかさがほぼ均一という違いはあります。

プロが焼いてから冷凍しているため、香ばしさも閉じ込められ、そのほかの要素でおいしさにはほとんど差はないように感じました。個人的には柔らかさ、味ともにロースは「秒で旨い、おうち焼肉セット(極)」の方が好み。

希少部位ミスジの「極ステーキ(ミスジ)」。まるで焼き立てのようです。
真空パック入りの冷凍の状態。
ミディアムレアが80秒とミディアムが90秒と焼き分けられます。
ミディアムレアに仕上げてもらいました。内側がピンクです。
いろんな部位を変化を付けて楽しんでもらうために、ステーキにしたとのこと。

また「秒で旨い、おうち焼肉セット(極)」はメリハリをつけるため、店舗とは厚みや切り方に変化を出しています。

特に驚いたのが希少部位ミスジを使った「極 ステーキ(みすじ)」です。ミディアムレアなら電子レンジは80秒、ミディアムなら90秒に設定しますが、ミディアムレアに仕上げてもらったところ、肉の中心がピンク色。こちらだけを見たり、口にしたりして、冷凍後にレンジ調理したものだと気づくかどうか、私には無理かもしれません。

自宅での焼肉は、食材に道具、焼き方、そして煙や匂い、洗い物も増えて準備と後片付けがひと苦労。「秒で旨い、おうち焼肉セット(極)」なら、いつもは食べるだけの人も準備や片付けを進んで担当してくれるかもしれません。贈り物や家族のイベントに準備するのはもちろん、日常的にストックしておけば、忙しかった日のご褒美に1種類食べるなんてことも可能です。

いいお肉を食べたいときに簡単に自宅で、レンジ調理。〈YAKINIKU 529.〉では、牛肉を使った牛丼やすき焼き弁当なども冷凍にして販売していて、おすすめとのこと。食の楽しみがますます広がっていきそうです。

〈YAKINIKU 529. 大門店〉
東京都港区芝大門2-3-8 浜松町堀ビル
03-6381-5298
16:30〜23:30(23:00LO)
無休

「秒で旨い、おうち焼肉 セット(極)」
通常価格20,000円+送料1500円、毎月届くサブスクリプション 初回11,800円(送料無料)2回目以降18,000円+送料1,500円
セット内容:最高級A5ランク国産黒毛和牛7種類4〜6人前相当 約879g+AI薬味2種類付き
肉 極上花咲タン、シャトーブリアン、極 ステーキ(ミスジ)、極上カルビ、極上ロース、極上はらみ、ドラゴンカルビ
薬味 山わさび、青唐辛子、ニラ、レモン、にんにくの芽の5種類からランダムに2種類が付属
公式サイト