2021年6月、西武鉄道池袋線大泉学園駅の人気ブーランジェリー〈bèe(ベー)〉が、同駅にレストランを併設した〈パンとお菓子と小さなレストラン bèe〉として移転オープンしました。食卓に添えるパンを買いに行ったり、ゆったりランチをしたり、はたまた店頭に置かれている地元野菜やコーヒーを手に取ったり……。さまざまな“大泉のいいもの”を求めて地元民が集まるこの場所では、暮らしと自然が同居するこの街の魅力を垣間見ることができます。

おいしいパンと料理に、心がゆるむ。そんな場所が駅前にできました。

大泉学園エリアで親しまれてきたブーランジェリー〈bèe〉が、レストランを併設した〈パンとお菓子と小さなレストラン bèe〉として移転オープンしたのは、約1年前のこと。パン職人の國島武人さんが焼くパンとともに、シェフの雨宮佳代子さんが仕立てるイタリア料理をベースにした一皿が楽しめるようになりました。

そして2人の職人とスタッフを引っぱっているのが、同店の“まとめ役”と名乗る、武人さんの妻、國島はるひさんです。約20年前に夫妻でブーランジェリーをオープンするにあたって、この街に引っ越してきました。

江古田出身の國島さんは、ここ大泉学園界隈を「ゆとりがある街」だと話します。

「江古田は学生街というのもあり、お店がひしめきあう賑やかな街なんです。対する大泉学園は、のどかでゆったりしていますね。道幅にゆとりがあって一つの区画も大きいし、江古田とはまた違う、暮らしやすさがあります。商業施設がある駅前は賑わっていますが、少し奥に行けば住宅街なので、とても静かなんですよ」

大泉学園に引っ越してから、自身のライフスタイルにも変化があったとか。

「江古田に住んでいたころは、休日に都心へ出かけることが多かったんですが、この街に来てからは、お休みができたらご近所をめぐるのがルーティンになりました。ギャラリーやカフェなどの小さなお店が点在していて歩くのが楽しいんです。緑も多いですし、買いものからリフレッシュまで、この街ですべてが済むようになりましたね」

続きはこちら!