日々国内外を旅している前田紀至子が楽しく美しく、時にはマニアックに旅を満喫するコツをナビゲート。今回は、〈ANAインターコンチネンタル安比高原リゾート〉の温泉とサウナ、そしてスパトリートメントについてご紹介します。

日替わりで入れ替え制の温泉&サウナは極上の「ととのい」をお約束

私自身が今回の滞在で最も感激したことの一つが、「岩風呂」と「檜風呂」を擁した温泉大浴場。日替わりの入れ替えとなる大浴場は、清潔かつ、細部にいたるまで「温泉好き」が嬉しくなる配慮が行き届いていることに感激。滞在中は何度も、そして何時間でも入っていたくなるほどハイクオリティ。

【温泉&サウナ好きが嬉しいポイントその1】動線が良い

岩風呂、檜風呂ともに動線が使いやすい。掛け湯を浴びて、シャワーで髪や体を洗って、お風呂に浸かって…という流れがなんともスムーズ。

【温泉&サウナ好きが嬉しいポイントその2】アメニティが「バイレード」

気になるアメニティはなんと「バイレード」!色々な銭湯を回っていると、さまざまなアメニティに遭遇して「あ〜これは髪の毛がギシギシになるやつ」「このアメニティのところはサウナも大体当たりなんだよね」なんて、見当がつくようになりますが、「バイレード」のアメニティなんて、それだけでテンションが上がってしまいます。もちろんお部屋のアメニティも同じく「バイレード」。

【温泉&サウナ好きが嬉しいポイントその3】最初のリラックスへと誘う内湯

「サウナや露天風呂に入るのに忙しくてなかなか内湯に入らない…」なんて言っていられないような内湯の心地よさ。「まずは内湯でリラックスしようかな」と思うことうけあいの内湯は、眺めも良く、水面に映し出される水墨画のようなビューがなんとも贅沢。岩風呂、檜風呂の両方体験するためにも思わず2泊したくなる。

【温泉&サウナ好きが嬉しいポイントその4】この上なく贅沢な開放感を味わえる露天風呂

露天風呂の眺めの良さ、そして柔かくとろみのある泉質がかけ合わさることにより幸せはピークに。「ずっとここに居たい」と思えるほど。朝も夜も、なんとも美しく味わい深い光景が眼前に広がるので、ぜひこまめに足を運びたいところ。

【温泉&サウナ好きが嬉しいポイントその5】サウナ95度、水風呂15度

思わず歓声をあげたくなるような理想的なサウナ室。岩風呂、檜風呂でそれぞれレイアウトは異なるものの、2段のサウナは広々としていて、よほど混み合わないかぎりは脚も伸ばせそう。しっかりドライなサウナの室温は95度。

水風呂の水温も15度と万人受けする水温。水質も良く、深さや広さもばっちり。

【温泉&サウナ好きが嬉しいポイントその6】ととのいスポットが豊富

存分に配置されたととのいスポットでこまめに外気浴やうたたねができるのも、長時間楽しめるポイント。風の音や鳥の囀りを聞きながら、自分だけの世界でととのっていると、この体験のためだけにも再び〈ANAインターコンチネンタル安比高原リゾート〉に戻って来たい!という気持ちに。

お風呂の後はラグジュアリー・スパ・スキンケアブランド「ELEMIS」の施術を

同フロアにある「ラヴィラ スパ アッピ」では、英国で誕生したラグジュアリー・スパ・スキンケアブランド「ELEMIS」の施術を堪能したいところ。

カウンセリングで肌悩みや理想の肌について細かく伝えながら、トリートメントの内容を決定します。

今回は女子旅らしく30平米のペアルームで日頃の自分たちへご褒美を。

丁寧かつ熟練した手技にうっとり。

心身ともに柔らかくほぐれていきそうなひと時はホテルステイの醍醐味のひとつ。

ラストはハンドマッサージで締めくくりを。至れり尽くせりで思わず笑顔に。

施術後のハーブティー片手に「お肌がピカピカ!」なんて、お互いを褒めあったり感想を述べ合ったりするのもまた女子旅の楽しいところ。

美容体験に特化した、今回の〈ANAインターコンチネンタル安比高原リゾート〉レポート。温泉やサウナ、美容好きは、ビューティーエクスペリエンスを目的にステイするのも大いにありかもしれませんよ!

覚えておきたいチェックポイント3つ

1:大浴場は「檜風呂」と「岩風呂」で日替わり入れ替え制
2:サウナは室温95度、水風呂は水温15度
3:「ラヴィラ スパ アッピ」では、英国で誕生したラグジュアリー・スパ・スキンケアブランド「ELEMIS」の施術がおすすめ

過去の連載はこちら


前田紀至子のBEAUTYトラベル一覧