ベルギー王室御用達のチョコレートブランド〈ピエール マルコリーニ〉を展開する〈PIERRE MARCOLINI JAPAN〉が、ベルギーの伝統菓子「キュベルドン」をフローズンスイーツにアレンジした「フローズン キュベルドン」を夏の新作として発売。都内のスタジオで試食会が行われ、来日中のピエール マルコリーニ氏と、ゲストの河北麻友子さんが登壇。新作やトークセッションの様子をレポートします。

ベルギーの伝統菓子を日本の暑い夏に向けてフローズンスイーツにアレンジ。

ピエール氏は、ベルギーを代表するショコラティエとして有名ですが、パティシエ、グラシエ(冷菓職人)、そしてコンフィズール(砂糖菓子職人)としても活躍しており、斬新かつ革新的なスイーツを生み出しています。
毎年バレンタインデー時期に日本を訪れるほど、日本が大好きなピエール氏は、毎年厳しい暑さとなる日本の夏でも、笑顔で過ごせるような爽やかで特別なスイーツを届けたいという想いから、「フローズン キュベルドン」を考案。日本限定で販売します。

「フローズン キュベルドン」がお目見え!
マスカットやグレープフルーツのような、爽やかな甘みのエルダーフラワーを使ったソーダを合わせて味わいます。

ピエール氏は、エルダーフラワーのソーダの中に「キュベルドン」を入れ、シャンパンやアイスティーに入れてもおいしくいただけますと、自身もお気に入りの楽しみ方を披露してくれました。

フルーツのみずみずしさとハーブの爽やかな香りが楽しめるフローズンスイーツ。

本来の「キュベルドン」は、甘いシロップが入った砂糖菓子で、ベルギーの伝統的なお菓子として親しまれています。そんな「キュベルドン」を日本向けにアレンジし、フレッシュな果物やハーブやスパイスなどの香りを閉じこめた〈ピエール マルコリーニ〉独自の氷菓菓子です。

鮮やかなストロベーリーレッドと可憐なローズの香りがかわいらしい「ストロベリー&ローズ」。
深みのある紫色は「カシス&アーモンド」。カシスの味わいのあとにふんわりと杏仁のような風味が広がる。
奥の白いキュベルドンは「ゆず&ベルガモット」。ゆずの酸味と苦みにベルガモットの風味が爽やか。
青りんごのフレッシュな清涼感で後味サッパリな「青りんご&ペパーミント」。
洋梨の香りとジンジャーとシナモンで大人の味に仕上げた「洋ナシ&ジンジャー」。
ジューシーな味わいのマンダリンと爽やかなジャスミンが夏らしい「マンダリン&ジャスミン」。

さっそくエルダーフラワーソーダと「カシス&アーモンド」を合わせてみました。
グラスの中で、「フローズン キュベルドン」が溶け、パッと果肉が広がっていきます。美しい赤紫色に染まったソーダは、キールロワイヤルのよう。もちろん、シャンパンなどのお酒とも相性がよく、お好みの「フローズン キュベルドン」を2種類混ぜてカクテルにするのもおすすめだそう。組み合わせ次第ではいろんな味のカクテルが楽しめてオシャレ。

ゲストには〈ピエール マルコリーニ〉ファンの河北 麻友子さんが登壇。

ゲストには〈ピエール マルコリーニ〉のファンという、モデル・女優の河北 麻友子さんが登壇。チョコレートが大好きな河北さんは、普段から疲れているときやご褒美に〈ピエール マルコリーニ〉のチョコレートを愛食しているほか、大切な人に感謝の気持ちなどを伝えるときに贈ってるそう。「店舗で食べられるアイスクリームが大好きなので、今回のフローズンデザートも楽しみにしていました」と話しました。

アクリルパネル越しに「Cheers 〜!」。

「ストロベリー&ローズ」を食べた河北さんは、いちごの香りが芳醇で、後から香るローズがとてもエレガントとコメント。続いて「マンダリン&ジャスミン」をパクッ。おいしい〜!と幸せそうな顔でニッコリ。小さいのに存在感がある「フローズン キュベルドン」は、爽やかで暑さを吹き飛ばしてくれるようなデザートです。皆さんもぜひと話しました。

グラシエでもあるピエール氏が、調香師のような気分で香りと味わいを組み合わせた特別なスイーツ「フローズン キュベルドン」で贅沢な夏時間を楽しんでみては?

〈ピエール マルコリーニ〉
「フローズン キュベルドン&エルダーフラワーソーダ」1,650円
爽やかなエルダーフラワーを使ったソーダとキュベルドンのセット。キュベルドンは各種2粒ずつの提供。※銀座本店、名古屋店内カフェのみ。
「フローズン キュベルドン&シャンパン」4,180円
「フローズン キュベルドン」とシャンパンとのセット。キュベルドンは各種2粒ずつの提供。※銀座本店、名古屋店内カフェのみ。
テイクアウト「フローズン キュベルドン&エルダーフラワーソーダ」972円
テイクアウトは好きなフレーバーを1種選び、エルダーフラワーソーダを注いで提供。1杯に8粒のフローズン キュベルドン入り。※店舗により取扱フレーバーが異なります。テイクアウトはシャンパンでの提供はありません。
〈ピエール マルコリーニ〉「フローズン キュベルドン」