大阪四季劇場でミュージカル『オペラ座の怪人』が上演中。11月30日まで、『オペラ座の怪人』と〈ホテルグランヴィア大阪〉のコラボレーションメニューがいただけます。観劇チケット提示での割引もあり。コラボランチメニュー付きの宿泊プランも登場します。

劇団四季『オペラ座の怪人』とのコラボレーションメニュー

大阪四季劇場で上演中のミュージカル『オペラ座の怪人』とのコラボレーションメニューが、〈ホテルグランヴィア大阪〉19階フレンチレストラン「フルーヴ」でいただけます。今回はコラボレーションランチメニューをご紹介します。ミュージカルを見ていない方でもおいしくいただけるメニューですが、ミュージカルを見た後にいただくのがオススメです。観劇チケット提示での割引もあります。

シャンデリアをイメージした前菜

『オペラ座の怪人』といえば、豪華なシャンデリア。ミュージカルの中で最も印象に残るシーンに登場します。シャンデリアに見立てた素敵なグラスの上部と、グラスの中に紋甲イカと長芋のタルトが置かれています。繊細なタルトは、そっと手で取っていただきます。

パリ・オペラ座と劇団四季の「伝統」をイメージした一皿。お肉のテリーヌをパイ生地で包んだ、パテ・アン・クルートという、フランスの伝統的な料理です。バルサミコがきいた、ワインとの相性が良いメニューです。

旬の食材を使用したスープ。パンは3種類。

『オペラ座の怪人』のボートをイメージしたというこちらは、舌平目のデュグレレ風。くるっと巻いて仕上げた舌平目が、ソースの上に浮かんでいます。ボートのオールは、カールされたうどんで表現しています。

メインの肉料理は、仔牛のポシェ。じっくりと焼いて仕上げた逸品。ガラスのドームがかぶせられた状態でテーブルにサーブされ、目の前でドームを開ける演出がありました。ドームから広がる煙は、『オペラ座の怪人』の地下空間や心の闇からの「解放」を表現しています。

デザートは、これぞ『オペラ座の怪人』といった雰囲気の一皿。ミュージカル『オペラ座の怪人』のポスターにも描かれている白い仮面と薔薇に目を奪われます。白い仮面は、ラングドシャ。一見チョコレートのように見えますし、こういったものはチョコレートで作られることが多いのですが、あえてそうではなく、ラングドシャで作ることにこだわったそうです。スイーツは、フランスの伝統的なデザート「オペラ」。コーヒーまたは紅茶と一緒にいただきます。

コラボメニューがセットになった宿泊プラン

この記事でご紹介したコラボレーションランチメニュー付きの宿泊プランも登場。1泊2食付きで、スタンダードツインルーム、お一人様15,050円〜。なお、この宿泊プランを利用の場合は、ランチメニューの内容がディナータイムに提供されます。

〈ホテルグランヴィア大阪〉ミュージカル『オペラ座の怪人』コラボレーションメニュー

場所:〈ホテルグランヴィア大阪>19階フレンチレストラン「フルーヴ」
期間:2022/5/28(土)〜2022/11/30(水)
時間:ランチ2時間制 11:30〜15:00(L.O.114:00)※土日祝日は11:00〜、
ディナー時間制限なし 17:30〜21:30(L.O.20:00)※土日祝日は17:00〜
※ディナーメニューは、グラスシャンパン1杯とオマール海老のポワレを追加し、提供。
価格:ランチ8,000円/ディナー10,000円
【チケット特典】ミュージカル『オペラ座の怪人』大阪公演の当日チケットのご提示で、ワンドリンクを特典として提供。※特典は鑑賞前でも鑑賞後でもご利用可能です。