もっと身近に漢方を。オーダーメイド漢方サービス〈わたし漢方〉とスパイス料理研究家の印度カリー子さんが、「漢方スパイスカレー」を共同開発!漢方パワーで何気ない日々の不調ともっと向き合い、健康的なカラダへ整えよう。

無理なく続けられる、LINEで届く〈わたし漢方〉。

〈わたし漢方〉は、月経トラブル、冷え性、不眠、妊活、更年期障害などの女性特有の不調に寄り添い、健康的な生活を送れるようサポートすることを目的に誕生。

お店での問診を経て体調診断を行い、不調に合わせた漢方薬を選ぶといった従来の流れではなく、〈わたし漢方〉では、日々忙しく過ごす方でも気軽に取り入れられるようにとLINEで気軽にカウンセリングを行い、自宅へ漢方を配送する仕組み。もちろん届いたあとはLINEでの相談も可能!漢方薬を選定するのも専門家が相談にのってくれるので、安心して自分のカラダと向き合うことができる。

今回は、漢方の力を多くの人へ届けたい、身近な食材から漢方を気軽に取り入れてほしいと、スパイス料理研究家の印度カリー子さんと「漢方スパイスカレー」を共同開発することに。

さっそく診断スタート!

まずは、サイト内の無料でできる「漢方カレー診断」にて、今の自分の体質に合ったカレーを診断しよう。

漢方医学では体質を5タイプに分けて診断。症状や体質に合わせた対処法も教えてくれる。今のカラダに足りない食材も知ることができるので、さっそく日々の食事に取り入れてみるのも良い。

「漢方スパイスカレー」は全部で5種類。

「漢方スパイスカレー」は、全部で5種。

ひとつひとつに、それぞれの体質に合わせたスパイスなどがのパッケージされており、あとは必要な野菜や肉、魚などを用意して、手軽にお家で本格的なスパイスカレーが楽しめるという内容に。

丁寧に手順が書かれたレシピも一緒に入っており、それを見ながら必要な材料を集めて調理するだけなのでとっても簡単!漢方と聞くと難しく感じるけれど、案外身近な食材が多いことに気づく。こういった身近な食材もカラダの不調や症状を改善するのに効果的だと知ることで、何をどう食べるかを見つめ直すきっかけになりそう。

「サバと梅干しのカレー」。夏ならそうめんに絡めて食べるのも美おいしいとのこと。
「牛肉とほうれん草のカレー」。鉄分豊富で、体のベースをつくる素材がたっぷり。クコやカシューナッツが甘さをプラスし、クリーミーな味に。
「小松菜のサンバル」は、少しピリッとした辛さが。肉は入ってなく、野菜がメイン。
「鶏肉とパイナップルのカレー」は、ココナッツベースのオリエンタルなカレー。食パンに浸しながら食べるのもおすすめ。
「かぼちゃとはちみつのカレー」。消化を促す食材がたっぷり!

スパイスや使う食材によってこんなに味が変わるのが驚きなぐらい、それぞれのカレーに特徴があり、どれも本当においしい!

中でも推しは「かぼちゃとはちみつのカレー」。エネルギー不足で疲れやすい、食欲不振などに効果的で、スパイスを使っているけれど刺激が強くなく、まろやかで食べやすいのでおすすめ。

何気ない、日々の不調ともっと向き合いたい時は〈わたし漢方〉のLINEで相談することも可能。

初回の問診は24時間相談可能ですべて無料。※体質改善の相談と漢方薬の服用を希望の場合は有料。

〈わたし漢方〉

カラダは普段食べているものでできている。カラダから発するなんとなくの不調としっかり向き合い、「漢方スパイスカレー」をきっかけに日々の食事を見直そう。