2022年2月にイタリアの食文化を1日中楽しめるお店としてリニューアルした〈スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通り〉。1階のイタリアンベーカリー〈プリンチ〉に並ぶ、イタリア伝統菓子、ボンボローニとカンノンチーニに夏の新フレーバーが登場しましたのでご紹介します。

キュートな形のボンボローニ。クリーム注入作業を目撃。

〈スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通り〉は1階はイタリアンベーカリー〈プリンチ〉の商品がずらりと並びます。

ボンボローニは夏のフレーバー含めて4種類。
カンノンチーニは夏のフレーバーを含めて4種類。もちろんマリトッツォもありますよ!

入り口のそばには、ご存じマリトッツォのほか、トスカーナ地方発祥の揚げ菓子ボンボローニ、シチリア地方のお菓子カンノンチーニなど、イタリアの伝統的なドルチェが並びます。ボンボローニもカンノンチーニも店内で食べられますが、手土産にも人気とのこと。

作業風景が見えるキッチン。
ボンボローニはクリームを入れる穴をはさみで開けます。
クリームを注入。
ホワイトシュガーなどをトッピングします。
キュートなボンボローニのできあがり。

〈スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通り〉では1階の奥にあるガラス張りのキッチンでパンやピッツァが焼かれたり、サンドイッチが調理されたりします。

そのガラス張りのキッチンで「ボンボローニ リモーネ ジンジャー」にクリームを入れる作業を見せていただきました。

フライヤーで揚げたボンボローニの生地に、ハサミを使って上から穴を開けてクリームを注入。それからホワイトシュガーなどをトッピングしてできあがりです。

ちょこんとはみ出たクリームが愛らしいボンボローニの姿はこうやって生まれるのですね。

もっちり軽いボンボローニの夏フレーバーは「ボンボローニ リモーネ ジンジャー」。

「ボンボローニ リモーネ ジンジャー」(持ち帰り 481円、店内 490円)。

ボンボローニは、ブリオッシュ生地にレモンの皮を細かくしたレモンゼストとバニラペーストを加えています。生地にもっちり感と軽やかさが両立しているのも魅力。

夏の新フレーバー「ボンボローニ リモーネ ジンジャー」は、レモンクリームとカスタードを合わせた口当たりの軽いクリームのなかに、レモンのコンフィとジンジャーのコンフィが混ぜ込まれています。甘さも控えめな上に、夏にぴったりの爽やかさで、パクパクと食べ進んでしまいます。

サクサクの生地に香ばしくてコクのあるクリームたっぷり。「カンノンチーニ リモーネ & ティー」。

「カンノンチーニ リモーネ & ティー」(持ち帰り 412円、店内 420円)。

「カンノンチーニ リモーネ & ティー」は、名前の通り、中のクリームがレモンとお茶を組み合わせたフレーバーです。サクサクした筒状の生地にコクがあって程よい甘さの香ばしいクリームがたっぷり詰まっています。上品なキャラメルのような風味も感じます。

このクリームに使われているティーは、〈スターバックス〉が扱うティーブランド〈TEAVANA〉の「ゴールデンモンキー」。キャラメルや麦芽のような香ばしい味わいとココアを思わせる長い余韻の続く風味豊かなティーで、その「ゴールデンモンキー」を生クリームでじっくりと煮出したところにホワイトチョコレートを加えたとのこと。

両端にはレモンピールのコンフィチュールがあしらわれています。見た目はシンプルですが、ひとくち食べただけで手をかけたおいしさだと感じます。

「ボンボローニ リモーネ ジンジャー」も「カンノンチーニ リモーネ & ティー」も、レモンとティー、レモンとジンジャーと、夏らしくイタリアらしい食材のレモンをさらに広がりのある味に仕上げているのが印象的です。

レモンを中心にした夏らしいフレーバーのイタリア郷土菓子でコーヒーブレイクを楽しんでみてはいかがでしょうか?

〈スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通り〉
東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル1F
03-3567-5713
7:00〜21:00
不定休
公式サイト
※限定商品はなくなり次第終了