カラオケボックスに集った以上、歌わずにはいられない…。浜崎あゆみフリークのゆっきゅんと平野紗季子が選ぶ二人のayu・ベストソングとは?

――対談でもたくさんの楽曲を引用していただきましたが、お二人が考える浜崎あゆみのマイベストソングを決めていただきたいと思います。

平野紗季子(以下、平):本当に迷います。

ゆっきゅん(以下、ゆ):ランキング形式でもいいですか?

:そうですね。お互いの選曲が気になるし。交互に発表していきましょう。

―― では、それでお願いします(笑)。

ゆっきゅんの第3位『Free&Easy』

:ありがとうございます。

:とても壮大な楽曲ですが、歌われるのは孤独な人生を生きる僕から「君」への個人的でかけがえのない気持ちです。「あなたの生きる証なら私の中に存在してる」とまで言える、ayuの気高い強さを感じる曲です。

:ジャケット写真のイメージもジャンヌ・ダルクだもんね。

平野紗季子の第3位『Boys&Girls』

:ライブでのコールアンドレスポンスもブチ上がる一曲です。

:ライブでは半分くらいを観客が歌う歌ですね。

:それでも分かるように、とにかく上がりますよね。日常生活で落ち込むこともある。暑すぎて出かける気にもならない。そんなどうしようもないダウナーな気分の時に爆音でかけます。気分を気圧ごと上げてくれる。

:「輝きだした私達な!ら!」と叫ぶだけで、ぐんと気圧が上がる感じがします。

ゆっきゅんの第2位『TO BE』

:あー!いいねー!いい!

:私はこの曲がayuのいちばんすごい曲だと思っています。1位はいちばん好きな曲にしたので、この曲は2位にさせていただきました。

:さっきの対談でも話しましたが「ガラクタ」を「守り続けた」人に「君がいなきゃ何もなかった」と捧げる歌ですね。ここまで言える人に出会えるんだって正直、驚かされます。

:「決してキレイな人間(マル)にはなれないけれどねいびつに輝くよ」……写経しかできないですね。

平野紗季子の第2位『SEASONS』

:ありがとうございます。

――さっきからなんでお互いお礼を言い合っているんですか(笑)。

:いや、自分が入れられなかったので入れていただけるとうれしくて。

:これは、本当に支えていただいた恩義のある曲。また浜崎あゆみらしさの象徴的な一曲だと思います。ファンの間では絶望三部作といわれている一曲ですが、その3曲を通して描かれる世界を味わってほしいです。

ゆっきゅん&平野紗季子の 第1位『SURREAL』

:これはもう仕方ない!

:もう絶対、そうだと思いました。

:この曲はもう歌詞の抜粋もできません。もう全行いいので。

:はい、もう前奏からいいですよね。前奏聴くだけで崖に立たされます。

:MVが頭に浮かびますね。

:この曲は成人してからさらに染みるようになりましたね。なんかエナジードリンクみたいな感じです。局面に立たされるたびに、頭の中でこの曲が鳴っています。「背負う覚悟」はもうエアでタトゥー入れている感覚です。

:分かります、背中に彫ってありますよね。改めて思いましたが、ayuの歌ってもう私たちに入ってる。もはやカラオケで歌わなくてもいいくらい好き。常に頭の中で鳴らせるし、基本にある。インストールされているというか……もはやOSがayu。

:アプリのひとつとかじゃないね。ayuはうちらを駆動させる基盤そのものです!

この日のセットリスト。

ベスト3の選曲に加え「July1st」「evolution」「STEPyou」「Trauma」を熱唱。ラストは「SURREAL」を初対面と思えぬコンビネーションで歌い上げた。お気に入りの歌詞を一時停止して記念撮影も。

Profile

ゆっきゅん(左)
1995年生まれ、岡山県出身。2014年上京と共にアイドル活動を開始。2021年セルフプロデュースによるソロ活動DIVAProjectを開始。今年、ファーストアルバムである『DIVAYOU』をリリース。

平野紗季子(右/ひらの・さきこ)
フードエッセイスト。1991年生まれ、福岡県出身。ayuとは同郷。著書に『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)、『私は散歩とごはんが好き(犬かよ)。』(マガジンハウス)などがある。

(Hanako1211号掲載/photo : Koh Akazawa text & edit : Kana Umehara)