ひろなかあやか…勤務地、六本木。職業、アナウンサー。テレビという華やかな世界に身を置き、日々働きながら感じる喜怒哀楽の数々を、自分自身の言葉で書き綴る本連載。

(photo : Yasutomo Sampei styling : Chie Hosonuma hair&make : Akemi Kibe[PEACE MONKEY])

「南紀白浜の旅・後編」

というのも、事前に情報誌を見て、今まで知らなかったけれどここは行ってみたい!というところを見つけてしまったのです…。それが! 地元の漁協が運営しているという市場で、新鮮な海産物を買えるのはもちろんのこと、外でバーベキューが出来たり、買ったものをその場で食べられるようになっているとのことで、楽しそうすぎる!とスケジュールに組み込みました。アクセスも非常によく、いっぱい歩き回ってペコペコになったお腹をストレスなく運ぶことが出来ました。マグロの解体ショーが行われていたり、大きな生け簀に魚が泳いでいたり、単に市場というよりもエンタメ性が高く、見る方も楽しめました。もちろん食べる方はいわずもがな。東京のスーパーでは手が出ないような大トロのお刺身や新鮮な海の幸を思う存分頂きました…。

そしてまたに戻って、お次は海に暮らす動物&お魚ゾーンを(今思えば魚をたらふく食べた後に水族館ってすごいコースですね)。ここでは、マリンライブ(イルカとトレーナーの方が見せてくれるショーです)に感動…。イルカたちがビシバシ飛んだり、トレーナーのお姉さんたちと一緒に泳いだり、魅せる・私たち客を楽しませるクオリティも素晴らしかったのですが、もう「イルカもお姉さんたちもこんなに頑張っていて偉い…!」という親のような気持ちで胸がいっぱいになってしまいました。若い人が頑張っているというだけで心にグッとくるのは、それだけ年を重ねているという証なのでしょう。笑顔が素敵なお姉さんたちとイルカに手が痛くなるほど拍手をして、帰りました。

昼間思いっきりアクティブに遊んだ分、夜は温泉でゆっくり過ごし、翌朝白い砂浜がキラキラ光る海岸線を歩き、余すところなく南紀白浜を楽しんで帰京しました。本当に失礼な話、正直そこまで期待していなかった分、ものすごく楽しい思い出になったこの旅行。近いし、またすぐに行きたいなと思っています。皆さんも夏、楽しんでくださいね〜!!

【弘中のひとりごと】
本人も新鮮な髪型…!!!

本連載をまとめた初のフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』は絶賛発売中!


購入予約可能な書籍紹介ページはこちらから。

ジャケット107,800円(アウルレザボア03-6712-5812)/ワンピース42,900円(アイアーバンリサーチオンラインストア050−2017−9011 https://www.urban-research.jp/)/ネックレス71,500円(プライマルプライマル050-5361-3059)/ピアス22,000円(ルフェールワームス ルミネ新宿店070-4405-5705)/ブーツ85,800円(セレナテラホールバイセレナテラ03-6419-7732)

過去の連載はこちら


弘中綾香の「純度100%」一覧