コロナ禍で盛り上がった、パンの通販を調べているときに出会った〈cafe ffee-co〉のマフィン。三重県津市にあるこちらのお店が今年4月に2号店として〈喫茶日曜日〉というお店を開いたらしい。聞くところによると、コンセプトは「毎日が日曜日」なんだとか。なんだかオラ、ワクワクすっぞ(どこかで聞いた台詞)!これは行って確かめなければ。

雨も滴るいいお店!?三重のマフィン専門店〈喫茶日曜日〉

“大好きな日曜日、ワクワクする日曜日”そんな気持ちで過ごしてもらえたらという想いが店名には込められているそう。店へと続く小道を進み、葉っぱのアーチをくぐり抜ければ、胸いっぱいに広がる木々が息づく森の香り。すーっと心にさわやかな風が吹き抜けます。平屋の広々とした店内にはゆったりとしたイートインの空間があり、本棚には様々な本が並びます。これはきっと、時間を気にせずこのひと時を楽しんでねというメッセージ。さぁて、もう今日はのんびりしよっかな(仕事はどうした)。

窓際の特等席にて。
〈喫茶日曜日〉。
「肉みそレンコン」(手前左)

マフィンに肉味噌ってどんな感じだろう?と想像できないまま一口食べて見たら、あら不思議。初めましての気がしません。カリッとした表面が割れると現れるほわっほわでしっとりとした内側。その繊細な口溶けからはそよ風のような心地よさで小麦の香ばしさが伝わります。お惣菜マフィンなので生地の甘さが抑えられている分、香ばしさが際立つのかもしれません。
肉味噌は味のパンチが強いかな?と構えていましたがちゃんと生地を味わう余白を残してくれる落ち着いた味付け。れんこんのシャキシャキ感もよろしおすなぁ。お食事系の具材なのにマフィンの質感と一緒になっても違和感が全くありません。
この和テイストなひき肉×甘さのある小麦生地という絶妙な組み合わせ、どこかで出会ったことがあるような気がするのだけど…。あれ?もしかして肉まんでは!?どうりで一口目から旧知の友人のような親密さで語りかけてくるわけだ。新時代の肉まん、ここにありけり(和に引っ張られている)。

「チーズ胡麻ごぼうサラダ」(手前右)
ほわほわ感が伝わる断面。

マヨネーズと胡麻が効いたごぼうサラダにチーズがトッピングされマフィンのトップに飾られています。細切りではなく薄切りされた野菜はさくさくと軽快な食感が楽しい。サラダといっても甘辛いきんぴらのような味付けなので、チーズと胡麻がナイスなアクセントです。さっきのマフィンから肉まんを感じるとしたら、こちらはおやき感覚。こんなにお惣菜系マフィンが日本人のDNAと(?)しっくりくるとは驚きです!

「かぼちゃプリンシナモンバター」
あらごしのマッシュカボチャがそそります。

こちらは8月の限定マフィン。トップにのったマッシュかぼちゃとかぼちゃクリームからはかぼちゃ本来の自然な甘みが感じられ、カラメルとプリンクリームがジョインするとあっという間に口内かぼちゃプリンの完成です!そこにクリームから、生地から、じわりじわりと忍び寄ってくるシナモン。少しスパイシーな芳しい香りがのっかると夏のことも忘れて、秋の訪れが楽しみになる味わいに出会えます。

「抹茶あんことくるみのキャラメリゼ」
深い緑が抹茶の濃さを物語ります。

もちろんお持ち帰りして朝パン通常運転も。やっぱり生地がおいしいんだなぁ。パサっと感とは無縁で、しっとりとした口当たりにうっとりしているうちになめらかに消えてなくなってしまうんです。真ん中に抱えられた抹茶あんこはしっかりと抹茶の苦みが感じられる大人味。こんもりとのったクリームチーズの酸味と甘味がしっかりとした苦味と台頭に渡り合い、絶妙なバランスが保たれています。ゴロゴロと入るキャラメルゼされた胡桃は香ばしく、ほろ苦い余韻を残して。なんだか後をひくマフィン。これが人なら絶対モテるタイプ(※個人の見解です)。

「ハニーレモンパイ」
レモンジャムと白いパイが爽やか〜!

表面に添えられたパイがサクッと響きパイのムードを漂わせ、甘酸っぱいレモンフィリングがキュッと夏のお嬢さま感を高めます。きらきらとした日差しが輝くひまわり畑の真ん中で、真っ白なワンピースを着て麦わら帽子を被ったお姉さんが振り向く。そんな景色が見えてくるようです(想像膨らませすぎ?)。
甘酸っぱいといいつつ酸っぱさに角がないので、生地の甘く柔らかなムードに自然と身を任せられる感じ。あなたもあの夏のお姉さんを一緒に追いかけてみませんか?(恐怖)

「濃厚塩キャラメルくるみクランブル」
大きなクルミがこんにちは。

ほろ苦いチョコレート生地。キャラメリゼされたザクザクの胡桃は香ばしさが引き出され、表面にまぶされたクランブルはそのゴツゴツとした見た目とは裏腹にサクサクと軽い食感で、とても細やかにサラサラと崩れていきます。色々な食感が楽しい!そこからシナモンの香りが鼻に抜け、ひとつまみの塩がキリッと冴えて、ココアやシナモン、キャラメルの風味など各味わいの輪郭にスポットライトをあてていきます。この塩の加減がピンポイントにツボに入る感じで、このさりげなくやってのけるバランス感覚はかっこよさを覚えるほど。

一つ一つ味わって、店内でゆったりとした時間を過ごしていたら、突然スコールのような雨がざぁっと。普段なら「えっ!?」と焦ってしまいそうですが、この日の私は違います。ただ窓に当たる雨粒とその先に見えるグリーンの美しさに心躍らせる大らかな自分がいました。小雨になるのを待ってお店を出ると、雨に濡れた木々の青々とした香りはさらに勢いづいてイキイキと嬉しそう。恵みの雨だなあ。そんなふうに感じられるのは心にゆとりが生まれた証かも。“日曜日”パワー恐るべし!

1個ずつ好きなものが選べるマフィンの通販こちら

過去の連載はこちら


花井悠希の「朝パン日誌」一覧