〝旅に求めるもの〞すべてが詰まっている街、それが京都。いつ行っても、誰と行っても、ビギナーもツウも楽しい。昨年末から突如として新店が続々とオープンしている河原町松原エリア。お店はいずれも、人気店の2号店や新業態など京都の飲食シーンをリードする優秀店揃い。いまの京都の熱を味わうなら、迷わずここへ!ハシゴ旅にオススメのお店を紹介します。8月26日(金)発売Hanako1212号「365日楽しい街。京都」よりお届け。

河原町松原エリアってどんなところ?

縦に延びる河原町通沿いを中心に、東西に広がっても徒歩10分圏内と散策にはぴったりのエリア。
清水寺への参詣橋とも呼ばれた松原橋に通じる松原通と、京都の大動脈ともいうべき河原町通。2つの大通りが交差する河原町松原交差点を中心にしたこのエリアは、参詣道として公家や庶民が多く暮らし、にぎわいを生んでいた土地だ。

2022年のいま、再び京都のホットスポットとして注目されている河原町松原エリア。新店が続々オープン、しかも京都屈指の注目店ばかり。出店の理由を聞いてみると、「やっと空き物件が出始めたから」と皆が口を揃えて答える。中心地より比較的安価ということもあり、個人店の出店にちょうどいいエリアでもあるのだ。新オープンは飲食店が多いが、軽食や立ち飲み、カフェなどバリエーション豊富だから、一日かけてハシゴして楽しもう。

1. 6月オープンにして既に連日行列のベーカリー〈Slō〉

バゲットやあんぱんなど定番の味に加え、いちじくとクリームチーズのパンなどワインに合うものも人気。
店主の鈴江さん。
ほくほくのジャガイモが中に入った「おじゃが」140円。
パリパリの皮が香ばしいクロワッサン240円。

大阪と京都の人気店で10年以上腕を磨いた鈴江篤さん。「得意はハード系」というパンは自家製酵母を使い1日かけてじっくり発酵させ、小麦粉の風味を倍増させる。噛み締めるほどに味わい深いパンは界隈のレストランも愛用するほど。

〈スロウ〉
住:京都府京都市下京区植松町707-2│地図
TEL:075-708-7815
営:8:00〜18:00(なくなり次第終了)
休:月・火曜

2. 大人気ビストロが展開する本格バーガー店〈BURGER ELEVEN〉

看板メニューは「バーガーイレブン」1,320円。中挽き、粗挽き、超粗挽きと3種の挽肉を使用し、肉感あふれる味と食感。中に入ったエシャロットとコルニションなどの副菜もアクセントに。グラスワインは880円。
肉汁たっぷりのバーガーを店内で頬張れる。
牛肉ステーキとフレンチフライ・スティックフリット1,870円も自慢の一皿。ほか、スイーツ類なども充実。

木屋町〈ブラッスリーカフェ オンズ〉の新展開はハンバーガーショップ。パティは100%牛挽肉でつなぎなし。オニオンスパイスソースなどフレンチの技を取り入れた逸品で、ワインとも好相性。

〈バーガーイレブン〉
住所:京都府京都市下京区河原町松原上ル清水284-1│地図
TEL:075-366-4367
営:12:00〜15:00、17:00〜21:00LO
休:火曜
席:18

3. 農家の逸品を味わう〈ともみジェラーto〉

スイカのうまみ、甘みがぎゅぎゅっと凝縮! 熊本〈ローソンファーム〉のスイカを使ったジェラート660円。生クリームなど副材料をほぼ使用せず、粗糖だけで味を調える。
「顔のマークの旗を目印にお越しください!」と森兼さん。彼女の素敵な笑顔はロゴマーク。

森兼ともみさんが作るのは、全国の農家から届く食材の味をダイレクトに伝えるジェラート。イタリアで修業後、独自に開発したジェラートには葉山椒やトマト&みょうが、きゅうりなど、ほかにはない味が!

〈ともみジェラーto〉
住所:京都府京都市下京区西橋詰町759 SAKIZO河原町五条ビル1F│地図
営:13:00〜20:00
休:水・木曜
席:27

4. 花とヴィンテージ家具に彩られた空間〈2ème MAISON〉

ランチにはクロックムッシュやビーフストロガノフなどが登場。アップルパイなどデザートも人気。
生花とアンティークの家具が映える落ち着いた空間。秋にはテラス席も登場予定。
オーナーが海外で買い付けた花器や植木鉢はヴィンテージ品も多数。シンプルながらいずれも味わい深い。

御幸町のドライフラワー専門店〈プルミエ・エタージュ〉の2号店が誕生。こちらが扱うのはドライではなく生花。花を眺めつつ、BLTサンドなどのランチやお酒も楽しんで。花はもちろん、海外ヴィンテージの花器も購入可。

〈ドゥージィエム・メゾン〉
住所:京都府京都市下京区西橋詰町794│地図
TEL:050-3350-5877
営:12:00〜23:00
休:不定休
席:30

5. 沖縄ムード漂う中でブレイク〈KAMEE COFFEE 高辻店〉

ソファ席もある1階。2階はテーブルとカウンター席。店内にはフリーのWi-Fiが完備されていて仕事をするにも最適。
人気のモーニングセット900円。コーヒー以外のドリンクも選べる。
オーナーの妻が探してきたヴィンテージの古着と雑貨の店が2階に。
発酵バターを使った「カメサブレ」1個230円も好評。焼き菓子はすべて自家製。

自家焙煎のコーヒーと沖縄スイーツが看板の、三条の人気カフェの2号店。古い倉庫を改装した3階建ての店内には、古着と雑貨の店も併設され、リラックスムード満点。高辻店ではマフィンなどのベイク類がさらに充実。

〈カメコーヒー 高辻店〉
住所:京都府京都市下京区恵比須之町520-6│地図
TEL:075-708-7860
営:9:00〜18:00
休:不定休
席:39

6. 澄んだだしでいただく、立ち食い蕎麦の革命店〈suba〉

名物「肉そば温泉玉子」1,200円。だしは醤油控えめで、本鰹、宗田、ウルメ、鯖節、利尻昆布をたっぷり使用。二八の自家製細切り蕎麦がよく合う。
先ほど登場したベーカリー〈Slō〉のご夫婦も通う。
「遅めのランチや小腹が減った時にぜひどうぞ」と店長。ほか、「ムール貝酒蒸しにしてクレソン」1,000円、「飛騨ジャンボなめこ」900円など、メニューは10種以上。

ガレージのような古民家に置かれた作家モノのカウンターで蕎麦を食べる、という前衛的なスタイルも革新的。大阪発の「肉吸い」をイメージした名物・肉蕎麦は、飲み干せるほど澄んだだしと細切り蕎麦が印象的。

〈すば〉
住所:京都府京都市下京区木屋町通松原上ル美濃屋町182-10│地図
TEL:075-708-5623
営:12:00〜22:45LO
休:無し

7. 昼呑みも大歓迎! 進化する人気居酒屋〈カワラマチst.ソーヤ〉

「カワラマチst.ソーヤの肴3種盛」950円は、まず注文したいおばんざいセット。
テーブル席のほかカウンター11席、立ち飲みスペースあり。
名物はシャリキンサワー。左・レモン650円、右・豆乳イチゴ750円。奥は高野豆腐で作る肉豆腐800円。肉はA4ランクの黒毛和牛を使用。

寺町松原の人気店〈鉄板とお酒宗や〉の2号店。定番の鉄板メニューはそのままに、おばんざいを中心とした酒肴が新たに登場。コの字型のスタンド席は昼からにぎやか。地元民に交じってまずは乾杯!

〈カワラマチストリートソーヤ〉
住所:京都府京都市下京区河原町通松原上ル清水町282-8│地図
TEL:075-201-4308
営:15:00〜23:00
休:不定休
席:22

(Hanako1212号掲載/photo:Yoshiki Okamoto, Tomoyasu Nakao model:Mika Kumagai, Marina Nakashima text:Kimiko Yamada)