いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。今回は〈KYOTO BISTRO〉を訪れました。

肩肘張らずにホッと一息つけるカジュアルな店内

ラグジュアリーゲストハウスをコンセプトとしたホテル〈パーク ハイアット 京都〉の一階で営業されている〈KYOTO BISTRO(キョウト ビストロ)〉。
多くの観光客で行き交う二寧坂沿いにありながら、賑やかさを感じさせない、穏やかで澄み切った空気感に包まれた同店で、秋限定のアフタヌーンティーをいただきました。

"ラグジュアリーホテル"と聞いて怯むかもだけど、一切構える必要なし。

「NINENZAKA TEA TIME」3,300円

土・日・祝日限定で提供されているアフタヌーンティー「NINENZAKA TEA TIME」が9月17日(土)より秋仕様に。
国産の栗とフランス産の栗を贅沢にブレンドしたオリジナルクリームが光るモンブランや抹茶と白味噌のシューリングといったデザートに加え、出汁巻き卵を挟み込んだ和風サンドウィッチやカツサンドウィッチといったセイヴォリーなどなど、計8種がラインナップ。ワンドリンク付。

秋らしい旬の食材と京都ならではな和の要素をミックスしたデザートなどが並ぶ中、ここだけでしか出会えないであろう"たい焼き"の存在に惹かれた...。
だって、アフタヌーンティーで、しかも〈パーク ハイアット 京都〉ですよ、ここ。
ただ、不思議とホッとした自分がいた。知らない街で知人に出会ったような、そんな感覚。
デニッシュ生地がベースとなっていて、中には塩キャラメルとチョコレートのフィリングがたっぷりと。

正直に言うと、初来店した際、畏まってしまっていた自分がいたのだけど、時が経つに連れて、自宅に近い感覚で過ごしてました。良いのか悪いのかわからないけど…。
それにしてもいいな〜、このアットホームな感じ。

また、シュークリームやアップルパイといったテイクアウト可能なスイーツも充実。
特にアフタヌーンティーをいただいた後だからということもあってか、ショーケースに並ぶスイーツを見て"全部ください!"と言いかけてました。
テイクアウト希望で立ち寄ることももちろんできるので、ぜひ気軽に立ち寄ってみてください!

〈KYOTO BISTRO〉

〈KYOTO BISTRO〉/キョウト ビストロ
住:京都府京都市東山区高台寺桝屋町360 パーク ハイアット 京都│地図
営:7:00〜21:00 (20:00LO) テイクアウト11:30〜20:00LO
休:なし
詳細は公式HPより

過去の連載はこちら