お酒業界での広報歴12年!児島麻理子が、実力派のバーテンダーをご紹介します。第50回目の登場は、銀座〈Bar LIBRE GINZA〉の松尾和久さん。ジャングルをテーマにしたカウンターに立つ松尾さんは、さながらあの船の船長のよう…!?

本日のバーテンダーは…松尾和久さん

松尾和久
バーテンダー歴:10年
生年月日:1987年7月19日
星座:蟹座
血液型:A型
趣味:カメラで街並みを撮るのが好きです。愛用はオリンパス。

とある銀座のビルの地下にはジャングルがあり、そこには流れ星も流れるらしい。その壁や天井は熱帯植物に覆われ、時折鳥の声が響くことも!?そんな都市伝説のようなコンセプトのお店に立つのが、本日のバーテンダーの松尾和久さんです。
「制服の感じもあって、ジャングルクルーズの船長みたいですね、と言われることがあります。実際に乗ったことはないんですけどね」。
緑のスカーフにベージュのシャツとベスト。銀座にありながら、その姿はたしかにガイドのようでもあり、これから案内してもらえるバー体験に期待が高まります。

ジャングルのコンセプトは、カクテルにも落とし込まれています。日本ではめずらしいブラジルの蒸留酒「カシャーサ」を使ったものや、カカオやスパイス、中には蟻が乗っているカクテルまで。
「オーナーからコンセプトを聞いたときは驚きましたが、カクテルはテーマがあるほうが考えやすいんです。普段では使わない素材やお酒を使えるのも楽しいですよ」。
“リブレ”という店名の通り、自由な発想でカクテルを作るバーリブレでは、陶器の器でカクテルを提供したり、フードペアリングをすることも。すでにさまざまな経験をしている松尾さんですが、過去にはなんとマンガのキャラクターになったこともあるのだとか。

「あるメーカーの企画だったのですが、マンガにバーテンダーが登場し、そこに出てくるカクテルをバーで出すというものがあったんです。料理マンガに出てくる料理って食べたくなりますよね。それを実現しているっておもしろいなあと思いました」。
マンガ化にも積極的なのは、バーはじめての方にもバーを知ってもらいたいという思いがあるからこそ。銀座のほかに、1号店が池袋にもある〈Bar LIBRE〉はその土地柄もあり、若い人や初めての人も多く対応してきました。

「バーが初めての人が、このお店がきっかけでバーが好きになってくれたら、うれしいなと思います。ここは銀座ですが、コンセプトがユニークですし、気軽に入っていただいて、安らぎを感じてほしいです」。
そんな松尾さんには、いま気合をいれて進めている企画があるそう。
「チーズとカクテルをコースで楽しんでいただく”ちゐず懐石”というものを始める予定です。カクテルと食のペアリングは流行りだったりしますが、そうした理論を学ぼうとワインを勉強して、5年前にソムリエを取得しました。その本領発揮の場面もこれから増えていきそうかな、と思っています」。
松尾船長の案内はジャングルカクテルから、チーズペアリングまで!新しい世界を体験させてくれる「バーリブレ銀座」に期待。

松尾さんがキャラクターになったマンガ『THE END』。
スパイスを多用するのもこのお店の特徴。
シェイクをみるなら特等席のカウンターで。

ハナコラボからの質問 Q.「どうしたらバーテンダーになれますか?」

A.「色々な方法があると思いますが、自分は社会人を経てから、バーテンダースクールに入りました。卒業後にスクールからバーを紹介してもらえることもありますよ」。

このお店のこの一杯「ジャングルグレース」

「ジャングルグレース」1,800円

ジャングルをテーマとしたオリジナルカクテルの中でも1番人気のカクテル。ジンをベースにカカオパルプやカルダモン、ハチミツ、ピーチなどで香り付けした”ジャングルリキッド”をトニックウォーターでアップ。爽やかさと複雑さが同時に楽しめる。

この店のこの一皿「瞬間燻製生ハムジャーキー」

「瞬間燻製生ハムジャーキー」700円

オーダーを受けてから、燻製をかけるまさに瞬間燻製のジャーキー。カリっとした食感が楽しめる生ハムジャーキーは、適度な塩味があり、ウイスキーにも合いそうな1皿。

松尾さんのいるお店はここ

池袋の名店〈Bar LIBRE〉の銀座店として今年6月にオープン。「ジャングル」をキーワードにした店内は、壁や天井が緑で覆われ、スパイスやハーブ、南米のスピリッツなどを使ったカクテルが味わえる。

東京都中央区銀座1-6-6 ARROWSビル地下1階
03-6263-0560
15:00〜23:30(LO23:00)
 ※状況に応じて営業時間が変更になります。

【本日の一言】
銀座のジャングルにエスケープ。