東京・神楽坂〈take〉でシェフを務める阿部孟さんに、中華に合うオススメのワイン3種セレクトしてもらいました。

中華と合う甘みと酸で気軽に楽しめる提案を

お酒好きなシェフによる、中華アレンジのおつまみの数々はどれも小さなポーションだからカウンターで一人飲みにもぴったり。1号店〈ENGINE〉はコース料理に合わせてフランスの王道ワインが多めな一方、こちらでは中華に合う甘みや酸があるものということを基準に、もっとカジュアルでおいしいものを選んでいるそう。

たっぷりと身が入った贅沢な「毛蟹のかに玉」2,000円は〈ENGINE〉からの人気の一品。うまみが白に合う。

セレクトしたのはこの3本!

〈take〉の阿部孟シェフセレクトのグラスワイン3種を紹介します。

※[口開け日]2023年11月1日〜(なくなり次第終了)

1.ドメーヌ セルヴァンのマルセル・セルヴァン 2020(白)

生産者:ドメーヌ セルヴァン商品名:マルセル・セルヴァン 2020(白)生産地:フランス(ブルゴーニュ)価格:グラス(110㎖)1,050円
生産者:ドメーヌ セルヴァン
商品名:マルセル・セルヴァン 2020(白)
生産地:フランス(ブルゴーニュ)
価格:グラス(110㎖)1,050円

フランスのドメーヌ セルヴァンは、シャブリを代々造ってきた名門ワイナリーですが、これはシャルドネ100%。クラシカルな味わいで、甘みも酸も軽いので、蒸し鶏、ピータン、揚げ物など中華に万能。

2.セッツァーのローター・ヴェルトリーナー・シンフォニカ 2022(白)

生産者:セッツァー商品名:ローター・ヴェルトリーナー・シンフォニカ 2022(白)生産地:オーストリア(ヴァインフィアテル)価格:グラス(110㎖)1,200円
生産者:セッツァー
商品名:ローター・ヴェルトリーナー・シンフォニカ 2022(白)
生産地:オーストリア(ヴァインフィアテル)
価格:グラス(110㎖)1,200円

オーストリアのセッツァーの白は、ローター・ヴェルトリーナーという古い品種で、きれいな酸、青りんごのようなさわやかな香りとソーヴィニヨン・ブランにも似た草っぽさも。

3.セッツァーのツヴァイゲルト 2021(赤)

生産者:セッツァー商品名:ツヴァイゲルト 2021(赤)生産地:オーストリア(ヴァインフィアテル)価格:グラス(110㎖)1,200円
生産者:セッツァー
商品名:ツヴァイゲルト 2021(赤)
生産地:オーストリア(ヴァインフィアテル)
価格:グラス(110㎖)1,200円

同じワイナリーの赤、ツヴァイゲルト 2021もオーストリア原産の品種で、果実味もしっかりあって、ベリー系の香りとスパイシーさが花椒によく合います。

お酒が飲みたくなる小皿中華を居酒屋スタイルでワインと味わおう

take(タケ)

住所:東京都新宿区神楽坂4-2-1 嶋田ビル2F
TEL:03-6265-3944
営業時間:19:00〜2:00(1:00LO)
定休日:日祝休ほか不定休
席数:13席
Instagram:@take.kagurazaka

     

photo_Kentaro Kase text_Kayo Yabushita

No. 1226

No.1226 『もう少しだけワインのことを知りたい』 2023年10月27日 発売号

今日も町のレストランやワインスタンドには人があふれ、そこにはにぎわう場に欠かせないアイテムとなったワインが。楽しく飲む! が正解。でも、楽しければ楽しいほど、後日“この前飲んだおいしかったワイン、何だったっけ”となることはありませんか? それはとてももったいないことだと思うのです。今よりもう少しだけワインのことを知ることができたら、自分にとっての“おいしいワイン”を忘れずにいられるようになるかもしれません。 教科書は、町のグラスワインにワインショップに並ぶボトル。必要な知識・教養をまとめた「ワインがもっと楽しくなる …

もっと読む