今回のゲスト

Alex/Sara : デザイナー/ファッションPR、マーケティング
ファッションの仕事に携わるアレックスとサラは、世界を旅することで日々さまざまなインスピレーションを得ている。

いつでも料理ができるように整頓された、ミニマルでシンプルなパリジャンカップルのキッチン

ミニマリストでシンプルなものを好むAlexとSaraカップルのキッチンは、陶器や調理器具をはじめ、統一感がありきちんと整頓されている印象。
このアパートに住むことに決めた大きな理由も、このキッチンが気に入ったからだそう。

そんなキッチンスペースのこだわりは3点。

基本的に調理器具は棚の中に。お気に入りの包丁はすぐに使える見える場所に

フランス人の自宅には、日本で日常的に使用する通常サイズの包丁がないこともしばしば。元々はふたりとも包丁にこだわりがなかったが、同棲を始め本格的に料理をしたいということで日本製kaiの和寂という包丁を購入。購入してみると料理をするモチベーションもクオリティも上がって一石二鳥。そんな2人とって大切な包丁は、壁に磁石で付けられて、いつでも取り出しやすくしている。

調理器具や陶器のほとんどを日本製に

シンプルでミニマルなデザインを好む2人が集めているのは日本製のもの。意識せずとも自然と日本の物が集まったそう。調理器具はピザカッター以外はYANAGI SORI。陶器はHASAMI PORCELAINで揃えている。

毎朝習慣のコーヒーを、ゆっくり飲むスペースを

フランス人の多くは朝ごはんにコーヒーとパンを食べる習慣があるが、Alexもそのうちの一人。時間のある朝は、お気に入りのイタリア製ALESSIのコーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れているそう。アパートの一階にあるパン屋でクロワッサンとパンオショコラを購入し、コーヒーと一緒に頂くひとときは贅沢な時間。旅行に行く度に思い出として買い集めている陶器には、季節の果物や野菜をストックしている。

インタビュアー

水谷優里

Allege.デザイナー/IRIS,JASMINE VINTAGEオーナー
2021年秋冬より〈Allege.〉のレディースデザイナーを務める。
2023年6月よりパリへ短期移住し、日本のブランドアーカイブをヨーロッパに向けて販売する「IRIS」を始動。

instagram

Photo,text_Yuri Mizutani Edit_Wakaba Nakazato