「47都道府県グルメガイド」一覧ページはコチラminokamo 郷土料理家・写真家

みのかも/岐阜県美濃加茂市出身。本名は長尾明子。郷土食研究家・写真家として活動。料理で楽しく人と繋がることをテーマに日本各地の地域食を調査し、イベント開催や特産品を生かした料理考案を行う。媒体でのレシピ考案・撮影、道の駅のメニュー開発なども手がける。https://minokamo.info/

1.〈豆腐湯葉料理 奥の奥〉でセルフ湯葉すくい!

長良川の支流、栗巣川の最上流部にある豆腐工房併設の料理店。ほんのりスモークチーズのような味がする豆腐の燻製「燻り豆腐」が名物。コース「街道弁当」3,850 円など。要予約。

郡上は岐阜県を縦断する長良川の上流にあり、アユやアマゴなどの川魚、山菜やきのこといった里山の食材が豊富ですが、山間での冬季の食材確保のため、味噌や醤油、漬け物、にしん寿司といった発酵食品が多く伝わっています。大和町母袋地区にある〈豆腐湯葉料理 奥の奥〉は、鎌倉時代から伝わる郷土食「燻り豆腐」を後世に残したいと、約30年前に豆腐店を開店したことに始まるそうです。ここの魅力は、自分ですくいながら食べられる引き上げ湯葉! ポン酢でさっぱり、箸が止まらない! 湯葉のあとは座敷で山川の幸とさまざまな豆腐料理を堪能。工房で生産される「どぶろく」の素材は100%地元産で、豆腐料理のお供にもぴったり。ほかにも郡上には、岐阜の味を楽しめる名店が各所にありますよ。(minokamoさん)

豆腐湯葉料理 奥の奥 (とうふゆばりょうり おくのおく)

住所:郡上市大和町栗巣1670-1
TEL:0575-88-3156
営業時間:11:30〜15:00
定休日:月休ほか冬季休業

2.五平餅がおいしい〈ひがしのくま家 おかずや五代目〉

〈ひがしのくま家 おかずや五代目〉(郡上市八幡町本町874)は、初代から引き継がれる郡上味噌タレを塗った五平餅が絶品!

3.えび天のせの中華そばが絶品!〈松葉屋〉

1914年創業の〈松葉屋〉(郡上市八幡町橋本町908)。私の定番は中華そばにえび天がのった「天ぷら中華」。素朴な味にホッとします。

4.地酒からレアな酒までそろう〈酒のいとう〉

〈酒のいとう〉(郡上市八幡町小野5-15-3)は、「母情」「元文」など、郡上の地酒を中心にレアなお酒が揃うお店です。

5.手づくりハムが絶品!老舗の〈明宝ハム〉

〈明宝ハム〉(郡上市明宝気良33-2)の手作りハムは70年の歴史があり、100%国産豚肉が特徴。弾力ある食感と肉の旨みが味わえます。

岐阜県・多治見市エリアのオススメも見る

One More Fun
長良川鉄道で絶景を見ながら郡上を目指す。

郡上への移動は、長良川に沿うように走るローカル線「長良川鉄道」で。車窓からは、新緑、紅葉、雪景色など、長良川の清流と山々が織りなす四季折々の絶景が楽しめます。

photo_minokamo(豆腐湯葉料理 奥の奥、ひがしのくま家 おかずや五代目、松葉屋) text & edit_Arata Kobayashi

No. 1227

No.1227 『47都道府県、おいしいあの町へ』 2023年11月28日 発売号

47都道府県、あらゆる県のあらゆる町に、まだまだ私たちが知らない、おいしいものが待っています。 1県たりとも食べ逃したくない! そんな食いしん坊心で、「47都道府県・全県グルメガイド」ができました。ガイド役は、各県に暮らす食通、総勢47名。それぞれの県から1箇所ずつ、今行くべきグルメエリアをピックアップし、在住者の目線で「おいしい地元案内」を披露してもらいました。郷土料理、食堂、スイーツ、ご当地土産、B級グルメから、グルメと併せてチェックしたいアートスポットやパワースポットまで、旅の目的地はなんと合計282スポット …

もっと読む