橋本康弘 〈初亀醸造〉専務

はしもと・やすひろ/現存する造り酒屋の中では静岡県で最古、全国でも31番目に古い歴史を持つ1636年創業の〈初亀醸造〉で専務を務める。公私で培った食の知識を生かし、県外から静岡県に訪れた取引先や観光客に、地域のおいしいもの案内をしている。https://www.hatsukame.jp/

「47都道府県グルメガイド」一覧ページはコチラ

1.〈Maison KEI〉で静岡の食材をふんだんに使った料理を堪能

富士山の麓に位置し、自然豊かな御殿場。ロケーションの良さを生かした贅沢な食体験ができるスポットが、近年増えています。中でも、フランス版ミシュランガイドでアジア人シェフとして初めて三つ星に輝いた小林 圭氏と、和菓子屋 〈とらや〉が手がける〈Maison KEI〉は、わざわざ行きたい名店。地元の食材を存分に使った料理が素晴らしいんです。コースの冒頭に出てくるシグネチャーメニュー「庭園風季節のサラダ」は、地元産を中心に30品目もの野菜を使用。レモン味の泡と3種のソースを一緒に混ぜて食べれば、幾重もの風味が感じられます。このクオリティーで、価格は都内よりもリーズナブルなのもおすすめポイント。店内からは、もちろん富士山が拝めますよ。美しい景観の中、美食を味わい、リフレッシュして。

Maison KEI (メゾン ケイ)

フランス・パリの三つ星レストラン〈Restaurant KEI〉のオーナーシェフである小林 圭氏と老舗和菓子屋〈とらや〉がはじめたフレンチレストラン。静岡の食材をふんだんに使った料理をコース5,500円〜で提供。

住所:御殿場市東山527-1 
TEL:0550-81-2231 
営業時間:11:30〜15:00(12:30LO)、17:30〜21:00 (18:30LO)
定休日:火水休

もっと静岡を楽しめるお店4軒
静岡といえばのおなじみグルメから、サーキットが望めるホテルまで!

2.休憩には〈とらや工房〉

竹林に囲まれた甘味処〈とらや工房〉(御殿場市東山1022-1)は休憩にぴったり。ガラス張りの工房ではお菓子の製造過程を見学できます。

3.静岡名物のハンバーグといえば〈さわやか 御殿場インター店〉

〈さわやか 御殿場インター店〉(御殿場市東田中984-1)は、同店の中で、関東からのアクセスが最も良いお店。県民のソウルフード「げんこつハンバーグ」は必食。

4.お土産は〈酒のいわせ〉

お土産にお酒を買いたいなら〈酒のいわせ〉(御殿場市445-1)がおすすめ。「初亀」「金明」「白隠正宗」をはじめ、県内外の銘酒が揃います。

5.景色も楽しむなら〈富士スピードウェイホテル〉

富士山やサーキットが望める〈富士スピードウェイホテル〉(駿東郡小山町大御神654)。館内には4軒のレストランとバーがあり、地のものを使った絶品が楽しめます。

静岡県・静岡市エリアのオススメも見る

One More Place
元首相の自邸を公開する珍しい施設〈東山旧岸邸〉

元首相、岸 信介の自邸として1969年に建てられた〈東山旧岸邸〉(御殿場市東山1082-1)。
伝統的な数寄屋建築が美しく、室内では当時の家具に座ることも。雅な気持ちになりますよ。

photo_Eiko Nishiura text&edit_Arata Kobayashi

No. 1227

No.1227 『47都道府県、おいしいあの町へ』 2023年11月28日 発売号

47都道府県、あらゆる県のあらゆる町に、まだまだ私たちが知らない、おいしいものが待っています。 1県たりとも食べ逃したくない! そんな食いしん坊心で、「47都道府県・全県グルメガイド」ができました。ガイド役は、各県に暮らす食通、総勢47名。それぞれの県から1箇所ずつ、今行くべきグルメエリアをピックアップし、在住者の目線で「おいしい地元案内」を披露してもらいました。郷土料理、食堂、スイーツ、ご当地土産、B級グルメから、グルメと併せてチェックしたいアートスポットやパワースポットまで、旅の目的地はなんと合計282スポット …

もっと読む