菊地 徹 〈株式会社 栞日〉代表取締役

独立系出版物を扱う書店兼喫茶〈栞日STORE〉や宿泊施設〈栞日INN〉、銭湯〈菊の湯〉を運営する〈株式会社 栞日〉の代表取締役。長野県在住のメンバーで構成する編集デザインチーム・出版レーベル〈涌出WAKIIZU〉のプロデュースを手がけるなど、幅広く活動中。公式サイトはこちら

「47都道府県グルメガイド」一覧ページはコチラ

1.中村屋名物馬肉を使った絶品「肉うどん」

上田駅前にて130年以上続く老舗食堂。馬肉からだしをとったつゆをかけ、甘辛く煮込んだ馬肉を麺にのせた「肉うどん」750円が名物で、ほぼ全ての客が注文するほど。器を持っていくとテイクアウトもできる。
肉うどん 中村屋 

明治の始め頃に農耕馬を食べ始めたことにより、今でも馬肉の食文化が根付く長野県。馬刺しや煮込み料理を出すお店は県内に多くありますが、上田市では、馬肉を使った絶品うどんが有名です。そのお店が、1888年創業の〈肉うどん 中村屋〉。名物「肉うどん」は、馬肉でだしをとった濃いめのつゆと、麺の上にのせられた馬肉の煮込みが特徴です。一見シンプルな見た目ですが、柔らかい太麺に甘辛いつゆと馬肉がよく絡んでクセになり、あっという間に完食してしまうほどの逸品。上田市民なら一度は食べたことがあるお馴染みの一杯を、ぜひ試してみてください。そのほかにも市内には、味わい深いレトロなグルメスポットや街並みが点在しています。食を起点に街歩きしてみて。

肉うどん 中村屋 (にくうどん なかむらや)

住所:上田市天神1-6-6 
TEL:0268-22-2014 
営業時間:11:00〜20:00 
定休日:水休

もっと長野を楽しめるお店4軒

市民に愛される、味良し・見た目良しなご当地グルメたち。

2.漆黒のルー!カレー屋〈べんがる〉

1964年創業の洋食店〈べんがる〉(上田市中央2-4-9)の名物カレーは、漆黒のルーと濃厚な味わいが特徴。上田も舞台となっている歴史小説『真田太平記』の作家・池波正太郎も愛したお店。

3.おやつタイムは〈富士アイス〉で

おやつには〈富士アイス〉(上田市中央2-10-14)の「志゛まんやき」をぜひ。味はあんこ、カスタードクリームの2種。出来たてが食べられます。

4.天然酵母パンの先駆け店〈ルヴァン 信州上田店〉

「カンパーニュ」を中心に、小麦の風味豊かなパンが揃うパン屋〈ルヴァン 信州上田店〉(上田市中央4-7-31)。オーナーは天然酵母パンの先駆者。

5.なつかしい味わい〈みすゞ飴本舗 飯島商店 上田本店〉

上田土産に欠かせない、かわいらしいゼリー菓子「みすゞ飴」。〈みすゞ飴本舗 飯島商店 上田本店〉(上田市中央1-1-21)は、大正ロマン漂う建物にも注目。

長野県・松本市エリアのオススメも見る

One More Place

ロケ地としても有名な老舗映画館。

©2023上田映劇

100年以上の歴史を誇る〈上田映劇〉(上田市中央2-12-30)は、今も映画を上映する老舗劇場。歴史を感じる建物の造りも見応えありで、映画などのロケにも使用されています。

photo&text&edit_Arata Kobayashi

No. 1227

No.1227 『47都道府県、おいしいあの町へ』 2023年11月28日 発売号

47都道府県、あらゆる県のあらゆる町に、まだまだ私たちが知らない、おいしいものが待っています。 1県たりとも食べ逃したくない! そんな食いしん坊心で、「47都道府県・全県グルメガイド」ができました。ガイド役は、各県に暮らす食通、総勢47名。それぞれの県から1箇所ずつ、今行くべきグルメエリアをピックアップし、在住者の目線で「おいしい地元案内」を披露してもらいました。郷土料理、食堂、スイーツ、ご当地土産、B級グルメから、グルメと併せてチェックしたいアートスポットやパワースポットまで、旅の目的地はなんと合計282スポット …

もっと読む