「47都道府県グルメガイド」一覧はコチラ小川武毅 〈小川農園〉園主

おがわ・たけき/和歌山市の特産の新生姜農家〈小川農園〉の3代目園主。ほかにも西洋野菜やハーブを中心に150〜200種類の野菜を栽培し、県内の人気フレンチ・イタリアンとのつながりも深い。「いつも和歌山の食のことを考えています」と、フードイベントなどにも積極的に参加している。

1.居酒屋〈とっくり〉で獲れたての魚をいただく

湯浅町の醤油、印南町のかつお節などは、和歌山県が発祥といわれています。今では主な産地が他の地域に移ったこともあり名残は少ないかもしれませんが、和食のベースができた土地といえるかもしれません。和食と関わりの深い魚介類は、県南部の紀南エリアでよくとれますが、中でも田辺は独特。ここの港で揚がった魚は大都市などにはあまり流通せずに、ほとんどが地元でそのまま消費される。だから田辺の飲み屋街「味光路」では、どこの店も魚が格別に新鮮なんです。私は〈とっくり〉という居酒屋によく行きますが、ぜひ食べてほしいのが「モチガツオ」。水揚げして間もないうちにいただくカツオは、文字通りもちもちの食感が絶品です。田辺散策の終着点はここで決まりですね。(小川武毅さん)

刺身盛り合わせが人気の、40年以上続く酒場。写真の「モチガツオ」1,300円は、「本来は春が旬ですが、最近は10月に揚がることも」と82歳で現役の店主・小山勇さん。温かな雰囲気で酒を堪能できる。

とっくり

住所:田辺市湊11-23
TEL:0739-24-7952
営業時間:17:00〜22:30
定休日:日祝休

2.〈鈴屋 菓子店〉でゲットしたい「デラックスケーキ」

田辺で有名なお菓子が〈鈴屋 菓子店〉(田辺市湊15-11)の「デラックスケーキ」。包装紙もレトロな、ホワイトチョコのケーキです。

3.〈Tanabe en +〉で地元の特産品を選ぶ

〈Tanabe en +〉(田辺市湊41-1)はカフェなども備えた地元の交流拠点。みかんや梅など特産物を使った和歌山土産も揃えています。

4.〈観音山フルーツパーラー〉でパフェ休憩

〈産直市場よってって いなり本館〉(田辺市稲成町270-1)のカフェ〈観音山フルーツパーラー〉では、パフェなどのイートインが可能。

5.〈ボイジャーブルーイング〉でクラフトビールを楽しむ

〈ボイジャーブルーイング〉(田辺市上の山1-9-20)では、醸造スペースを一望しながら、様々な味のクラフトビールを楽しめます。

和歌山県・新宮市エリアのおすすめグルメはコチラ

One More Place
天神崎は映え人気上昇中の日本のウユニ塩湖!?

天神崎(田辺市天神崎)は、市街地に近いながらも豊かな自然が残っています。最近は、引き潮時に水面に反射してボリビアのウユニ塩湖のような景色が撮れるとSNSでも人気。

photo_Yoshiki Okamoto text & edit_Hitoshi Kura

No. 1227

No.1227 『47都道府県、おいしいあの町へ』 2023年11月28日 発売号

47都道府県、あらゆる県のあらゆる町に、まだまだ私たちが知らない、おいしいものが待っています。 1県たりとも食べ逃したくない! そんな食いしん坊心で、「47都道府県・全県グルメガイド」ができました。ガイド役は、各県に暮らす食通、総勢47名。それぞれの県から1箇所ずつ、今行くべきグルメエリアをピックアップし、在住者の目線で「おいしい地元案内」を披露してもらいました。郷土料理、食堂、スイーツ、ご当地土産、B級グルメから、グルメと併せてチェックしたいアートスポットやパワースポットまで、旅の目的地はなんと合計282スポット …

もっと読む