大自然が織りなす美しい光景は日本各地に点在します。今回は、一度は行ってみたい水辺の絶景スポットを紹介します。

【香川県三豊市】父母ヶ浜

日本のウユニ塩湖とも呼ばれる父母ヶ浜は、香川県三豊市にある、長さ約1㎞のロングビーチ。もとは地元の人が訪れる海水浴場だったが、SNSをきっかけに有名となり、現在では年間約50万人の観光客が訪れるフォトジェニックスポットとなっている。

スマートフォンでも十分に撮影できるが、プロのカメラマンによる「父母ヶ浜絶景フォト撮影プラン」も行っている。3 日前までに申し込みフォームから要予約。

干潮時にできる大きな潮だまりが〝天空の鏡〞となって上下対称に反射し、水面にシルエットが浮かび上がる。撮影のコツは、水面ギリギリにカメラを構えること。「日本の夕陽百選」にも選ばれる名所でもあり、〝瀬戸の夕凪〞と呼ばれる風のないマジックアワーは、水面が波立たず、美しい写真が撮れる。

父母ヶ浜

住所:香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3
TEL:0875-56-5880(三豊市観光交流局)

三豊市観光交流局のウェブサイトでは、「父母ヶ浜 絶景の見頃カレンダー2024」や、「本日の潮汐表」も公開している。

【大分県豊後大野市】稲積水中鍾乳洞

3億年前の古生代に地質が形成され、30万年前に起きた阿蘇火山大噴火の影響により、水に浸かったことで現在の姿となった〈稲積水中鍾乳洞〉は、日本最大の水中鍾乳洞。全長約1㎞の洞内は徒歩で探検でき、珍しい水中鍾乳石や珊瑚石などが見られるほか、スキューバダイビングで潜ることもできる。

しかし一番の特徴は、なんといってもサウナの水風呂としても利用できることだろう。95℃まで上がる高温テントサウナで体が温まったら、通年16℃の青く透き通る水風呂へダイブ!
 
ここでしか味わえない〝ととのう〞体験はいかが?

稲積水中鍾乳洞

住所:大分県豊後大野市三重町大字中津留300
TEL:0974-26-2468
営業時間:9:00〜17:00(サウナは16:00〜18:00)
定休日:無休

〈鍾乳洞資料館〉やキャンプ村、美術館などが集まり、一日楽しめる施設。サウナの利用料金は鍾乳洞入場料込みで1人6,500円(2名より受付)。

text_Chihiro Kurimoto edit_Ai Sakamoto

No. 1230

No.1230 『癒しの旅』 2024年02月28日 発売号

清潔に清められた神社で心静かな時間を過ごしたり、見たことのない絶景や、びっくりするような不思議空間に身を置いて心揺さぶられたり、はたまた癒しの達人であるかわいい動物たちに会いに、噂の動物園や水族館に遠征してみたり。日々、仕事でもプライベートでも忙しいHanako読者のみなさんに必要なのは、きっと“楽しい!”“すごーい!”“かわいい〜〜”と思える、どこまでも“癒し”を求める旅。そんな頭カラッポでゆるゆると楽しめる旅プランをあれこれご紹介しています。 森七菜さん、井上和さん&川﨑桜さん(乃木坂46)、井之脇海さん、友近 …

もっと読む