日本の伝統芸能を代表する「歌舞伎」。お休みの日は、歌舞伎鑑賞はいかが?今回は、歌舞伎の幕間や観劇後に寄りたいおしゃれなカフェや食事処をご紹介します。

1.インバウンダーの間でも話題の店〈寿月堂 銀座 歌舞伎座店〉/東銀座

濃厚 抹茶モンブランセット(ドリンク付き)1,550円(各税込)
日本茶体感コースは3,200円(要予約)。
歌舞伎座の上の屋上庭園!

江戸時代創業の老舗〈丸山海苔店〉がプロデュースする和のカフェ。目の前に日本庭園をのぞむ贅沢なロケーションで、お茶を使ったデザートやフードをいただける。玉露の試飲やほうじ茶作りを体験できる、スイーツ付きのユニークなコースは2013年の開店以来の人気メニュー。

寿月堂 銀座 歌舞伎座店

  • 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー5F
  • Phone: 03-6278-7626
  • 10:00〜18:30(18:00LO)  無休
  • 2.至福のオムライスがここに。〈喫茶YOU〉

    「オムライスランチ」1,100円

    平日でも行列ができる有名店。お目当てはフワッフワの「オムライス」だ。2種の生クリームをブレンドし優しい甘みに仕上げたオムレツには、硬めに炊いたパラパラのケチャップライスが映える。具材を玉ねぎとベーコンに絞り、口当たりを邪魔しない。オムレツもライスも、さらさらと喉を流れてゆくかのよう。黄色と赤の鮮やかなコントラストがSNSでも話題に。

    喫茶YOU

  • 東京都中央区銀座4-13-17
  • Phone: 03-6226-0482
  • 11:00〜20:00LO 無休
  • 3.大きめネタに目がハート。魅惑のばらちらし。〈FISHTAIL KITCHEN〉

    「ばらちらし」(1,500円〜)(写真の木箱入りは2,500円〜)

    店主は築地市場の元セリ人。河岸歴13年で培った目利きと人脈で仕入れる鮮魚は一級品のみ。本マグロ、カンパチなど日替わりネタ5種がぎっしり。前日までにメールで注文を。

    (Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Yuko Moriyama text : Yumiko Ikeda)

     FISHTAILKITCHEN 

  • 東京都中央区銀座2-14-20
  • Phone: なし
  • 19:00〜24:00頃(予約中心)、ランチは水木金のみ11:00〜14:00頃(売り切れじまい) 不定休
  • 4.彩り豊かな「いなり寿司 六歌仙容彩」〈白金や〉

    「いなり寿司 六歌仙容彩」6種8個入り1,500円(税込)

    ほんのりと焼き色をまとうお揚げを使った、ひと口サイズの稲荷寿司。香ばしく炒った胡麻をご飯にたっぷりまぶしたり、ほっくりと甘く炊いた栗をちりばめたり、山椒の風味が爽やかに香るものなど、6種の味わいが一箱に。小ぶりなのでパクパクとつまめる。お酒のあてにもおすすめ。

    (Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Yuko Moriyama text : Yumiko Ikeda)

    白金や

  • 東京都中央区銀座4-13-16
  • Phone: 03-3542-9090
  • 10:00〜18:00 無休
  • 5.鯛の旨みが凝縮、食べごたえ満点の「鯛釡めし弁当」〈魚や ころすけ 銀座店〉

    「鯛釡めし弁当」(1,500円)(税込)

    昨年、高麗屋三代襲名のお弁当も手がけた実力派。恵比寿に本店を構え、銀座店はランチのみ。愛媛県宇和島産の鯛を贅沢に使った名物の「鯛めし」と並ぶ人気弁当がコレ。アラでダシをとり炊いたご飯にカマ焼きがドーンとのってくる。ハラスやイクラなども入り豪華。

    (Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Yuko Moriyama text : Yumiko Ikeda)

    魚や ころすけ 銀座店

  • 東京都中央区銀座4-13-5
  • Phone: 03-4500-1738
  • 11:30〜15:30LO(注文ごとに作るので予約がベター) 不定休
  • 【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。