夫婦の時間がいらないと感じることはありませんか?家の中で夫との会話がなかったり、夫がいなくてもいいと感じたりすると、夫婦の時間がいらないのではないかとつい思ってしまうことも。

しかし、たとえ夫婦の時間がなくても、家族の時間は快適に過ごすことが大切です。そこで家族の時間を心地よく過ごす方法をご紹介します。

妻が夫婦の時間がいらない理由とは?

妻が夫婦の時間をいらないと感じる理由は、夫との関係性にあるようです。夫の行動に幻滅をして、必要ではないかもしれないと感じてしまうことも。なぜ夫婦の時間がいらないと感じるのかを考えていきましょう。

家の中での会話がない

夫と家の中で会話がない場合に、夫婦の時間がいらないと感じる妻が多いようです。さらには、夫が家にいない方が楽という声も。

妻が夫婦で話をしようとしても、夫が「疲れている」「忙しい」などしか言わず、子どもにも無関心な態度だと、会話も減ってしまうでしょう。

夫に不満がある

夫に不満を持っていることで、夫婦の時間がいらないと感じることもあります。夫への不満は人それぞれですが、家族を思いやれない自己中心的な態度に怒り心頭の妻が多いようです。

例えば、共働き世帯の場合の家事分担などで、不公平を感じて不満を覚えることもあるでしょう。

夫も夫婦の時間はいらないと感じている?

実は夫も、夫婦の時間がいらないと感じることがあるようです。その理由を知って、家族が快適に過ごせる時間をどのように作れるか考えてみましょう。

周囲と比較されてプレッシャーを感じる

妻が何気なく話す言葉に、敏感になっている夫が多いようです。例えば、妻から「友達の旦那さんが出世した」という話を聞くだけで、自分へのプレッシャーと感じてしまうことも。

比較しているつもりがなくても、夫への会話では相手への気遣いを忘れずに話した方が良さそうです。

妻の愚痴を聞きたくない

夫との会話で、つい愚痴を話していませんか?夫は妻からの愚痴を聞きたくありません。男性の脳は「問題解決脳」と言われていて、相談されたら解決策を探す傾向があるようです。

しかし、ママ友との問題や、夫の知らない分野についての愚痴は解決策が見つからず、ストレスにしかなりません。愚痴を全く言わないのも難しいかもしれませんが、夫に負担をかけない程度に話しましょう。

家族の時間を快適に過ごす方法

夫婦の時間はいらないと感じていても、家族で過ごす時間は大切にしたいですよね。そこで、家族が快適に過ごせるために、夫婦がほどよい距離感を保って仲良くいられるような方法を考えてみましょう。

夫婦それぞれの自由な時間を作る

夫婦それぞれ、自分の趣味に費やしたり友人と会ったりする自由な時間を作ることも大切です。一人の時間を持ってリフレッシュすることで、家族の時間を大切にできます。

お互いに自由な時間を持つために、子どもの世話に協力する体制作りを話し合ってみると良いでしょう。

一緒においしいものを食べてみる

人は一緒に食事をすることで、ポジティブな感情になるといわれています。夫婦がお互いに上手くいっていないと思い続けることは、家族の仲をギスギスさせてしまうことにつながります。

そこで、夫と円満な関係でいられるために、一緒に美味しいものを食べるという習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

夫婦で話し合って快適な生活をおくろう

夫婦の時間が少なく、二人の関係がうまくいっていないと感じたら、まず家族が快適に過ごせる方法はないか話し合ってみましょう。話すことで、お互いの気持ちを分かり合えることもあります。家族の時間を快適に過ごせる方法を見つけてみてくださいね。