子どもがいて離婚をすることになった場合、父親より母親に親権がわたることの方が多いといわれています。しかし、自分が親権を取って子どもを育てていきたいと考える父親も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、親権がどのように決まるのか、また親権が父親にわたりやすくなる条件や、その親権を父親が取った場合に誰が養育費を払うのかについて紹介します。

親権はどうやって決まるの?

まずは当事者である夫婦が話し合い、どちらが親権を取るのかを検討します。一度親権者が決まった後は、子どもが慣れ親しんだ環境を変えることになるため簡単には変更ができません。また、このとき話し合いで決まらない場合は、調停や裁判所が子どもの幸せを基準に親権者を決定します。自分が親権を持ちたいと思うのであれば、最初から強い意志を持ってしっかりと進めていくことが重要です。

親権が父親にわたりやすくなる条件は?

一般的に親権争いには母親が有利だといわれています。しかし、父親が親権を取るケースもないわけではありません。ここでは、父親に親権がわたるにはどんな材料が必要なのかを見ていきます。

子どもの養育環境が整っている

父親が親権を取りにくい理由として、一般的に仕事に費やす時間が多く、子どものための時間を取りづらいことが挙げられます。そのため、職場内に保育施設が整っていたり、自分の両親や親族などが子どもの養育をサポートしてくれたりする場合は、親権獲得に向けてプラスに働くことがあるようです。

離婚後の経済状況

子どものために離婚前と変わらない生活環境を維持できる経済状況であれば、それはアピールできると考えてよいでしょう。ただ、お金の面だけでなく、子どもと一緒に過ごせる時間についても考慮されるので、経済状況を維持するために朝から晩まで働き詰めというのは問題です。経済状況と養育環境はセットで考えるほうがよいでしょう。

母親側に問題がある証拠が残っている

子どもへの虐待やネグレクト、また子どもを置いて家出をしたことがあるなど、母親側に問題がある場合も父親が親権をとりやすくなります。また子どもを安心して任せられないという理由から、母親がギャンブル依存症やアルコール依存症である場合なども養育者として不適任だと判断されます。これに当てはまる場合は、証明できるように証拠を残しておきましょう。

親権が父親にわたると誰が養育費を払うの?

養育費は父親が払うというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。ここでは、親権が父親にわたった場合に、誰が養育費を払うのかを説明します。

そもそも養育費とは?

養育費とは、「未成年の子どもを引き取って育てる親が、引き取らない親に対して請求する、子どもが生活するために必要な費用」です。子どもが成人するまでに衣食住にかかるお金のほか、医療費や教育費、そして小遣いなども含まれます。

養育費の支払義務に男女の差はない

一般的に母親が親権を取ることが多いため、養育費は父親が支払うというイメージを持つ人が多いかもしれません。しかし、養育費の支払い義務に男女の差はありません。親権が父親にわたった場合、養育費を払うのは母親となります。

詳細を決めたら文書に残そう

夫婦の話し合いで養育費支払いの詳細が決まったら、必ず文書に残しておきましょう。金額はもちろん、支払日や支払期限などすべて記載しておくとよいでしょう。離婚後は他人になるわけですから、後々言った言わないのトラブルを防ぐためにも、話し合いの結果を記録として残しておくことは重要です。

親権争いで重視されるのは子どもの幸せ

子どもの親権は、特別な問題がない場合は母親が有利になることが多いです。しかしもちろん、父親にも経済力があることや周りのサポートなどにより、親権を得られるチャンスがないわけではありません。親権争いで最も重視されるのは「子どもの幸せ」であることを忘れずに、落ち着いて準備を進めていきましょう。