一定の周期を保って分泌量のバランスを保つ女性ホルモンですが、日常のちょっとしたことでバランスを崩してしまいがちです。

乱れた女性ホルモンは生理周期にも影響を及ぼし、なかには生理不順や無月経など女性特有の問題を引き起こすことも。

そこで今回は、女性ホルモンと生理の関係性について詳しく解説します。

そもそも女性ホルモンとは?

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類のホルモンが存在します。それぞれの特徴を見ていきましょう。

エストロゲン

卵胞ホルモンといわれるエストロゲンは、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を整える働きをしてくれます。簡単にいうと、エストロゲンは妊娠しやすい体をつくってくれているのです。

また、コラーゲンの生成を促してハリや潤いを維持したり、女性らしい丸みのある体つきにしてくれたりなど、女性の体を細部までサポートしてくれているのが大きな特徴。

プロゲステロン

黄体ホルモンといわれるプロゲステロンは、妊娠の継続をサポートする働きをしてくれます。子宮内膜で受精卵が着床した時に活躍してくれる女性ホルモンで、体の体温を上げてくれたり血管を拡張させて骨盤内に血液をためたりなど、さまざまな役割を担っているのです。

ただ一方で、プロゲステロンの分泌量が増えると、うつ状態になったり血糖値を下げたりなど体に不調が出ることでも知られています。

女性ホルモンと生理の関係性は?

生理周期に合わせて分泌する女性ホルモンですが、何らかの理由で女性ホルモンが崩れると生理周期が安定せずに生理のリズムが乱れてしまうこともあります。

最悪の場合、生理不順や無月経を起こして結果的に不妊につながることもあるようです。それだけ生理は女性ホルモンに影響を受けていることがわかります。

乱れた女性ホルモンを整える方法

ストレスや睡眠不足など、さまざまなことで女性ホルモンは乱れてしまいがちです。そこで、乱れた女性ホルモンを整える方法を紹介します。

睡眠の質を上げる

近年は女性の社会進出も著しいため、毎日の睡眠時間が不規則になっている女性も多いでしょう。しかし、睡眠不足になると自律神経が乱れてしまうので女性ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

寝る前に携帯を見るのを避けたりリラックスできる環境を整えたりして、睡眠の質を上げることを意識してみましょう。

適度に体を動かす

女性ホルモンを整えるには、適度に体を動かして体全体の血行を良くすることが大切です。なぜなら、女性ホルモンは卵巣で作られているため、全身の血行を良くすることで栄養をたっぷり含んだ新鮮な血液を卵巣に送り込むことができるからです。

特にデスクワークの人は同じ体勢でいることも多いので血行が滞りがちです。1時間に1回は体を動かすなど適度な運動を心がけましょう。

生活習慣を見直して女性ホルモンを整えよう!

睡眠不足や運動不足など生活習慣の乱れは、女性ホルモンの分泌量に大きく関わってきます。そんな状況が続くと、生理不順や無月経など生理にも悪影響を及ぼすことも。

もし生理周期に乱れがあるなら、まずは生活習慣を改善することから始めてみましょう。