女性の体づくりや妊娠に欠かせない女性ホルモンですが、閉経後はその分泌がなくなるとよくいわれます。

ただ、実際のところ本当に女性ホルモンがなくなるのか、その真偽を知らない人も多いでしょう。そこで今回は、閉経後の女性ホルモンについて解説します。

閉経とは?閉経後の女性ホルモンは?

閉経とは、永久的に月経がなくなることです。しかし、閉経を迎えた頃は月経が停止したのか判断が難しいこともあり、無月経が1年間続いたときに「閉経」と正式に判定されることが一般的です。

年齢は50歳前後がほとんどですが、なかには50代後半まで月経が続く人も。閉経を迎えると卵巣からの女性ホルモンの分泌はなくなるため、女性ホルモンのサポートがない状態で余生を送ることになるのです。

閉経に備えた女性ホルモンの整え方

閉経を迎えると女性ホルモンの分泌はなくなるため心身ともに影響が出ることも。そこで、閉経に向けて女性ホルモンを整える方法を紹介します。

サプリメントを摂取する

手軽に女性ホルモンを整えたいなら、サプリメントがおすすめです。たとえば、女性ホルモンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンや大豆と同じ成分を含有するレッドクローバーなどがあります。

余裕があるのであれば、大豆製品を献立に取り入れるなど食生活から改善するのが一番ですが、仕事や家事などで時間がない人も多いでしょう。そんな人は、隙間時間にサッと飲めるサプリメントで女性ホルモンを整えましょう。

女性ホルモンを補充する注射をする

閉経が近づくと徐々に卵巣の働きが低下し始め、それに伴い女性ホルモンの分泌量が急激に低下します。その変化に体がついていかずに不眠や頭痛などの症状を発症することも。

そのため、閉経前に女性ホルモンを補充する注射を打つことがおすすめです。ホルモン補充療法と呼ばれるもので、必要最低限のホルモンを補充して、閉経後の体に適合するための環境を整えられます。

閉経後の体のケアはどうすればいい?

今まで女性ホルモンのサポートを受けていた女性の体は、閉経後にさまざまな変化が起こります。なかには更年期障害でイライラやうつ病に悩まされる人も。そこで、閉経後の体のケアについて紹介します。

まずは無理をしないこと

閉経が近づいてくると女性ホルモンの分泌が減少するため、体調不良に悩まされることも多くなるかもしれません。

責任感の強い人であれば、無理をしてでも出勤したり家事をしたりと何とか乗り切ろうとすることも多いです。ただ、自分で見ないようにしていても体に大きな負担がかかっていることは間違いありません。

無理をして体調を大きく崩してしまっては何も良いことはないので、夫にサポートをお願いしたり休養をとったりして体を休めてあげましょう。

自分の体の声に耳を傾ける

女性の心と体は、女性ホルモンの影響を大きく受けています。そのため、自分の体の声に耳を傾けることはとても大切です。

たとえば、気分が優れないときは家事や子どもの世話は夫に任せてゆっくり過ごしたり、イライラするときは早めに就寝したりするのも良いでしょう。

体が何を求めているのか、それを理解しようとするだけでも十分に体や心のケアになっています。

気になるときは産婦人科に相談しよう

閉経が近くなると女性ホルモンの分泌が急激に低下するので、心や体にもさまざまな変化が訪れます。しかし、閉経後はそんな自分の体と向き合っていかなければいけません。

そのため、少しでも辛いと感じることがあるのであれば、決して無理はせずに夫や家族に頼ること。そして、気になることがあるときは産婦人科に相談しましょう!