12月になると、そろそろ大掃除について考え始めるという人も多いのではないでしょうか。あそこもここも、今年は掃除したい場所がいっぱいあるな〜なんて考えていたのに、いざその日になると何をしていいかわからないという人もいらっしゃるかもしれません。この記事では大掃除に失敗しないためのコツや、あると便利なアイテムをご紹介します。

事前準備できる者が大掃除を制する!

さて、みんなさんはどのように大掃除を始めますか? プランや時間割、役割分担を決めてから始める人、特に順番を決めず気になっていた場所を掃除する人など、さまざまではないでしょうか。

大掃除は、普段はしない場所を徹底的にきれいにする日でもあります。思いついた場所から掃除をして、その都度道具を準備しているのでは年を越してしまう可能性も。

大掃除を失敗なく終えるためには、細かなプラン立てやアイテムを準備しておく必要があります。

まずはスケジュールを立てよう!

大掃除は、掃除当日以外に、掃除道具の準備や持ち物の整理などにも時間がかかるもの。全部を当日に行うのは難しいので、掃除のスケジュールだけではなく、準備段階からの細々としたスケジュールを立てておくといいでしょう。

持ち物の整理(不用品といる物の仕分け)をする日、不用品を処分する日(ゴミの日をチェック!)、どの掃除場所をどの日にするかなどを、紙や手帳、アプリやスマホのメモなどに書いて整理しておくと便利です。

スケジュールは、可能であれば大掃除をする日の1ヶ月くらい前から考えると 。掃除する場所や用意しておきたいアイテム、不用品の処分が漏れなくできて、大掃除のイメージトレーニングにもなりますよ。

細かなプラン立てで時間を有効に!

次にしたいのは、大掃除の時間配分や段取り、順序などの細かなプランを立てること。日付、掃除場所、内容、掃除をする時間、必要な道具、もし家族で分担するなら担当者などを決めておくと掃除がスムーズになります。

仕事や年末年始の準備で十分な時間が確保できないという人も多いかもしれませんが、大掃除は午前中の早い時間に始めるのがおすすめです。午後になると、風通しや日光の関係で、掃除がしづらくなることがあります。

大掃除は1日でやるという決まりはないので、自分や家族のスケジュールにあわせて、この日はここ、次の週はあそこというふうに分けてするのも可能です。

上から下、奥から手前でおうちをきれいに

大掃除に限らず、掃除は上から下、奥から手前に進んでいくようにしましょう。この考えをもとに、スケジュールやプランを立てると、きれいにした場所を再び汚さずに掃除できますよ。

あると便利な大掃除アイテム5選

1. 重曹

生ゴミや油の汚れに強い重曹。近年、ナチュラル系の掃除アイテムとしても注目されています。スーパーやホームセンターなどで購入できるので、なくなっても補充しやすいアイテムです。

粉末のまま置いておくと、消臭剤としての効果も発揮! 普段の生活の中でも使えるので、常にストックしておくことをおすすめします。

2. クエン酸

こちらも、スーパーやホームセンター、ドラッグストアで購入できるアイテムです。水垢やトイレの黄ばみに効果てき面! 粉末のままでの使用も可能ですが、水に溶かしてスプレーにするとより使いやすさがアップしますよ。

3. お酢

お酢は、毎日のお料理に欠かせない調味料ですが、掃除アイテムとしても使えます。こちらもクエン酸と似た効果があり、お風呂やトイレなどの水周りの汚れに効果があります。すでにキッチンにあるというご家庭も多いと思うので、気軽に使ってみましょう。

4. 使い終わった歯ブラシ

ブラシ系の掃除アイテムは、細かな汚れを落とすのに使うことができます。掃除専用の新品のブラシも効果的ですが、使い終わった古い歯ブラシを再利用するとコスト的に 。大掃除前は、古い歯ブラシをいくつか残しておくようにしましょう。

5. メラミンスポンジ

メラミンスポンジは、最近流行している掃除アイテム。白いスポンジで、水に濡らして汚れをこするだけできれいにすることができます。研磨剤のような効果があるので、使えない場所や部品も。初めて使うという人は、その点は注意して使用してください。

難しいところはプロに頼むのも

自分でやるのはちょっと難しいかも。そんな場所がある場合は、掃除代行やプロの掃除業者に任せてしまうのも手段のひとつです。少しお金はかかるかもしれませんが、しっかりとした掃除をしてくれること間違いありません

すてきな1年が始められるように、大掃除は計画的にしてみましょう。