昨今、しばしば話題にのぼる「発達障害」とは、「知的障害」や「精神障害」とどう違うのでしょうか。また、それぞれの障害が分かる時期や遺伝の有無、どのような支援が受けられるのかについて解説します。

知的障害は発達障害のひとつ

発達障害とは、脳の先天的な機能障害により、おおよそ18歳までの「発達期」と呼ばれる時期に日常生活や社会生活などに何らかの障害が見られる状態のことです。 知的障害も発達障害のひとつで、その他にも、コミュニケーション障害や学習障害などの種類があります。

知的障害の主な原因

知的障害は脳の先天的な障害なので、基本的にしつけや環境などの後天的な理由によって起こることはありません。 知的障害が起こる主な原因としては、ダウン症候群と胎児性アルコール症候群、脆弱X症候群が挙げられます。

なお、胎児性アルコール症候群は、妊娠中の母親の飲酒によって引き起こされるため、妊娠中は時期に関わらず飲酒は控えましょう。

発達障害は成人後に分かることもある

発達障害は知的障害を伴わないものもあるため、気付きにくいケースも少なくありません。例えばコミュニケーション障害は、単に人見知りなのかどうか判別しにくいこともあり、中高生になってから診断されることもあります。

精神障害は後天的要因が多い

発達障害や知的障害とは異なり、精神障害は後天的な要因から生じることが多いです。

例えば、継続的に強いストレスを受けることで、精神障害のひとつである「うつ病」を発症することがあります。 人生において何らかの理由で気分が落ち込むことがありますが、うつ病は単なる「気分の落ち込み」とは異なり、脳の機能全体が落ち込み、体重減少や眠気などの身体的症状が出ることも少なくありません。

知的障害・発達障害は遺伝する?

知的障害や発達障害は、染色体異常や先天代謝異常などの様々な原因から引き起こされることがあります。しかし、遺伝的要素によって知的障害・発達障害が必ずしも起こるというわけではなく、遺伝によるものもあれば、突然変異的な異常によるものも少なくありません。

また、親が知的障害・発達障害につながる遺伝的要素を持っているとしても、必ず子供に遺伝するわけではなく、たとえ遺伝したとしても症状として発現するわけでもないため、遺伝するとは言い切れないでしょう。

知的障害・発達障害の判断はどこでする?

知的障害や発達障害かどうかは、自己判断は危険です。必ず病院で相談し、必要に応じて検査を受けるなどして専門家に判断してもらうようにしましょう。

知的障害・発達障害の支援

知的障害や発達障害であることが分かったときは、自治体や国の支援を受けられることがあります。お住まいの地域の「発達障害者センター」や「障害者センター」に相談し、必要な支援を受けるようにしましょう。

気になる点は保健所・病院で専門家に相談

知的障害や発達障害が疑われるとき、また、気になる点があるときは、保健所や病院で専門家に相談するようにしましょう。適切な支援や療育を受けることで、適応能力を高め、生きやすさを向上できることがあります。