良好な関係を築きたいのに、子どもと会うと喧嘩になってしまう…こんな悩みを抱える親も多いでしょう。ただ、子どもと良い関係を築くには、どう対応すればいいのかわからないですよね。

そこで今回は、子どもが敬遠する親の特徴を説明しつつ、親子関係を修復する方法を深掘り解説します。

親子関係がうまくいかない理由

親子関係がうまくいかない理由は、さまざまなことが考えられます。例えば、子どもの思春期が影響したり、再婚や離婚などで環境に変化があったりするでしょう。

しかし、親子関係がうまくいかない理由は、いつも子ども側にあるわけではないようです。親の行動や考え方が、親子関係を悪化させる原因になっているケースもあります。

子どもが敬遠する親の特徴

では、親子関係を悪化させる親の行動や考え方とはどのようなことなのでしょうか。子どもが敬遠する親の特徴を、チェックしてみましょう。

親の威厳を振りかざす

子どもと接するときに「言うことを聞きなさい!」など、親の威厳を振りかざしていませんか?親の威厳を盾にして、子どもの意見をねじ伏せるのはよくありません。

威厳を振りかざす親だと、子どもは「自分の意見は聞いてくれない」と感じて反抗的な態度を取るようになるでしょう。

共働き両親で常にイライラしている

近年は女性の社会進出も著しいので、共働きの夫婦も少なくありません。ただ、仕事が終わり帰宅しても家事や育児に追われ、イライラすることも多いのではないでしょうか。

親がイライラすると子どもにもその感情が伝染してしまうので、少しのことで喧嘩に発展することも多いようです。

いつも世間体を気にしている

いつも世間体ばかり気にしている人は、子どもから敬遠される親の特徴です。常に、周りの目を気にしているので愚痴も多くなりがち。そのため、子どもはそんな親を尊敬できないのでしょう。

結果的に「親と同じようになりたくない!」という気持ちが高まり、反抗的な態度を取るようになります。

親子関係を修復する方法

ここからは、悪化した親子関係を修復する方法を紹介します。行動や考え方を変えれば、徐々に親子関係も修復されていくので粘り強く取り組んでみましょう。

子どもの気持ちや考えを聞いてあげる

親子関係を良くするには、子どもの気持ちや考えをしっかり聞いてあげることが大切です。そして、親の価値観を一方的に押し付けるのはよくありません。

子どものためを思って言いたくなる気持ちもわかりますが、まずは子どもの気持ちを聞くことを最優先にしましょう。自分の気持ちを尊重してくれる親に対して、子どもは自然に心を開くようになるので親子関係も改善されるでしょう。

普段からコミュニケーションを取る

普段から子どもと、コミュニケーションを取る時間を作りましょう。共働き夫婦の場合は仕事や家事の両立が手一杯で、子どもに向き合う時間がほとんどない親も少なくありません。

それでは、子どもが今どんなことに関心がありどんな悩みを抱えているのか知ることはできないでしょう。子どもの気持ちを知る良い機会にもなるため、積極的に会話することが望ましいのです。

まずは子どもとの信頼関係を築こう!

親子関係に悩みを抱える人は、子どもとの信頼関係を築けていないことがほとんどです。そのため、子どもとたくさん会話をして信頼関係を築くことから始めましょう。

信頼関係を築くことができれば、お互いの価値観や考え方を尊重できる良い親子関係になれるはずです。