生まれた赤ちゃんの名前を親族に披露する命名式。命名式は子供が生まれてから7日目に行うお七夜でとり行うのが一般的ですが、詳しいやり方を知る人は少ないでしょう。

そこで今回は命名式について、詳しい行い方を解説します。

命名式とは?いつ行う?

命名式とは、生まれた子供の名前を命名書に書き、親族に披露する儀式のことです。いつ行うのかも見てみましょう。

命名式はお七夜に行う式

まだ医学が発達していない時代、赤ちゃんの生存率は非常に低いものでした。そのため、生まれてから無事に7日目を迎えられたことを祝う行事としてお七夜ができたのです。

命名式はお七夜の際に行うのが一般的とされます。しかし、出産から7日目は母子が病院を退院するころであり、親族が大勢集まると負担になりかねません。そのため、お七夜自体を7日目以降に行ったり、命名式のみ後から行ったりすることも珍しくないのです。

命名式・お七夜のやり方

ここでは命名式とお七夜の詳しいとり行い方をご紹介します。命名式で書く「命名書」の書き方も解説しますので、参考にしてみてくださいね。

命名式のやり方と作法

命名式はお七夜で最初に行う儀式です。命名書に赤ちゃんの名前を書き、集まった親族へ披露し、続いて名付け親の紹介をします。

命名書を披露する際は、神棚や床の間に飾り、家の守り神様にも赤ちゃんが生まれたことを報告します。その際、お神酒など神様への捧げものも忘れないようにしましょう。

最近では、命名式の際に記念として写真を撮る人も少なくありません。写真は食事の前に撮影し、その後お七夜の祝い膳を囲んでお祝いをする食事会へ移りましょう。

命名書の書き方は2種類ある

命名書には「正式」「略式」の2種類があり、それぞれ書き方が異なります。

正式の書き方

正式の書き方は以下の流れです。

1.奉書紙をツルツルした面を外側にして、縦半分に折る

2.折り目を下にして縦に三つ折りにする

3.三つ折りを開き、中央部分に右から「父親の名前と続柄(長男など)」、「子供の名前(大きめに)」「生まれた日」を書く

4.左部分に右から「命名日」、「名付け親の姓名」を書く

5.右部分に「命名」と書き、左、右の順で三つ折りにたたむ

6.別の奉書紙の中央に命名書を置いて包むように折りたたみ、表面に「命名」と書く

略式の書き方

略式の場合は、正式の3の部分に母親の名前を加え、命名書半紙の中央に書いて完成です。ほかにも、記念として子供の身長や体重などを書きこむのも良いでしょう。

命名式は赤ちゃんの名前を披露する儀式

赤ちゃんの名前を親族へ披露し、家族に新たな一員が加わったことを祝う命名式。命名式は子供が生まれてから7日目を無事に迎えられたことを祝うお七夜の最初に行います。

命名式では命名書を書きますが、書き方には決まりがあるので、ぜひ今回ご紹介した書き方を参考にしてみてくださいね。