寒くなると、部屋を暖めるのに暖房が必要になってきます。しかし赤ちゃんがいる家庭だと、赤ちゃんへの暖房の影響や適切な温度などに悩んでしまうこともあるでしょう。使用時に気を付けることなども併せてご紹介します。

赤ちゃんに対する暖房器具はエアコンがおすすめ

暖房器具と言っても色々な種類のものがあります。特に赤ちゃんのいる家庭では、赤ちゃんが快適な温度を保つことが求められます。そこで、特に赤ちゃんのいる家庭でおすすめの暖房器具がエアコンです。

エアコンは、暖房器具の中でも部屋全体の温度を均等にしてくれる暖房器具です。動き回るような赤ちゃんがいる場合、部屋全体を暖めてくれるエアコンが好ましいでしょう。

エアコンの設置場所は高いため、赤ちゃんが触ることもなく火傷の心配もありません。湿度はもちろん、風の方向などの調整も可能なので赤ちゃんがいる家庭では重宝できるでしょう。

暖房を使うことによるメリットって?

暖房を使うことにはいくつかのメリットがあります。赤ちゃんにとって快適な環境を作る上で、暖房にどのようなメリットがあるのかを知っておくと、暖房器具選びをより楽にすることができるでしょう。

部屋全体を暖める効果がある

こたつや床暖房だけ使用した場合、暖まる部分が限定されてしまいます。対象エリア以外は寒く感じてしまうでしょう。エアコンの場合は一部分を暖めるのではなく、部屋全体を均等に暖められます。

ランニングコストが安い製品も

石油ファンヒーターは、ランニングコストも圧倒的に安いというのが魅力です。最近ではエアコンや床暖房など他の暖房器具に頼っている家庭も多いのですが、群を抜いてランニングコストが安いのは石油ファンヒーターなどの暖房です。費用面も重視したい家庭には適していると言えます。

月々にかかる電気料金を抑えることができる

エアコンや床暖房など、使用する暖房器具によっては電気代がかかります。日々の生活で使用する他の電気使用量と合わせると、電気を使用する暖房器具の場合は通常の電気料金よりも想像以上に高くなることもあるでしょう。電気代を高くしたくないという場合は、電気を使用しない暖房を選ぶという方法が有効です。

赤ちゃんに対して暖房を使用するにあたっての注意点

寒い日はただ部屋の中をひたすら暖めれば良いというものではありません。赤ちゃんにとって安全に使用するためにいくつかの注意点を把握しておく必要があります。

赤ちゃんに最適な温度(適温)は?

赤ちゃんは大人と比較すると新陳代謝が活発です。大人の適温に合わせていると、赤ちゃんは暑く感じてしまうこともあるので気を付けましょう。
赤ちゃんの冬の室温の適した温度は大体20度〜23度程度です。赤ちゃんの着ている服によっても変わるので、こまめに汗をかいていないか確認してあげましょう。

赤ちゃんは特に乾燥に注意!

部屋の湿度が低くなり、乾燥している状態になってしまうとウイルスが活発になる環境を作ってしまいます。さらに乾燥状態だと目と喉と皮膚の免疫が下がってしまうとも言われています。その結果感染症にかかる可能性も高くなってしまうので注意しましょう。

加湿や換気について

暖房を使用することによって空気が乾燥してしまう場合は、加湿器を使用して適切な湿度に調整する必要があります。また使用する暖房の種類によっては、排気が出るため換気が必要になります。必要な場合は、定期的に換気をしましょう。

赤ちゃんに対して暖房は効果的

赤ちゃんの健康を守るためにも、冬は暖房を上手く使って適度な温度の空間を作ってあげることが大切です。使用する暖房器具によっても注意するポイントも変わってくるのでそれをおさえつつ上手に暖房を使用していきましょう。