あなたの家庭はどちらが家計の管理をしていますか?夫が財布の紐を握っていると「自由に使えるお金がない!」とストレスがたまるものです。超低金利時代だけに、賢くお金をためたい、そんなお金の悩みを抱える方に家計管理の上手なコツをご紹介します。

夫が管理をするメリット・デメリットとは

夫が家計を管理することで生まれるメリットはさまざまです。しかし、「自由になるお金がない」「夫にお金を持たせておくと浮気が心配」など、夫の家計管理に対してなんらかのストレスを感じている女性も少なくありません。そんな、夫が管理する際のメリット・デメリットをまとめました。

夫が管理をするメリット

夫に家計の管理を任せて「正解!」「安心できる」との意見も少数ながら見られます。男性が財布の紐を握るとどんなメリットがあるのか、一緒に見ていきましょう。

生活費の流れを理解してくれる

生活費には店舗で直接払う食費などのほかに、口座から自動引き落としされるクレジットカード代や光熱費なども含まれます。引き落とし先を夫の口座に指定している家庭が多く、夫の方が妻よりも生活費の流れを正確に判断できるというメリットがあります。

また独身時代は浪費家だった男性も、一家の大黒柱となって家計管理を担当する中で、住宅資金や教育資金の確保のために節約意識が高まる点も長所です。

夫が管理をするデメリット

夫に家計管理を任せたことで、自分でやっていたときよりもお金に対するストレスや不満が増えたとの声も度々耳にします。デメリットについても併せて確認しましょう。

夫の給料など細かい金額が把握できなくなる

夫に家計の管理を全面的に任せている場合、月収や所得額を妻が知らないままという家庭も多く、預貯金が全くなかったという危険性も考えられます。

しかし、突然妻が家計管理をした所で、食費、光熱費、教育費などにどのくらいのお金がかかるのか、細かく把握できていないと厳しいです。万が一のことを考えると、妻と夫の両方で管理した方が安心できます。

夫の家計管理によって発生するストレスとは

結婚を予定している女性の多くは、自分が財布の紐を握りたいと考えている一方で、家計管理をする自信がないから夫にお願いしたいと思っている方もいるでしょう。

しかし、夫に任せるという判断が幸せな結婚生活に支障を来たす原因になるかもしれません。そこで、主婦たちのリアルな意見を参考に、夫の家計管理によるストレスの実態を一緒にチェックしていきましょう。

家計について口出しをしてくる

夫が家計を管理するようになってから、友達とランチに行く金銭的な余裕がなくなった、コスメなどにまわせるお金が欲しい、などの精神的なきつさを挙げる声が多数聞かれます。家計管理を夫に委ねる前に、本当に任せていいのか、ご自身の心の中で再確認しましょう。

家計管理にもコツがある

老後には年金の不足分をカバーするために2,000万円もの貯蓄が必要だとされていますし、住宅ローン、教育費とお金の悩みは尽きません。

しかし、しっかり家計管理を行えば、資産を築いて将来の出費に備えられ、お金が原因の夫婦間のトラブルもなくなります。そこで、賢い家計管理のコツについて詳しく解説します。

夫婦で話し合い基本ルールを決める

現在のお金の流れだけを把握して、稼いだ金額を全て月々の生活費にしてしまうと、将来に向けた貯蓄ができません。出産、教育、マイホームの購入などのライフプランをしっかり立てて、夫婦で目標に向けて家計管理をすることが大切です。

ただし、将来の目的ばかり考えて夫・妻双方ともに自由になる小遣いがないと、精神的にギスギスして最終的に離婚に至ることも考えられます。生活費と夫・妻の小遣いをきちんと分けることで、無駄遣いを防ぎ、いい夫婦関係を築きながら資産を増やせるでしょう。

毎月の金額を具体的に決めておく

普段からルーズに家計を管理していると、病気などで働けなくなった時や大きな出費が重なった時に大変なことになってしまいます。夫婦2人の世帯は給料の60%を、子供がいる世帯は収入の70%を目安に生活費を設定し、残りは貯蓄にまわすようにしましょう。

ストレスのない家計管理をしよう

あらかじめ明確な線引きを行わず、夫に財布の紐を握らせてしまうと、ストレスから夫婦不仲になってしまうリスクも考えられます。末長く現在のパートナーやお子さんと楽しい家庭を築いていくためにも、双方にとってストレスのない家計管理の方法をじっくり話し合ってみることが大切です。