この記事では、冬場のテレワークや家事の合間に楽しめる、ホットドリンクの簡単レシピをご紹介します。材料はおうちにあるものでOKなので、これを読んだらすぐ作ることができますよ

特別な材料は一切なし! 簡単ホットドリンクの作り方をご紹介

寒い日のほっといひと息に欠かせないのが、おいしいホットドリンク。コーヒーやココア、紅茶などのホットドリンクは定番ですが、毎日飲み続けていると飽きてしまいますよね。そんなときは、既存のドリンクにちょっとひと手間かけてみませんか?

1. 大豆を堪能!「豆乳きな粉ドリンク」

材料(1カップ分):豆乳200ml、きな粉大さじ4杯、はちみつ大さじ1杯

大豆生まれの食材を合わせて作る、簡単レシピ。温めた豆乳に、きな粉とはちみつを入れるだけなので、とても手軽です。豆乳もきな粉も美容、健康にいいとされているので、どちらも気を遣いたいママにとってはもってこいのドリンクですよ。

お正月に余ったきな粉がある人は、ぜひ作ってみてください

2. ほんのり甘い「ホットピーナッツバターミルク」

材料(1カップ分):牛乳200ml、ピーナッツバター大さじ1杯

牛乳とピーナッツバターを鍋か電子レンジで温めるだけ。ピーナッツバターを使うと、お砂糖やはちみつよりも、ほんのりとした甘い風味に仕上がるのが特徴です。また、ピーナッツの香ばしさがクセになるので、リピート間違いなし!

3. 体が芯から温まる!「ホットハニージンジャー」

材料(1カップ分):すりおろしょうが 小さじ1杯、はちみつ 小さじ4杯、レモン汁 小さじ1杯、お湯 200ml

冬といえば、しょうがを使ったお料理やお菓子、ドリンクなどがおいしいですよね。こちらも鍋に材料を全部入れて温めるだけなので、作り方はとっても簡単です。

しょうがはチューブのもの、レモン汁は市販のものでOK! これならすでに冷蔵庫にあるというご家庭も多いはず。コーヒーやココアなどとは違う、さっぱりとした後味が楽しめます。

4. まろやかさとコクがアップ!「バターココア」

材料(1カップ分):ココア 小さじ2杯、牛乳 200ml、バター 5g砂糖 適量

大人も子供も大好きなホットドリンクといえば、ココア。普通に飲むのもいいですが、ちょっとひと手間加えてみませんか?

用意するのは、なんとバター! 牛乳を電子レンジで温めたら、そこにココアを入れて混ぜます。最後にバターを入れて溶かしたら完成です。

バターの塩気とコクが、ココアの甘味を引き立ててくれますよ。

5. 簡単大人アレンジ。「スパイスコーヒー」

材料(ワンカップ分)コーヒー 1杯、シナモンスティック 1本

スパイスコーヒーは、シナモンやカルダモン、ペッパーなどを組み合わせて作るコーヒーなのですが、普段スパイスを使わないというご家庭では、全部を揃えるのは大変ですよね。そんなときは比較的常備されていることが多く、ほかのお料理にも使いやすいシナモンスティックを使ってみましょう。

作り方はとっても簡単! 熱く淹れたコーヒーをシナモンスティックで混ぜるだけ  シナモンの香りがコーヒーに移って、おしゃれな味わいになります。ひと晩コーヒーに漬け込んだり、ペーパーフィルターの中にシナモンスティックを入れてコーヒーを抽出したりする方法もおすすめです。

簡単ホットドリンクで、おうち時間を豊かにしよう

去年から増えたおうち時間。仕事とリラックスタイムの境界線が曖昧になっていることに悩んでいる人も多いのではないでしょうか? この記事で紹介したホットドリンクレシピは、どれも簡単なものばかりなので、すぐに再現できますよ。おいしいホットドリンクで、おうち時間のオンオフを切り替えましょう。