海外発のマインドワーク“モーニングページ”。 毎朝ノートに思い浮かんだことを書くだけで、自分の夢や理想に近づけるというもの。ママになってから、自分がどんな夢や目標持っていたか忘れてしまったという人は、ぜひ毎日のルーティンにしてみませんか?

この記事では、子育てや仕事に忙しいママにこそ取り入れてほしい、モーニングページの書き方やメリットなどを解説します。

モーニングページとは?

モーニングページは、その名の通り、朝、思いついたことをノートに書き込むジャーナリングのことを指します。まだ何も考えていない、起き抜けの状態でペンを走らせることで、自分の素直な気持ちや、普段から思っていること、考えていること、目標、夢などを知ることができます。

自分の内なる思いを可視化すると、理想の自分に近づくための行動が起こしやすく、夢や目標に近づきやすくなる効果があると言われているんです。

モーニングページに使うアイテム

モーニングページを始めるときに使うのが、ノートとペン。初心者さんは大きすぎないA5から下のサイズものを用意しましょう。あとはペンや鉛筆など、自分が書きやすい筆記用具があればOKです。

使っていなかったり、書きかけのノートを使ってもいいですし、100均で買い揃えることができるアイテムばかりなので、思い立ったらすぐに始められますよ。

モーニングページの書き方

1. できるだけ朝起きてすぐ!

理想は、朝起きてすぐ書くこと。まだその日について何も考えていない状態で書くことで、まっさらで正直な気持ちや願いを書き出すことができますよ。

2. 手書き

モーニングページは、できるだけ手書きで書くようにしましょう。パソコンやスマホを使うと、書いた文章を削除しやすく、書き直すことが簡単にできてしまいます。そう、モーニングページは書き直し厳禁! 書き間違いも直さずそのままにしてください。

3. 3ページ埋める

モーニングページは、基本的に毎朝3ページを埋めます。思いつくままにペンを走らせるだけですが、難しいという方は1日1ページのみと決めてしている人もいます。大事なのは、毎朝書くことをストレスにしないことです。

4. 8週間は読み返さない

基本的に、まず12週間やってみるのがモーニングページのルールなので、8週間は読み返さないほうがいいとされています。

モーニングページを書くメリット

・やるべきことが見えてくる

モーニングページを続けることで、日々やらなければならないこと、またこれからやりたいことなどが明確に見えるようになります。8週目を過ぎて読み返してみると、どのページにも通じるキーワードに気づくはずです。それを元に、今自分がすべきことやしたいことを見つけ、行動を起こしてみましょう。

・脳や心がスッキリする

モーニングページは、作りこまず、そのとき感じていることをそのまま書くのがコツです。そうすると、思いのままの感情を文章として形にすることができ、自分が何を考えているのか、いいことも悪いことも吐き出せるので、脳や心のデトックスになると言われています。

・自分で問題を解決する力がアップする

日々の悩みを書き出すことで、自分の精神や思考を整え、どうしたらいいのか、どうしたいのかが導き出しやすくなります。悩みを溜め込みやすいという人や、誰にも打ち明けられない悩みがあるという人は、ぜひ試してみてください。

・自分の夢がはっきりとわかるようになる

普段、”ママ”や”妻”として生きていると、自分がしたいことや夢について考えることって少ないですよね。結婚する前や出産前、あなたにはどんな夢がありましたか? モーニングページを書くことで、無意識下に描いている夢や理想、忘れたはずの憧れなどを思い出すことができたという人がたくさんいます。

モーニングページで自分を労ろう

最近自分のことがわからない。そんな風に思っている人は、ちょっと心の休憩を取るような感覚で、モーニングページに取り組んでみましょう。ママとして以外の自分について考えるきっかけや、自分を大切にする思いを育む時間になるはずです。