夫と離婚することが決まったら、離婚の手続きを進めなければいけません。ただ、どのように手続きをすればいいかわからない人も多いはずです。そこで今回は、離婚の種類と必要書類に関して解説します。

離婚の手続きをスムーズに進めるためにも事前にしっかり確認しておきましょう。

離婚の種類と必要書類

それでは、離婚の種類と手続きに必要な書類について紹介します。自分がどの離婚に該当するのかチェックしましょう。

1.協議離婚

協議離婚とは、双方の話し合いによりお互いに納得したうえで決まる離婚のことです。必要書類は離婚届だけで、市役所に提出すれば離婚が受理されます。

離婚の提出方法は、自分たちが窓口に出向くこと以外にも郵送したり第三者に提出してもらったりすることも可能です。

2.調停離婚

調停離婚とは、調停委員が間に入って離婚の合意を調整して決まる離婚のことです。夫婦間での話し合いがまとまらず、どちらか一方が離婚に応じないときにとられる方法になります。

調停離婚の場合は、離婚届はもちろん戸籍謄本や申立人の印鑑、調停調書の謄本の提出が必要です。調停が成立した日から10日以内にこれらの書類を提出する必要があるので、日程は十分に注意しましょう。

3.裁判離婚

裁判離婚は調停でも調整できなかった場合に用いられる手続きで、家庭裁判所に離婚訴訟を提起して離婚を成立させます。

裁判離婚における必要書類は、離婚届、戸籍謄本や申立人の印鑑、調停調書の謄本、判決確定証明書の提出が必要です。また、調停離婚と同じく裁判離婚も判定が確定してから10日以内の提出が義務付けられています。

離婚届を提出するときの注意点

ここからは、離婚届を提出するときの注意点について紹介します。あとでトラブルになる可能性もあるので注意しましょう。

離婚が受理されないケースがある

お互いに離婚に合意したにもかかわらず、離婚届が受理されないことがあります。まず1つめが、子どもの親権が決まっていないときです。離婚届を提出する前に子どもの親権をどちらが持つか話し合うことが必要になります。

2つめは、相手が勝手に離婚届を提出した場合です。離婚を成立させるためにはお互いの合意が必要になるので、しっかり話し合いましょう。

離婚後の再婚には禁止期間がある

離婚したあとはお互いに再婚することができます。ただし、妻においては基本的に離婚してから100日間は再婚することができません。

妻側にだけ制限が設けられている理由は、夫婦間で生まれる子どもの父親を特定させるためです。再婚したい相手がいる場合は注意しましょう。

まずは離婚の方法を明確にしよう!

離婚の種類によって必要になる書類も異なります。役所に提出する際に必要書類の提出漏れがあると受理されないケースもあるので、まずは離婚の種類を明確することが大切です。そうすれば、自ずと必要書類が明確になるでしょう。